ファーストクラスで世界一周-かかった費用は?

航空券 1,090,668円

航空券 1,003,300円
税金     32,928円
手数料    54,440円

最大16区間利用できるのですが、世界一周初心者だったため、ファーストクラス3区間、ビジネスクラス5区間しか利用しませんでした。もったいないことをしました。

 

宿泊費 219,733円

ニューヨーク4泊(二人) 145,045円

ロンドン2泊(Airbnb) 13,502円

バルセロナ2泊(Airbnb) 12,324円

ヘルシンキ2泊(Airbnb) 24,793円

パリ2泊(Airbnb) 24,069円

娘と二人の時はホテルに泊まり、一人の時は全て民泊にしました。

パリはノートルダム寺院近く、バルセロナはサグラダファミリア近くなど、どこも主な観光地から徒歩圏内に泊まったので、民泊の割には値段が高めです。

 

観光 209,156円

NY発 ナイアガラの滝&フィラデルフィア&ワシントンD.C.3泊4日ツアー(二人分) 153,352円(宿泊費込)+チップ6,400円

サグラダ・ファミリア入場(エレベーター付)+グエル公園日本語1日ツアー 18,087円

ヴェルサイユ宮殿見学&パリの朝市マルシェ日本語半日ツアー 6,935円

ルーブル美術館日本語公認ガイド半日ツアー 7,343円

NYミュージカル 8,720円

911博物館入場料 1,920円

バッキンガム宮殿入場料 3,120円

大英博物館日本語オーディオ 1,061円

ナショナルギャラリー日本語オーディオ 758円

スオメンリンナ(ヘルシンキの世界遺産)博物館入場料 1,062円

テンペリアウキオン教会入場料 398円

 

 

交通費 20,315円

NY空港→ホテル(Uber) 7,734円

NY地下鉄 3,236円

ロンドン地下鉄 2,421円

バルセロナ空港-市内(往復) 1,385円

ヘルシンキ市内交通 2,789円

パリ空港-市内 2,750円

 

合計 1,539,872円(17泊18日)

 

前半の娘の分のツアー代なども入っていますから、一人だったら150万円弱というところでしょうか。

なお食費に関しては、ラウンジや機内できちんとしたものを食べたので、簡単に済ませることが多く、日本にいるときとほとんど食費は変わらなかったので、旅行代に入れていません。


日本債券って難しい

インデックス投資では無リスク資産とリスク資産の割合が大切だと言われています。

例えば、無リスク資産とリスク資産の割合を50:50と決めていれば……

 

株が値上がりして、リスク資産が全体の60%となる

リスク資産が50%になるように、株を売却する

 

株が値下がりして、リスク資産が全体の40%となる

リスク資産が50%になるように、株を購入する

 

という具合に、自分のポンコツな考えを入れることなく、リスク資産を売買することができます。

 

そこで、その無リスク資産を何にするかですが、

・銀行預金

・個人向け国債

・国内債券

 

などが考えられます。

無リスク資産の特徴としては、

・値動きが安定している

・元本割れのリスクが少ない

半面

・利回りは低い

というのが世間の相場です。

 

ところが私が無リスク資産と思って、インデックス投資を始めた当初に購入したものは、ちっとも無リスク資産ではありませんでした。

 

DLIBJ公社債オープン 中期

 

6か月で11.31%上がると、脳内でアラームが鳴りだした。という記事で書いたように 、急に値上がりしたため売却しました。

2014年8月に660万円分購入し、2016年4月~5月に売却し、51万円ほどの利益ができました。

 

 

MHAM物価連動国債ファンド

2014年8月に660万円分購入しましたが、その後下がったままで、2018年8月28日現在325,320円の損失が出ています。

 

全く無リスク資産の役目を果たしてくれていません。

 

「DLIBJ公社債オープン 中期」を売却した分などは個人向け国債(変動10年)を購入しましたが、国債売却という記事で書いたように、先日全て売却しました。

今はとりあえず、
SBI銀行の円定期預金特別金利キャンペーン 6か月(0.2%)

楽天銀行の資金お引越し定期優遇金利キャンペーン 1か月(0.21%)

に預けています。

 

リスク資産への流動性を高めるために、この後は証券口座と自動入出金できる楽天銀行のマネーブリッジ(0.1%)に預けておこうかと思っています。


ファーストクラスで世界一周-飛行機編(パリ→羽田)

いよいよ帰国の飛行機です。行きと同様にJAL便でした。

アメニティはポルシェのポーチに入っていました。


(JALのホームページより)

帰国後ポルシェ好きの方にあげたら、大変喜ばれました。

 

フェイスケアセットは行きの便と同じでした。

 

搭乗後すぐにいただいた白ワインとともに出てきたタコのカルパッチョ

 

これまでは旅行中ということで暴飲暴食しないよう、控えめに食べていましたが、後は帰るだけなので、和食のコースを最後までいただきました。

 

小皿五彩

エビハンバーグ/三色サラダ/梅肉ドレッシング
フォアグラゼリー寄せ/ほうれん草
蟹袱紗焼き
筍とアスパラ新緑味噌和え
鯛の若狭焼翡翠餡

 

お椀
帆立真丈 丸大根 隠元 花人参 柚子

 

オマール海老/鮑レモン挟み
スモークサーモンと帆立の山掛け ポン酢ジュレ

 

ここで赤ワインに変更して

牛フィレステーキ山椒餡かけ

 

抹茶あんみつ、千日餅 つぶ餡

 

朝食も和食をいただきました

 

白身魚の塩焼き、いくら、玉子焼き、梅干し、納豆、御飯、味噌汁、香の物

久しぶりの炊き立ての白御飯にお味噌汁は本当においしかったです!!

 

食後にフルーツも持ってきていただきました。

 

キャビンアテンダントの方から

「森伊蔵はいかがですか?」

と尋ねられたので、焼酎好きの兄のお土産に購入しました。

3,200円でした。


ファーストクラスで世界一周-飛行機編(ロンドン→バルセロナ→ヘルシンキ→パリ)

ヨーロッパ国内線はファーストクラスの設定がないので、ビジネスクラスでの移動になります。

シートもエコノミークラスと同じですが、3人掛けのところ、真ん中の席は下の写真のように物置になっており、両端の二人が共同で使用します。

 

ロンドンからバルセロナはブリティッシュ航空を使用しました。朝の便だったのでお酒は控えましたが、スペインへの飛行だからか、ワインに合いそうな生ハムやチーズが出てきました。

搭乗前にラウンジで朝食をいただいたので、パンなどはパスしました。

 

バルセロナからヘルシンキも朝の便でしたが、飛行時間も長かったので(10:15発15:05着)、シャンパンをお願いしたところ、小瓶で出てきたのでちょっとびっくりしました。

 

ランチとしてパスタかラムを選べたので、ラムをお願いしました。

フィンランド航空らしく、厚切りのスモークサーモンが前菜です。見た目はあまりよくありませんが、マッシュポテトに囲まれたラム肉も、柔らかくておいしかったです。

 

ヘルシンキからパリもフィンランド航空を使い、再度シャンパンをお願いしました。

エンターテインメントはなかったので、Amazon Primeの海外でも見られる番組をiPad Miniにダウンロードして、機内で楽しみました。

 

ミートボールパスタやマフィンなどのランチが出ました。


住民税が戻ってきた!!

税込年収が600万円で扶養家族がおらず、節税対策をしていないと

http://tax.salalive.com/post/inhabitant-tax/

というサイトによると

所得税は約20.5万円、住民税は約31万円になるそうです。

 

節税対策の基本は、控除額をいかに増やすかなので、私は以下の節税対策をしています。

  • 個人型確定拠出年金iDECOに月額23,000円
    23,000円×12か月=276,000円
  • 経営者の退職金と呼ばれている小規模共済に月額70,000円
    70,000円×12か月=840,000円
  • 寄付金控除(ふるさと納税)
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除

 

また証券会社に口座を持っていて「源泉徴収ありの特定口座」を選択していると、証券会社が税金の計算をやってくれて楽なのですが、損失が出た場合に損失を繰り越せないので、毎年頑張って確定申告をしています。

 

初めてのe-taxは何もかも早かった! という記事で書いたように、3年前に出した売却損を繰り越せるのは今年までだったので、繰り越した損失分を相殺できるように、利益が出ている投資信託を売却しました。

確定申告をしていないと、これらの売却益は税金を差し引いた分が振り込まれますが、確定申告をすると、所得税も住民税も還付してくれます。

ちなみに所得税の還付額は
460,795円
でした。

また今年の住民税は納める必要がないどころか

34,677円
戻ってきました。

 

 

扶養家族がいないと
・健康保険
・厚生年金
・所得税
・住民税
と、まるで税金を払うために働いているように感じていました。

ホント、知ってるか知らないかは大きな差だと感じます。