ポンコツ投資で40万円以上の損失

本当にポンコツです。

恥ずかしいことに、私が保有している投資信託の中で一番損失がでているのが、日本債券と位置づけている

MHAM物価連動国債ファンド

このファンドを購入したのは2014年8月という、まさしく投資の勉強を始める直前(2014年9月に勉強開始)でした。

年齢も重ねてきたことだし、攻めの投資だけでなく、日本債券という守りの投資もしよう。

バターや小麦粉などが次々と値上げしているから、物価が上がってもいいように、物価に連動する国債ファンドを購入しよう。

という、いつものように単純な思惑でした。

ところがそれ以降、いっこうに物価は上がらず、国債ファンドなのに0.66%という信託報酬で、一度も分配金が出ることもなく、ただジリジリと下がり続けるだけという悲惨な結果に。

「今このファンドを購入したいか?」

と自問したところ、全く魅力を感じない。

そう思うのに5年以上もかかるなんて、まさしく塩漬けです。

このファンドの愛称は

「未来予想」

というのですが、相場が読めない自分が「未来予想」に投資するのが間違いでした。

ということでやっと、このファンドを売却しました。

購入したときに支払った金額は660万円でしたから、

6,600,000-6,154,935円

445,065

の損失。

でも相場が読めない自分のことだから、売ったら騰がるんだろうなぁ……。

インデックス投資家の方々は日本債券として何を購入しているのでしょうか……?

とりあえずニッセイ国内債券インデックスファンドを毎日積立で購入していこうと考えています。


月例資産棚卸~少しずつリスク資産を売却

2019年12月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+608,560円(+0.71%)

日経平均がこの1ヶ月で3.14%、NYダウが1.19%上昇しており、「年初来最高値」とか「史上最高値」などという言葉が行き交うのに伴い、少しずつリスク資産を売却してリバランスしています。

目標のアセットアロケーションは以下の通りです。
日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

実際のアセットアロケーションは以下の通り。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

唯一の日本債券として5年以上保有していた「MHAM物価連動国債ファンド」を先日売却しました(後日記事にします)。

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス
たわらノーロードTOPIX-NISA
上場TOPIX(ETF)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
たわらノーロード先進国株式-NISA
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
iFree新興国株式
SMT新興国株式
たわらノーロード新興国株式-NISA
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)


【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


月例資産棚卸~ありがたくも減らずにすんだ

2019年11月19日現在の月例資産棚卸です。

毎月17日現在の資産棚卸するのですが、またまた旅に出ており、うっかり更新を忘れていました。

自分には珍しく、実際の旅行にあまり遅れずブログ更新しています。
↓ ↓
働きながら旅をする
 

前月比+521,180円(+0.72%)

日経平均がこの1ヶ月で2.38%、NYダウが4.10%も上昇していますが、アメリカ旅行や娘の結婚など費用のかさむことが続いたため、このような結果になりました。

しかし市場が大きくプラスに動いたおかげで、減ると思っていた資産が減らなかったのは、本当にありがたいです。

目標のアセットアロケーションは以下の通りです。
日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

実際のアセットアロケーションは以下の通り。

先日リスク資産をいくつか売却したので、日本債券の比率が増えています。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス
たわらノーロードTOPIX-NISA
上場TOPIX(ETF)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
たわらノーロード先進国株式-NISA
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
iFree新興国株式
SMT新興国株式
たわらノーロード新興国株式-NISA
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)
たわらノーロード先進国リート-NISA

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


年金~もらえたり、もらえなかったり

私たちの年代の女性は61歳から厚生年金の比例報酬部分を受給できるとのことで、年金の決定通知書が届きました。

厚生年金に加入していたのは144ヶ月しかないので金額も少ないのですが、それでも月収と合計で28万円以上になると支給停止になると言うことで、厚生年金保険の年金決定通知書には年金額0円という通知が来ました。

また、企業年金連合会からも年金裁定通知書が来ました。

企業年金に加入するような大きな企業で働いたのはわずか3年1ヶ月。

それでも毎年54,484円いただけるそうです。

61歳女性の平均余命は約28年とすると、生涯にもらえる金額は

54,585円/年×28年=1,525,552円

わずか3年働いただけで企業年金をこんなにもらえるとは……

こちらは所得制限はないようで、10月からしっかり振り込まれました。


脳内アラームが鳴ったので売却

NYダウ連日高値更新とか、日経平均年初来高値などという言葉を聞くと、脳内アラームが鳴り出します。

インデックス投資を始めるまでは、こんな時にどの銘柄をどの程度売るかで悩んでいたのですが、インデックス投資に移行してからは、とにかく自分で決めているアセットアロケーションからはみ出た分を売却すればよいので、悩む必要がなくなりました。

ということで、2016年にNISA口座で購入したニッセイTOPIXインデックスを全部売却。

購入単価 8,081円 

数量 372,080口

投資金額 300,699円

売却単価 11,496円

売却合計金額 427,732円

NISA口座なので利益に税金はかからず、手数料も必要ないので、

利益 127,033円

利益率 42.24%

4年弱の保有だったので、年利10%以上でした。