節約は収入を下げる?

8月は家計費引締め月間という記事で書いたように、
今月はかなり
節約
を意識して生活しました。

おかげで毎月の積み立て分を除いても、
10万円以上の黒字になりそうです。

が、

「個人が節約にいそしむのは、家計を守り貯蓄を増やすために正しいことである一方、社会全体で見ると、それは消費を縮小させ、景気を後退させることにつながり、ひいては個人の収入を引き下げる要因となる」

という一文を読みました。

確かに一理あります。

目先の支出を極力抑えるのではなく、
・収入
・資産
・将来の支出予定
から導き出す予算を元に優先度を考慮し、
自分にとって大切なものに資金を回すことにします。
(かなり言い訳っぽいですが......)


MAXIS JPX日経インデックス400からの分配金

個別株である「野村ホールディングス」を売却し、
少し考えて買ってみた」で記事にした
MAXIS JPX日経インデックス400から
分配金をいただきました。

アセットアロケーションを目標に近づけるため、
何とも半端な7口(約10万円分)購入した分です。

決算は年2回。1・7月の各16日です。

2014年2月5日に設定されて以来

第1期(2014/07/16) 63円
第2期(2014/01/16) 53円
第3期(2014/07/16) 141円

という分配金を出してきています。

下げ相場である本日の終値で換算すると、
年利2.15%の配当です。

信託報酬は0.078%と格安です。

しかし、投資信託 vs ETFでも記事にしたように、
こんなに分配金を出していれば、結局のところ配当に対する
課税コストや複利効果で、投資信託の方がいいのかな?
という気がします。


こんな下げ相場でやることは

今日は日経平均が900円近く下げました。

8月17日の終値が20,620円ですから、この1週間10%近く下げています。

しかしブラックマンデーと比べてみたら、という記事で書いたように、
あの時ダウは、1日で前営業日より22.6%
日経平均は14.9%下げていますから、
感想としては、
「こんな時もあるよね」
という感じです。

インデックス投資家であれば、上げ下げに関わらず、
「淡々と従来の積み立てを続けるのみ」
なのですが......

いまひとつインデックス投資家落第な私は、
少しずつ、少しずつ、原油買い増しを行っております。

この後あがるという保証は何もないのですが、
新興国も原油もグングン下がっているおかげで(?)、
「新興国+サテライト投資でアセットアロケーションの10%」
という目標は、少しずつ買い増しても中々到達しません(苦笑)。


110,960円 vs 21,300円

先日2つのPhotoShop講座を受講する機会がありました。

ひとつは民間の講座で、最寄り駅からごく近く、宣伝もよく目にします。

もうひとつは公的な団体が主催する講座で、ちょっと不便なところにあり、周りに聞いてもその存在はほとんど知られていません。

どちらも受講期間は3ヶ月程度で、時間数はほぼ同じでした。

使用するマシンも大差ありませんでした。

しかし講座の内容は大きく異なっていました。

【民間】
テキストを読みながら操作する自習方式で、不明な点のみ、待機している20代の若い講師に聞いてカリキュラムを進めていく形式です。

【公的】
40代くらいで元印刷会社に勤めていたというベテラン講師が前で講義をし、それを手本に操作を進め、不明な点は後ろに控えるアシスタントが手助けしてくれます。

両講座を受講した結果の感想は、

【民間】
「別にわざわざ教室に行かなくても、自分でテキストを購入して自習しても同じじゃない?」

【公的】
「テキストに掲載されていない、講師の経験に基づく色々な細かいテクニックをしばしば教えてくれて、本当に有意義だわぁ。多少不便でも通う価値ある!」

そして一番大きな差は、その受講料です。

【民間】
110,960円

【公的】
21,300円

公的なほうは年に2回くらい「受講生募集」という記事が地域新聞に掲載されますが、それ以外にその名を目にすることはほとんどありません。

名前も「職業訓練」となっていますから、「求職中の人しか受講できない」と勘違いしがちですが、実際は誰でも受講できます。
(求職中の人は、受講料がさらに割引になるらしいです)

週に一度届く地域新聞は、ネットでは見つけるのが難しい地域の貴重な情報が満載です。


月例の資産棚卸し 2015年8月

最新(2015年8月17日現在)のアセットアロケーションです。

まずは総額

150818

前月比
-807,584円
ー0.94%です。

マイナスの原因は、支出が多かったこととポンコツな資産運用です。

主な支出は
北海道ロングステイでの連日の外食と旅行
秋の米国旅行の交通費とホテル代
突然壊れた給湯器のカード引き落とし

ポンコツな資産運用は
今年のNISAの新興国投資
個人型確定拠出年金の新興国投資
サテライト投資と位置づけている原油投資

です。

本当に私には投資の才能がないのです。

150818-3
(アセットアロケーションに生活防衛資金や相続税対策用の贈与資金は含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 9%
その他  1%

です。

その他は原油投資で、既に目標の1%を超えていますが、
相変わらずチョコチョコ買い増しています。

WTI原油先物価格は
2008年2月に147.27ドルをつけたかと思うと、
1年も経たない2009年1月には33.2ドルつけています。

直近でも
2014年6月に107.54ドルつけたかと思うと、
今は40ドルちょっと。

まさしくジェットコースターのような値動きです。

新興国+原油で10%になるまでは、買い増そうと思っています。
(目標を守れないポンコツなインデックス投資家失格です)

【日本債券】
DLIBJ公社債オープン 中期
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
SMT JPX日経インデックス400
ニッセイTOPIXインデックス-積立中
NEXT FUNDS JPX日経400(ETF)
上場インデックスファンドTOPIX

【先進国】
SMTグローバル株式
ニッセイ外国株式インデックス-積立中
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
EXE-i 先進国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS 新興国株式-積立中
SMT新興国株式(NISA)-積立中
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
eMAXIS 先進国リート-積立中
eMAXIS 新興国リート-積立中
SMT グローバルリート
SMT新興国リート(NISA)-積立中
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF

個別株がまだ6銘柄残っていますが、
こちらもタイミングを見計らって、
上場インデックスファンドTOPIX(1308)
に移行する予定です。