「 格安旅行・セレブ旅行 」一覧

ロングステイで気をつけること

4~5年ほど前から、年に3回ほど国内外にロングステイ
するようになりました。

ベッドの隣が仕事場で、一日中誰とも話すことなく、
「ただ黙々と仕事をする」という、
本当に地味な生活を送っているため、
せめてもの気分転換です。

で、何度かロングステイを重ねるうちに、
出発前に気をつけておくことがいくつか出てきたので、
メモ代わりに書いておきます。

【郵便物】
誰かに定期的に郵便物やチラシをチェックしてもらうか、
または、郵便局に配送を止めておいてもらいます。

郵便局に配送を止めてもらえるのは1ヶ月までなので、
(1ヵ月後にまとめて配送してくれる)
それ以上のロングステイには使えません。

国内であれば、滞在先に転送するという手段もあります。

【食材整理】
大体1ヶ月程度は家を離れますから、
冷凍食品も含めて、冷蔵庫内の食品は
全て使い切る必要があります。

ですから、出発の1週間くらい前から、
買物と献立は計画的に
立てる必要があります。

【ごみ処理】
出発直前の「燃えるごみの日」に
全ての生ごみを出しておく必要があります。

理想は、燃えるごみの日と出発日が同日ということですが、
中々そうもいきません。

最後の生ごみを出して以降、出発日までの献立は
頭を悩ませます。

「プラスチック」や「缶」や「ビン」を
家の中に残しておかなければならな場合、
いつもに増して、きれいに洗って乾かしておく
必要があります。

【ベランダor庭】
不在中に台風などの天災があるかもしれないので、
ベランダに物が出ている場合、
家の中に入れておかなければいけません。


1ヶ月の海外旅行-費用は約50万円

毎年1ヶ月ほどハワイに行きますが、
(去年は6週間
今年は少し趣向を変え、
・アメリカ本土に2週間
・ハワイに2週間
に決定しました。

アメリカ本土では、カリフォルニアに1週間、
フロリダに1週間です。

「暮らすように旅する」から、
「観光っぽいこともしてみる」ことにします。

その4週間の予算がほぼ固まりました。

150920

フロリダ1週間ハワイ2週間
タイムシェア利用ですので、
宿泊費がかなり安く抑えられましたが、
カリフォルニア1週間は
1泊+3泊+2泊+1泊て転々とするため、
タイムシェアは利用できず、
1泊あたり18,000円くらいかかる予定です。

年間の旅行費予算が120万円。
もう既に

北海道1ヶ月
・沖縄1ヶ月
ベトナム格安ツアー

に使っていますので、
残金15万円ほどが観光費となります。


35泊36日の支出詳細

35泊36日の支出詳細です。
150717hokkaido.jpg
マンスリーマンションはセキュリティのしっかりした(部屋に入るまでにカードキーが4回必要!)
33階建ての超高層マンション。
1LDKで50平米弱。
1~2人が滞在するには手ごろな広さです。
交通費は、
・九州→北海道 航空券 14,800円
・道東JR周遊券+観光バス(知床・摩周湖・釧路湿原などを観光) 22,810円
・北海道→神戸 航空券 9,000円
・神戸→九州 新幹線  12,860円
その他細々とした電車賃などを含んだ総額です。
宿泊は4泊はトリプルルームに3人で泊まり、1泊はシングルルームに一人で泊まりました。
150717ikura.jpg
北海道はこんないくら食べ放題の朝食付きで、一泊5000円台で泊まれるホテルがあるのがステキです。
この表以外にかかったのは食費ですが、これは……
ほぼ毎日夕飯は外食。
その後もススキノの夜を散々楽しんだので、結構な金額になりました。
でも、マンスリーマンションには普通にキッチンが付いているし、冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器なども備え付けですので、自炊すれば普通に自宅で生活するのと変わりはないと思います。


35泊36日のツケ

毎年梅雨の間は北海道に1か月ほど滞在するのですが、今回は結局35泊36日になってしまいました。
マンスリーマンションを借りて1か月
道内旅行が4泊5日
帰る予定の日に安い飛行機のチケットがなかったので、ついでに
「白くなった!!」
という話の世界遺産姫路城に足を延ばして1泊
1か月以上自宅を留守にすると、色々なツケが回ってきます。
旅行に使用した荷物の整理。
たまっている郵便物のチェック。
自宅のPCで膨大な数のメール受信。
旅行中使用しているノートPCと自宅PCとの同期。
そして一番大変な自宅の掃除。
車も1か月ほったらかしておくと、やたら汚くなってます。
(屋根付きの駐車場なのですが……)
しばらく滞っていたブログの更新。
それやこれやで、通常の生活に戻るのに1週間ほどかかります。
明日は35泊36日の収支決算をしてみようと思っています。


格安で宿泊-タイムシェア活用法

ハワイに行ったことがある方ならすぐにわかると思いますが、
免税店などで盛んにタイムシェアの勧誘をしています。
私もそれに引っかかって、ヒルトンとマリオットの両方の
タイムシェアを購入しました。
ヒルトンのタイムシェア活用法に関しては
タイムシェア 実はポイントが凄い!!
という記事で触れましたが、
今回はマリオットのタイムシェア活用法です。

日本ではあまりこの方法で活用している方は少ないようですが、
アメリカ人はこの方法を使うために、
なるべく安いタイムシェアを購入する方も結構いるらしいです。

その方法とは
インターバルインターナショナル」という
タイムシェア交換会社の会員になることです。

マリオットなどのタイムシェアオーナーであれば、
会員資格はあります。
普通会員の年会費は89ドル。
(5年分まとめて払うと356ドルです)

本来は自分で所有するタイムシェアを、
他のオーナーと交換するための会社ですが、
交換ではなく格安で泊まれるシステムがあります。

例えば、
150703-2.jpg
こんな100平米を超すコンドミニアム(自分のマンションより広い!)が
150703-4.jpg
1泊(一人ではなく一部屋です!)46.71ドルとか56.71ドルなどという格安料金で泊まれます。
時間にしばられない熟年世代であれば、本当にお得です!

ということで、
フロリダのディズニーワールドに隣接するシェラトンのタイムシェアに
1週間滞在することにしました。
150703.jpg

1LDK(定員4人)の宿泊料金は
7泊8日
で税込401.63ドルでした。

4人で泊まれば、一人一泊1800円弱!!