ブラックマンデーと比べてみたら……

中国株のバブル崩壊(?)で、昨日は大幅に値を下げました。
7月7日の終値が20,376.59
7月8日の終値が19,737.64
今年最大638.95円、3.14%の下げでした。
私にとって一番印象深い下げは、1987年のブラックマンデーです。
ダウが前営業日より22.6%
日経平均は14.9%下げました。
もし現在の日経平均が20,000円だとすると、
1日で22.6%下げるということは4,520円下げて、
15,480円になるということです。
あぁ恐ろしや!!


私の不動産投資はこれで十分

アセットアロケーションを考えた時に、リート(不動産投資)を10%組み込むようにしました。
しかし今後人口が減少し空き家も増えていく日本の不動産に偏る投資も気が進まなかったので、国際不動産投資を考えました。
その結果投資したのは、

SPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート ETF(RWX)

今回このRWXから配当金をいただきました。
150707RWX.jpg

この銘柄は3か月に1度配当金が出ます。

2015年7月7日現在ドルベースで、
配当利回り 3.05%
1年平均リターン: 1.56%
3年平均リターン: 13.41%
5年平均リターン 12.75%

国際不動産とはいえ、
・三井不動産
・日本ビルファンド投資法人
・日本不動産投資
・ジャパンリアルエステイト投資法人
・日本リテールファンド投資法人
・東急不動産
・日本プライムリアルティ投資法人

などなど、日本不動産への投資が20%強占めています。

2015年7月3日現在のファンド構成国は以下の通りです。

日本 20.67%
英国 16.11%
オーストラリア 11.84%
香港 10.67%
カナダ 10.49%
フランス 10.10%
シンガポール 7.41%
フィリピン 2.14%
南アフリカ 2.07%
スイス 2.04%
スウェーデン 1.30%
オーストリア 1.25%
オランダ 1.12%
ベルギー 0.76%
ニュージーランド 0.75%
ブラジル 0.49%
タイ 0.45%
イタリア 0.23%
スペイン 0.01%

ちなみに経費率は0.59%です。


まとまったお金で大胆に勝負!!?

以前はかなり大雑把な資産管理をしていましたが、
Money Forward というサイトを使い始めてからは
オンラインで自分の資産を把握できるようになりました。
無料で使えるのに様々な機能を提供してくれるので愛用しています。

 
またこのサイトには「お金のコラム」があり、
お金に関する様々な情報を提供してくれます。

 
その中で今回、
「1億円を築くお金持ち入門術」
というシリーズが始まりました。

 
そのLesson1で、お金を増やす順番として

 
1.  お金を貯めて元本を増やす時期
2. まとまったお金で勝負する時期
3. 増やしたお金で安定運用する時期

 
という3つの段階を踏んでいくのが大切だとい書いてあります。

 
第1段階と第3段階はよく理解できるのですが、
第2段階のまとまったお金で勝負は、
必須なんでしょうか?

 
まあ、FXや個別株などで資産形成してきた私が、そんな疑問を投げかけるのも、どうかという気もしますが……。

 
『貯めたら一定の範囲内で大胆に勝負をかける』
とありますが、その範囲と勝負内容をどうするか決めるのは、かなりなハードルだと思います。

 
勝負して負けちゃったら、また第1段階に戻ってらなくちゃいけないし……。

 


ポンコツが圧倒的一位とは……

当ブログの検索キーワードで常に圧倒的一位を誇るのが、
ポンコツ投資家
そこでためしにgoogleで「ポンコツ投資家」と入力してみると……

ホントだ!

こんなページあんなページがかなり上位に表示されています。

・購入した株の価格は翌日に忘れるわ
・投資信託は満期になると元本が戻ってくると思ってたわ
・信託報酬が高いと高リターンの投資をしてくれると思ってたわ

という投資でのポンコツだけではなく、

・眼鏡をかけたまま顔を洗ったり
・旅行に行く度に財布を無くしたり
・洗顔フォームで歯磨きしかけたり
・ウーロン茶と間違えてめんつゆを飲みかけたり

と、日常生活でもそのポンコツぶりは相当なものです。

ポンコツ投資家

という検索キーワードが圧倒的一位ということで、
私のこれまでのポンコツぶりを反面教師にしていただければと。

しかし昨年投資の勉強を始めてからは、徐々にポンコツ投資家を脱出中です(キリッ!)
日常生活は相変わらずですが(>_<)


格安で宿泊-タイムシェア活用法

ハワイに行ったことがある方ならすぐにわかると思いますが、
免税店などで盛んにタイムシェアの勧誘をしています。
私もそれに引っかかって、ヒルトンとマリオットの両方の
タイムシェアを購入しました。
ヒルトンのタイムシェア活用法に関しては
タイムシェア 実はポイントが凄い!!
という記事で触れましたが、
今回はマリオットのタイムシェア活用法です。

日本ではあまりこの方法で活用している方は少ないようですが、
アメリカ人はこの方法を使うために、
なるべく安いタイムシェアを購入する方も結構いるらしいです。

その方法とは
インターバルインターナショナル」という
タイムシェア交換会社の会員になることです。

マリオットなどのタイムシェアオーナーであれば、
会員資格はあります。
普通会員の年会費は89ドル。
(5年分まとめて払うと356ドルです)

本来は自分で所有するタイムシェアを、
他のオーナーと交換するための会社ですが、
交換ではなく格安で泊まれるシステムがあります。

例えば、
150703-2.jpg
こんな100平米を超すコンドミニアム(自分のマンションより広い!)が
150703-4.jpg
1泊(一人ではなく一部屋です!)46.71ドルとか56.71ドルなどという格安料金で泊まれます。
時間にしばられない熟年世代であれば、本当にお得です!

ということで、
フロリダのディズニーワールドに隣接するシェラトンのタイムシェアに
1週間滞在することにしました。
150703.jpg

1LDK(定員4人)の宿泊料金は
7泊8日
で税込401.63ドルでした。

4人で泊まれば、一人一泊1800円弱!!