格安で宿泊-タイムシェア活用法

ハワイに行ったことがある方ならすぐにわかると思いますが、
免税店などで盛んにタイムシェアの勧誘をしています。
私もそれに引っかかって、ヒルトンとマリオットの両方の
タイムシェアを購入しました。
ヒルトンのタイムシェア活用法に関しては
タイムシェア 実はポイントが凄い!!
という記事で触れましたが、
今回はマリオットのタイムシェア活用法です。

日本ではあまりこの方法で活用している方は少ないようですが、
アメリカ人はこの方法を使うために、
なるべく安いタイムシェアを購入する方も結構いるらしいです。

その方法とは
インターバルインターナショナル」という
タイムシェア交換会社の会員になることです。

マリオットなどのタイムシェアオーナーであれば、
会員資格はあります。
普通会員の年会費は89ドル。
(5年分まとめて払うと356ドルです)

本来は自分で所有するタイムシェアを、
他のオーナーと交換するための会社ですが、
交換ではなく格安で泊まれるシステムがあります。

例えば、
150703-2.jpg
こんな100平米を超すコンドミニアム(自分のマンションより広い!)が
150703-4.jpg
1泊(一人ではなく一部屋です!)46.71ドルとか56.71ドルなどという格安料金で泊まれます。
時間にしばられない熟年世代であれば、本当にお得です!

ということで、
フロリダのディズニーワールドに隣接するシェラトンのタイムシェアに
1週間滞在することにしました。
150703.jpg

1LDK(定員4人)の宿泊料金は
7泊8日
で税込401.63ドルでした。

4人で泊まれば、一人一泊1800円弱!!


意外な結果!-日本株ETFと投信

昨日の記事では、日本株インデックス投資の中でも
ETFのみを比較しましたが、今日は投資信託も加えて
比較してみようと思いました。
昨日は、同じ投信会社のETF
・MAXISトピックス上場投信
・MAXIS日経225上場投信
・MAXIS JPX日経インデックス400上場投信
でしたから、
やはり同じ投信会社の投資信託
・eMAXIS TOPIXインデックス
・eMAXIS日経225インデックス
・eMAXIS JPX日経400インデックス

を加えて比較してみました。

基準価額は2015年7月1日現在です。
150702.gif

意外や意外!

「信託報酬が安いETFの方が、ぜーーったいにリターンがいいはず」

と予想していたのですが、

インデックス400 の6か月リターン以外は
全て投資信託の方がリターンがよいという結果になりました。

 


日本株のインデックス投資

株主優待券いいなぁ……でも、という記事で、
株主優待はうらやましいけれど、やっぱり私は
インデックス投資家でいよう
という決意を新たにしました。
そこで日本株のインデックス投資について、改めて調べてみました。
種類としては、
-日経平均 東証1部上場から選んだ225銘柄
-トピックス 東証1部上場の全銘柄
-インデックス400 東証上場銘柄 (1部、2部、マザーズ、JASDAQ)から選んだ400銘柄
などがあります。

同じ投信会社のETF
・MAXISトピックス上場投信
・MAXIS日経225上場投信
・MAXIS JPX日経インデックス400上場投信
を比較してみました。

基準価額は2015年6月29日現在のものです。
150630.gif

信託報酬は日経平均が一番高いのに、
リターンでは日経平均とトピックスで
結構差が出ているのは、新たな発見です。

なお、「MAXIS JPX日経インデックス400上場投信 」は設定が2014年2月5日ですので、3年と5年のリターンは出ていません。