DLIBJ公社債オープンから分配金をいただきました

「DLIBJ公社債オープン 中期」 から分配金をいただきました。

151004-1

今回の分配金は前回の3月と同じ
10,000口当たり100円

6,557,287口の保有で、
税引き後の分配金総額は
52,253円
でした。

もちろん自動再投資にしています。
151004-2

51,174口増えました。

2015年10月2日現在の基準価額が
10,217円ですから、
年利1.957%になります。

ファンドの特色としては、
「BBB格以上の国内の公社債中心に投資」
となっていますが、
2015年9月の月次運用レポートを見ると、

格付別投資比率は
AAA 43.89%
AA  14.16%
A   34.38%

格付A以上への投資が90%を超えているようです。

国債 43.9%
社債 51.0%

となっています。

投資銘柄の中には
2016/3/21償還の20年物国債
利率3.7%
なんていうのもあります。

信託報酬は0.45%

先日証券会社の新人君から勧められた社債
(詳細はまたまた「うまい話」ではなかった(苦笑)
よりは、かなりオススメだと思うのですが。。。。。。


500万円貸してくれると言ってもねぇ...

郵便受けに見知らぬ会社から手紙が入っていました。

開封してみると、こんな案内が。。。。。。

151003

思わずのけぞりました!!

無担保・無保証で500万円貸してくれるというのです。

いったい、どこで何を調べてこんな案内を送ってきたのやら?

もちろん借りる気はありませんが、
記載してあるお支払い例

96,199円×60回

では、返済額がいくらになるか計算して見ました。

5,771,940円です。

500万円を5年間借りると、利息が

771,940円

なのかぁ。。。。。。

でもねぇ、お金は借りませんよ!!

子供のとき親が借金の連帯保証人になって、
大変だった思い出があるから。


みすみす7000円を無駄にするところだったわ

現在、所得税や厚生年金は給料から天引きですが、
・住民税
・固定資産税
・自動車税
は、自分で払っています。

去年は
200万円以上の利益を出しながらも、FXから撤退……。
したため、住民税もかなり高くなっています。

これらの税金の年間合計額が
532,100円

これまでは郵便局で払ったり、口座引き落としにしていました。

通常nanacoカードを使ってセブンイレブンで支払っても、
税金などはポイントになりませんが、

いくつかのクレジットカードは、
nanacoカードにチャージするだけでポイントがたまる
という裏技があるということを聞きつけました。

そこで調べて見ると、リクルートカードは年会費永年無料で
ポイント還元率が1.2%だそうです。

532,100円×1.2%=6,385円

もちろん、税金以外もセブンイレブンで支払いますから、
少なくとも年間7,000円分はポイント還元されることになります。

リクルートカードの申し込みをしたり、
市役所に行って口座振替を止めたりと、
多少の手間はかかりましたが、無事に
nanacoカードへのクレジットチャージもできるようになり、
ポイントも還元されていました。

リクルートポイントはPontaポイントと交換できるので、
ローソンで使ったりしています。

今回リクルートポイントを作った際に、
ショッピング限度額は20万円だったのですが、
nanacoカードへのクレジットチャージは
直近1ヶ月で10万円以内だそうです。

またnanacoカードへのチャージは
1回あたり29,000円までだったり、
nanacoカードにチャージできるのは50,000円までだったりと、
色々制約があるので、ぎりぎりに納めるのではなく、
事前にしっかりクレジットチャージ+支払い計画を
しておかなければいけません。


やりくり上手な主婦は最強だと思う

家でいっさい自炊をしない場合、

【朝食】
コンビニで菓子パンとコーヒー

【昼食】
会社の近くでランチ-目標500円以内

【夕食】
家の近くの定食屋-目標800円以内

という、贅沢とは感じられない、
むしろどちらかと言うと、節約している部類の食事になります。

これだと、1日の食費は約1600円

1ヶ月で1,600円/日×30日=48,000円

老人ホームの1ヶ月の食費が45,000円前後のところが多いので、
贅沢をしなくても、一人あたり、この程度はかかるようです。

4人だと
48,000円×4人=192,000円にもなります。

ところがよそ様の家計簿を見ると、やりくり上手な主婦は
(家計簿をつけている時点で、既にやりくり上手と判断)、
4人家族で1ヶ月の食費を30,000円~50,000円で抑えています。

栄養のバランスを考え、子供たちのおやつも入れてです。

「一杯のかけそば」という話でを聞いたときに、
外食でかけそば一杯を何人かで分け合うよりは、
家でひとり一杯ずつかけそば作って食べたほうが安くない?

と思ったし、

「お金がないからカップラーメンばっかり」
という話を聞いたときに、
「カップラーメンを買うお金があるなら、
卵ともやしとジャガイモ買えばいいのに」

と思いました。


お金を出すか、知恵を出すか

格安スマホに変更するには、

1)既存の携帯会社からMNPナンバーをもらう
 ※注 これまで通りの電話番号を継続するための手続き
 ↓
2)SIMフリー可能なスマホを購入する
 ↓
3)格安スマホ用のSIMを購入する
 ↓
4)2)で購入したスマホに3)のSIMを差し込む

という手続きが必要です。

どれも電話やネットで手続き可能なのですが、
これまでは、3)と4)の間が3日~4日かかるため、
即日移行するには、BICカメラやイオンなどの窓口に
足を運ぶ必要がありました。

しかし、私が使用しているIIJmioで、9月16日から
おうちでナンバーポータビリティ」という、
家にいながらにして番号そのままで即日開通できる
サービスが始まったそうです。

ますます便利になったなぁ!!

実は週末に
「格安スマホに移行したい」という友人の付き添いで
家電量販店の窓口に足を運んだのですが、

2時間以上待たされ
-まぁ土曜の午後だったというのもありますが、
 新型iphoneの発売と重なって、順番に並んでいても
 iphoneのお客様優先となっていました

さらにはスマホを選んでいるときに店員さんに
「どのスマホがテザリングできますか?」
とたずねたところ、
 ※注)テザリング--スマホをポケットWIFIのように使う機能
    これができれば、WIFIがない出先でも、PCやiPADを使える

「ここにある機種はどれもテザリングできません」
と、キッパリ!!

「えぇぇ!?」
「私この中にあるスマホで国内でも海外でもテザリングしてるんですけど...」
というと、あわてて店の奥に引っ込んで、確認してきたようで、

「すみません。全機種できます」
と言われました。

ですから、窓口に行けば安心かと言うと、そんなことはなく、
結局は投資と一緒で、
「自分できちんと調べるのが一番」

それができなければ、
「余分にお金を出す」
しかないのだなぁと、しみじみ感じました。