月例資産棚卸~毎日粛々と積立中

2017年12月17日現在の資産棚卸です。

前月比 +459,959円
+0.53%

 

目標のアセットアロケーションは

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%

新興国+その他 10%

(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

まだ目標のアセットアロケーションまで遠いので、

ニッセイTOPIXインデックス

ニッセイ外国株式インデックス

ニッセイグローバルリートインデックス

を毎日こつこつと積み立てています。

 

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

こちらの目標は日本債券+生活防衛=50%ですから、この観点からももう少しリスク資産の割合を増やす予定です。

 

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

 

↓  ↓

 

先月の無リスク資産が72.33%

今月の無リスク資産が66.94%

ですから、リターンもリスクも増えています。

 

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス-毎日積立中

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス-毎日積立中
資源国ソブリンオープンの先進国部分
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
iFree新興国株式
SMT新興国株式
HSBCブラジル債券 毎月決算
資源国ソブリンオープンの新興国部分
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO積立中

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス-毎日積立中
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


塩漬け電力株を後生大事に持っているわけ

投資の勉強を始めてから、個別株はほぼ処分しましたが、ほんの少しだけまだ残っています。

そのうちの一つが東京電力

このマイナスが消えることは当分無いと思うのですが、なぜ後生大事に抱えているかというと……

近い将来資産取り崩し生活が始まったら、利益の出ている資産を売却した場合、それがNISA口座でないと

20.315%

の税金を支払う必要があります。

年間100万円ずつ取崩すとして、その100万円分の投資信託のうち10万円分が利益だとすると、20,315円の税金が引かれてしまいます。

しかし、このときに損失が出ている銘柄を処分すれば、税金は差し引かれません。

そのときにために後生大事に塩漬け株を抱えています。

もちろん

「さっさと処分して、利益を出せるものに投資した方がよい」

とい意見もあると思いますが、利益が出せるか出せないかは不確定要素ですが、売却益に税金が課せられるのは確定要素ですからね!


やっぱり一般NISAにしようかなぁ……

来年からつみたてNISAが始まりますが、一般NISAとつみたてNISAの両方はできないので、どちらかに選ばなくてはいけません。

一般NISAは非課税期間が5年

つみたてNISAは非課税期間が20年

来年から始めるとして、初年度分の非課税期間が終了する時私はほぼ80歳になっています。

今の法律では、つみたてNISAは2037年開始分まで適用されますから、2057年というとほぼ100歳!

いくら人生100年時代とはいえ、そんな先まで想像がつかないのです……

また年間投資上限額はつみたてNISAは40万円ですが、一般NISAは120万円。さらにロールオーバーすれば、120万円を超えて利益をあげている分もNISA口座にロールオーバー可能です。

それこれ考えると、熟年世代はやっぱり一般NISAかなぁ…

 


月例資産棚卸~無リスク資産が多すぎる!

2017年11月17日現在の資産棚卸です。

前月比 -232,221円
-0.26%

好相場の恩恵を逃しているポンコツっぷり

という記事で書いたように、先日約2000万円分の投資信託を売却しました。

その税金が548,711円

これは確定申告すると来年の3月か4月に戻ってくる予定ですから、その分を差し引くと、

+316,490円 0.36%増

やはり先日のブログのタイトル通り、好相場の恩恵は逃しています…

 

目標のアセットアロケーションは

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

これからこつこつと目標のアセットアロケーションに近づけていきます。

 

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

こちらの目標は日本債券+生活防衛=50%ですから、この観点からももう少しリスク資産の割合を増やす予定です。

 

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

 

↓  ↓

リスク資産が減っているので、当然のことながらリターンもリスクも下がっています。

しかしこれだけ日本債券の割合を増やしても、過去20年実績データで、平均リターンが3.3%もあるのが、ちょっとびっくりです。

 

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス-毎日積立中

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス-毎日積立中
資源国ソブリンオープンの先進国部分
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
iFree新興国株式
SMT新興国株式
HSBCブラジル債券 毎月決算
資源国ソブリンオープンの新興国部分
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO積立中

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス-毎日積立中
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


通信費の月額は?

スマホをiPhone8に変更して、IIJのSIMで運用していることは先日記事にしました。

iPhone&格安SIMという組み合わせ-その1
iPhone&格安SIMという組み合わせ-その2
iPhone&格安SIMという組み合わせ-その3
iPhone&格安SIMという組み合わせ-その4
iPhone&格安SIMという組み合わせ-番外編

 

実際のスマホ画面は下記のように「docomo」と表示されます。

 

 

このスマホの通信費が3GB月額1,600円+税で1728円です。

もちろん1ヶ月で3GBでは足りませんが、殆ど家の中で過ごすことが多いので、家の中にはWIFI環境があります。

仕事用の名刺に記載しているだけで殆ど使うことはないのですが、固定電話もあります。

WIFIと固定電話はJCOMのセット割引で月額2,802円+税で3026円です。

通信費月額は

・スマホ

・WIFI

・固定電話

の合計で、4,754円です。