「-2.5%下値目安」は、2.5%以下にならないわけじゃないことを心に留める

メインで使っているマネックス証券から

「まもラップ」

というラップ型ファンドが紹介されたので、じっくり見てみました。

以前100万円を超える手数料は払いたくないという記事で、大手証券会社のファンドラップに関する記事を書きました。

 

マネックス証券の説明では、

ラップ型ファンドとは

ファンドの「目標リスク水準」やリターンイメージから選択ができるバランス型の投資信託

 

と、わかるようなわからないような説明ですが、私のイメージとしては

「投資ってよくわからないから、証券会社に一任しよう」

あるいは

「投資を検討する時間がないから、証券会社に一任しよう」

という人に向けたファンドという感じです。

 

 

【まもラップとは?】

※国内外の6資産に分散投資

↑ ↑

この部分はバランス型ファンドと同じですね。

設定当初の基本配分比率は以下の通りです。(原則として年1回見直し)

  • 国内債券 10%
  • 国内株式 30%
  • 先進国債券 20%
  • 先進国株式 10%
  • 新興国債権 10%
  • 新興国株式 20%

 

 

※基準価額の下落を下値目安値(3か月ごとに改定)までに抑えることを目標

堅実型 -2.5%

積極型 -3.5%

に下がると、現金などの比率を増やします。

↑ ↑

この部分がバランス型ファンドと異なる点でしょうか?

 

但し-28.8%の資産減少に耐えられるか?にも書いたように、リスクは3か月で収まるわけではありませんから、-2.5%とか-3.5%以下には下がらないわけではありません。

基準価額が10,000円で下値目安が-2.5%だとすると、

10,000円×(100%-2.5%)=9,750円 までに下落を留めるよう、現金比率を高めます。

 

3か月経過して改定日に基準価額が9,750円になっているとすると、

9,750円×(100%-2.5%)=9,506円までに下落を留めるよう、現金比率を高めます。

 

実際に2008年5月20日~10月28日(リーマンショック前後の5か月)にこのファンドを当てはめると

堅実型 -22.9%

積極型 -28.7%

となっています。

(下落目安値がない場合は -70.7%)

 

せっかく堅実型と積極型の2つから選べるのであれば、わずか1ポイントの差ではなく、もう少し両者のリスク許容度に差がついたほうがいいのでは?と感じます。

 

※購入手数料無料

 

※信託報酬1.05%(税抜)

大手証券会社のラップファンドが顧客のヒアリングシートに従って、100種類以上の投資スタイルを提供しているのに比べて、堅実型と積極型の2種類だけですから、その分低く抑えられているのでしょう。

 

時々同年代で女子会(娘から「婦人会」と改名するよう揶揄されていますが)をすると、必ず出るのが、年金と老後の生活に関する話題。

 

メンバーに、ファイナンシャルアドバイザーがいるせいか、投資の話もよく出ますが、結局

「投資ってどうしたらいいか、よくわからないね」

「わからないものには手を出さないほうがいいね」

「でもインフレとかになったら、老後が心配よね」

「......」

そんな熟年世代には、このファンドも選択肢の一つとなるかもしれません。

 

 


ブログのお作法がよくわかりませんが……

昨年(2014年9月)投資の勉強を始めると同時に、投資の記録としてブログを始めました。

 

最初は読みに来る人などほとんどいなくて、ホントに自分へのメモ書きという役割でしたが、ほかの方のブログを読んで投資の参考にしているうちに、

「リンクしたいなぁ」

と思うようになりましたが、その際のルールと言うか、お作法がよくわかりません

 

たまたまよく訪問していたブログが

「相互リンク募集します」

ということだったので、

「お願いします」

と出しましたが、その後何の音沙汰もありませんでした。

 

返事がなくても、勝手にリンクしていいのかしら?

自分から先にリンク設定しなくちゃいけなかったのかなぁ?

ブログ内で「リンク募集」と言って、リンクしなかったら失礼にあたらないかしら?

 

等と試行錯誤しているうちに、

「独自のアドレスを取って、WordPressに移行したい」

と考えるようになり、

「リンクは移行してから」と思っていました。

 

で、無事にWordPressに移行しましたので、これからは参考にさせていただいているブログには

リンク申込み

をさせていただき、了承をいただいたらリンクさせていただこうと思いますので、よろしくお願いします!

 

 

 


-28.8%の資産減少に耐えられるか?

このところほぼポートフォリオも固まってきたので、

改めてリスクについて考えてみました。

 

通常のアセットアロケーションを算出する際には、

生活防衛資金や相続税対策用の贈与資金は含んでいませんが、

資産全体像を見るために、全金融資産で算出してみます。

 

いつもお世話になっている

マイインデックスサイトの資産配分ツールを使用して、

現資産より資産配分を入力していきます。

 

その結果、

 
2015年8月2日 アセットアロケーション
 

リスク(値動きの幅)が7.6%ということは、

 

………………

 

1年後に7.6%以内で上下する確率が、

68.27%(1標準偏差)の確率で起きる

 

ということで、決して7.6%しか下がらないということではないんですよね?

 

何しろ昨年(2014年9月)から投資の勉強を始めて1年足らずなので、自分の解釈があっているのかちょっと不安ですが……。

 

だから、7.6%×2=15.2%以内で上下する確率は、95.45%(2標準偏差)の確率で起きる

 

さらには、これはあくまでも年間なので、

数年続けて起きる可能性だってあるということ!

 

で、リーマンショックを含む世界金融危機(2007年7月~2009年2月)のようなことが起きた場合、この資産配分でどうなるかと言うと、

-28.8%になるそうです。

 

耐えきれるか、自分?

もちろんリーマンショックの時に耐えてきたんだけど、あの時は40代。

これから60代、70代に向かって大丈夫か?

うーーーん。根が楽天的だから、

「下がるときもあれば、上がるときもあるさ」と思って、耐えきれるだろう。


ブログの引越しにかかった費用

これまではFC2で書いていたブログですが、2015年8月1日よりWordPressに変更しました。

理由は

「WordPress」とはどういうものか知りたかったからと、

Adsenseを本格的に導入したかったからと

独自のURLとサーバーで展開してみたかったからです。

ちなみに以前のブログはこちらです。

↓  ↓  ↓

50代おひとりさまの資産形成

 

【ドメイン(URL)の取得】

ドットコム(.COM)がかっこいいかな?と思ったのですが、ほしいドメインはほぼ取得済みだったし、JPは2,840円もするので、180円という格安で取得できる

「index-fund.asia」にしました。

この180円で一年間使用できますが、一年後の更新時には1,980円かかります。

利用したのは何ともファンキーな雰囲気の


 

【サーバーレンタル】

これまたファンキーな雰囲気の

10日間は無料お試しできるので、使ってみた結果、

ロリポプラン 50GB 月額250円

にしました。

一番安いプランは月額100円ですが、これはWordPressが使えません。

 

目標は、これらの費用を上回る収入をAdsenseで得ることができるよう、質のいい記事を書き続けること!です。


クレジットカードあれこれ

来月のクレジットカード使用分の引落は、

突然壊れた給湯器代
秋に予定している米国旅行の宿泊費と飛行機代
一か月以上北海道に滞在した際の外食費

などで請求額が70万円を超えてしまいました。

150731.jpg

以前なら大慌てするところですが、今はクレジットカードを使ったら、すぐにその分の現金を別封筒に入れるか、旅行専用口座から普段使いの口座に振り込むようにしているので、あわてることもなく、既に引き落とし口座にその分の現金を預入済みです。

ところで、クレジットカードには
・ゴールド
・シルバー
・ブラック
などありますが、私は余分な手数料は払いたくないので、メインに使うクレジットカードは、フツーのやつです。

普通カードの利用可能枠って最高いくらなんでしょうか?

改めて確認してみたところ、メインで使っているカードは、
ショッピング 200万円
キャッシング 30万円
カードローン 25万円
でした。

ショッピングとキャッシングの金額差がすごーーく開いていますが、何か理由があるんでしょうか?

そう言えば、銀座の高級店に勤めている知人が、

「『プラチナカードとブラックカードを使用するお客様は名前を控えておいて、次回ご来店の際はVIP扱いする』というマニュアルになっている」

と言っていました。

ゴールドカードさえ手数料がもったいないと思っているので、いくらVIP扱いされても、プラチナカードなんていらない派です。