Goole Mapにハートマーク

以前はノープランで行き当たりばったりの旅行もしていましたが、最近のマイブームは、観光地毎に複数のオプションを考えておいて、現地で、その中から何をするかを決めるというモノです(旅猿型と読んでいます)。

そのため、ガイドブックや他の方がアップしている旅行記を参考にして、メモしておいて、現地でGoogle Mapを頼りに探していました。

しかし娘の

「今まで行って気に入ったレストランはGoogle Mapでお気に入りに入れておいて、どこに行くか迷ったとき参考にする」

という言葉を参考にして、メモを取るのではなく、直接Google Mapに印を付けることにしました。

ハートマークが自分で付けたスポットです。ほぼレストランかカフェです。

旅先で

「何を食べよう?」

「疲れたからコーヒーでも飲んで一休みしよう」

というようなときに、活用できればいいなと思っています。


久しぶりのリバランス

目標のアセットアロケーション

日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

に対して、実際のアセットアロケーションは

な感じで、目標アセットアロケーションから少し乖離していましたが、

日本債券-大半が銀行預金-が多め
リスク資産-大半が投資信託-が少なめ

というディフェンシブな方に片寄っていたので、そのまま放っておきました。

しかし、今年の贈与分約220万円を日本債券から支出すると、このところの市場持ち直しも手伝い、実際のアセットアロケーションはこんな感じになってしまいます。

目標の日本債券 

37%

に対して、実際は

36.36%

ほんの少しですが、日本債券の割合が目標から欠けてしまったので、利益が出ているNISA口座のリート部分と新興国株式部分の資産を売却しました。

SMT グローバルリートインデックス
購入単価(2015年2月) 13,868円
売却短期(2019年2月) 17,095円

SMT新興国株式インデックス
購入単価(2015~16年) 21,867円
売却単価(2019年2月) 26,715円

でした。 


大きく下がった時に買ったETF

昨年末市場が乱高下しているときに購入した

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)

より配当金をいただきました。

S&P500

とは米国大企業500銘柄を対象とした株式指数で、米国株式全体に連動するインデックスファンドです。

ニュースではよく

NYダウ

が取り上げられますが、こちらを構成しているのは米国を代表する30銘柄です。

現在私の保有商品は、ほぼ分配金を出さない投資信託が主なので、配当金が振り込まれていると

「おお!」

と思います。

この商品の値動きはこんな感じ

2018年12月25日に

2,825円

で購入し、2019年2月26日現在

3,330円

こんなにうまくはまること(底で買える)なんて、めったにないのですが……。

やはり相場が大きく下がったときは、自分が設定したアセットアロケーションを大きく崩さない範囲で、買っておくべきですね!


ビジネスクラスで行く世界一周-欧州・中東編の移動

ビジネスクラスで行く世界一周-第1弾アジア編が終わったばかりですが、さっそく第2弾欧州・中東編の準備を始めています。

現在決まっているルートは

成田
↓ マイレージ利用
香港
↓ 世界一周航空券
パリ(フランス)
↓ 別手配航空券
トゥールーズ(フランス)
↓ フランスパス(鉄道)
パリ(フランス)
↓ 世界一周航空券
アンマン(ヨルダン)
↓ 世界一周航空券
ウィーン(オーストリア)
↓ 列車移動予定
プラハ(チェコ)
↓ 現地JTBツアー
ザルツブルク(オーストリア)
↓ 現地JTBツアー
ウィーン(オーストリア)
↓ 現地JTBツアー
ブダペスト(ハンガリー)
↓ 別手配航空券
クラクフ(ポーランド)
↓ 未定
ヘルシンキ(フィンランド)
↓ 世界一周航空券
ロサンゼルス
↓ 別手配航空券
羽田

※太字部分はまだ手配していません。

パリ→トゥールーズの航空券はskyscanner経由でエアフランス便を手配

7,640円

トゥールーズ→パリ移動用のフランスパスは、フランス内の鉄道6日間乗り放題・1等車乗車可能で

31,500円

プラハ→ブダペストのJTBツアーは6泊7日、観光費+交通費+宿泊費で

90,750円

ロサンゼルス→羽田は、JALの別手配航空券で往復

85,136円

同日付で日本発着だとJAL最安値が

117,290円

でしたから、海外発着の方が、日本発着よりだいぶん安いようです。

ここまでは、世界一周-アジア編を出発する前に手配していました。

今回手配したのは、

ブダペスト(ハンガリー)→クラクフ(ポーランド)移動用の航空券です。

skyscannerで確認したところ、1ヶ月ほど前より約2,000円値上がりしています。

「このままどんどん値上がりしたら大変!」

まだヨーロッパ内の観光予定は、はっきりとは立てていないので、変更可能な航空券を手配。

ワルシャワ経由で

14,410円

でした。


ガイドブックはどうする?

バックパッカー必携の「地球の歩き方」だったり、女子旅必携の「ことりっぷ」だったりと、計画段階はもちろんのこと、実際の旅行にガイドブックを持って行きたいのは山々ですが、1カ国だったらまだしも、複数国の場合かなりの荷物になります。

紙の本にラインマーカーで印を付けたり、付箋を付けたりしたいという気持ちはありますが、荷物を軽くしたいという気持ちの方が強く、全て電子ブックで持って行きます。

しかし、全行き先のガイドブックを購入すると、結構なお値段になるので、私はKindleの月額980円読み放題(Kindle Unlimited)を利用しています。

一度に10冊しか利用できませんし(11冊目を登録しようとすると、どれか削除しなくてはいけない)、Kindle Unlimitedに登録されている本は少ないのですが、それでも結構便利です。

もちろん計画段階では図書館に行って「地球の歩き方」などを、しっかり参考にさせていただきますが、いざ出発すると活動前夜にiPad miniで観光予定地区のガイドブックを復習。

観光地ではiPhoneでしばしば再確認、という方法で使っています。