「 相続 」一覧

相続とリバランスの一石二鳥?

月例資産棚卸~順調に資産が減っている?
という記事で、約220万円の贈与を行った旨書きました。

なぜ贈与するかは
毎年220万円贈与する理由
という記事に書いていますので、興味のある方はそちらを読んでいただくとして、今回はこの220万円をどのように捻出したかについて書きます。

贈与を始めた当初(2013年)は、まだ資産運用の勉強を始める前で、いわゆる「勘」に頼った個別株の取引をしていた頃で、

「なんか、資産が増えてきたなぁ」

「相続税に関する法律も改正になるらしいし、対策しておくか」

と、たまたま株を売ったお金があったので、当時の自分としては超ディフェンシブと思われる国内債券のファンド

MHAM物価連動国債ファンド
DLIBJ公社債オープン 中期

をそれぞれ660万円ずつ購入しました。

これで向こう6年間分の贈与をまかなおうと考えたわけです。

しかし、このブログを始めた2014年秋ころから資産運用の勉強を始め、年齢を重ねるほど安全資産に移行していかなければいけないということを学びました。

しかし、毎年贈与でこれらの国内債券を減らしていけば、安全資産の比率は減っていくばかりです。

年金生活に入った時に、年金で足りない分は資産を取り崩していくわけですが、毎月分配型のファンドをほとんど持たない(持ちたくない)自分としては、今のうちにこの「贈与」を利用して、資産の取り崩し方を学ぼうと思いました。

幸い、毎月資産棚卸をしているため、自分の目標のアセットアロケーションに近づけるためには、どの資産区分をいくら解約すればよいかは、すぐに計算できます。

目標

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

に近づけるためにはおよそ、

・日本債券 1,300,000円
・先進国+その他 270,000円
・リート 100,000円
・新興国 530,000円

となりました。

日本株式は、2016年末にリバランスした後
個別株が指値で引っかかった
という記事で書いたように、個別株を売却したままになっていたので、今回は売却対象外。

日本債券も、
6か月で11.31%上がると、脳内でアラームが鳴りだした。
という記事で書いたように、
DLIBJ公社債オープン(中期コース)
を売却した分がMRFに残っていたので、そちらを利用。

結局、

ニッセイ外国株式インデックス 150,000円
iFree 外国REIT 100,000円
SMT新興国株式インデックス 160,000円
HSBC ブラジル債券オープン(NISA) 250,000円
資源国ソブリンオープン(NISA) 250,000円

を解約して、贈与に当てました。


やっと相続放棄できた

相続放棄は意外と大変だ

という記事を書いたのは2016年3月。

叔父さんが2015年の暮れに亡くなって、

「どこから借金が出てくるかわからないから」

という理由で叔父さんの配偶者と子供達が相続放棄しました。

すると、次は叔父さんの兄弟姉妹が法定相続人になります。

しかし、法定相続人の一人である私の母は既に他界しているため、代襲相続ということで、私も法定相続人の一人となってしまったのです。

相続放棄というのは縁が遠くなるにつれ、用意しなければならない書類が増えます。

祖父母や母の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本やら、自分の戸籍謄本やらとやっと書類を準備して手続きに行ったところ、

「被相続人(亡くなった叔父さん)には前妻との間に子供がいるので、その人が相続放棄するまでは、あなたは法定相続人ではありません」

と家庭裁判所で告げられました。

「そう言えば叔父さん、前に結婚して子供がいたけど、まだその子がハイハイしている頃に別れたんだ!」

「もう50年近く経ってるから忘れてたわ!」

ということで、自分は法定相続人ではないと安心していたのですが、最近になって親族から

「○○君(前妻の子供)が相続放棄の手続きしたんだって!」

という話を聞きました。

そこで再度自分の戸籍謄本を取り寄せ(以前に取り寄せたものは期限切れになっていた)、相続放棄の申告をしました。

申告書を提出して1週間ほど経過すると、家庭裁判所から

「あなたは法定相続人になって3か月以上経過していますが、なぜ今になって申告するのですか?」

という趣旨の手紙が届きました。

そこでそれまでの経過を申立書に記載し送り返したところ、今度は家庭裁判所から電話が!

申立書の内容を詳しく聞かれました。

まぁ、真実をそのまま述べればよいので難しいことはないのですが、かなりメンドー!!

そんなこんなで、本日やっと、相続放棄申述受理通知書と言うものが届きました。

申告時に82円切手と10円切手を5枚ずつ添えるように言われたので、

「何にそんなに使うんだろう?」

と思っていたら、余った切手はきっちり返してくれました。

さすが裁判所、きっちりしてるわぁ。

今回新たにわかったこと。

相続放棄っていうのも、家庭裁判所では事件になるんですね!

ちゃんとどの書類にも事件番号第○○号って掲載されてます。

それと、家庭裁判所からくる郵便は封筒のどこにも「裁判所」という文字はなく、担当官の個人名で届きます。

このあたり、ちゃんと気配りされてるんですね!


有名ホテルのお弁当付セミナー

このブログで何度も登場している新人証券マン君
↓ ↓ 詳細はこちら
証券会社からの電話には気をつけて!
証券会社からの電話には気をつけて–その後
またまた「うまい話」ではなかった(苦笑)
119万7千円→318万円の思い出

やっぱりおいしい話じゃなかった
ついに新人証券マン君に陥落
料亭でお昼ご飯をいただきながら……
ソフトバンクの社債を勧められたが……
投資家としての成長を実感

から、

「相続や贈与に関するセミナーを受けませんか?」

という電話がかかってきました。

相続に関しては自分なりに対策を立てているのですが、
↓ ↓ 詳細はこちら
220万円贈与の使い道

「果たして自分のやり方が合っているのか?」

「他に何か方法があるのか?」

を知りたくて、参加する旨返事しました。

すると、電話を切る間際に

「軽食が出ますから」

という一言が。

「そういうものが出されると、勧められる商品を断りにくいんだよなぁ……」

と思いながらも参加。

ところが軽食どころか、名門ホテルの立派なお弁当!!

セミナーの内容は、

「相続対策に保険を利用しましょう」

161122

ということで、

法定相続人数×500万円

の保険金は課税相続財産から除外される

とか

年間110万円までは贈与税がかからないので、なるべく早く贈与を始めて、その贈与分を運用に回しましょう

などと、既に実行していることばかり。

さすがに向こうも他に勧められる商品がなかったようで、美味しいお弁当をいただいただけで、あっさり帰宅することができました。


100歳で他界した祖母の遺産相続

7年前に祖母が100歳で他界しました。

ずっと専業主婦で年金生活でしたが、とても慎ましい生活をしていたので、預金が500万円近く残っていました。

100歳ということは子供たちもそれなりの年齢ですし、亡くなった者も何人かいます。

結局、法定相続人は8人。

そのような手続きは、長子である母の役目でしたが(長男・次男はすでに他界)、母も高齢であるため結局相続権のない私が手続きをすることになりました。

祖母の出生時から死亡時までの戸籍謄本を取り
遺産分割協議書を作成し
相続人全員に連絡をして印鑑証明や住民票などの必要な資料を取ってもらい
全員に遺産分割協議書に署名捺印してもらい

という作業を行いました。

幸いにもそれらの相続に異議を唱える人が一人もいなかったのは幸いでした。

必要経費を除いた母の相続分は
455,572円

お金に関する貴重な勉強をさせてもらったとともに、
「亡くなるときはなるべく遺産を残さないようにしよう」
と誓った瞬間でした。


220万円贈与の使い道

毎年220万円贈与する理由の続編です。

贈与はしても、やはりそのお金を無駄に使ってほしくはないと思っています。

金融リテラシーがあり、キチンと資産運用してくれればいいのですが、まだ20代の彼らは自分の目の前の生活に忙しく、そこまでの知識はありません。

そこで検討した結果、低解約返戻金型の終身保険を使うことにしました。

具体的には、子供たちが契約者となり、私に保険をかけます。

年間支払保険料は110万円をちょっとオーバーする
1,103,334円

私が70歳になる前に死んだら2,560万円の保険金が入ります。

私が70歳になったとき生きていたら16年間の保険料は
17,653,344円

その時の解約返戻金は最低でも
19,111,813円

利率の見直しは10年ごとに行われ、積立利率の最低保証は
年利1.85%です。

この低金利時代に年利1.85%で元本保証は魅力的です。

10年ごとに更改される積立利率が2.85%になると、70歳時の解約返戻金は
20,138,0000円

積立利率が3.85%になって、70歳時に解約せずにそのまま10年寝かせておけば、
30,233,000円
になります。

但し、私が70歳になる前に解約したり払い済みにすると大変損です。

例えば現時点で解約すると、

支払保険料 4,413,336円
解約返戻金 2,631,000円

となり、返礼率はわずか60%弱になってしまいます。

ですから

何が何でも保険をかけ続ける

という強い意志が必要です。

私が70歳になる12年後の2028年には、子供たちはアラフォー世代。

その時は金融リテラシーも今よりは高いでしょうし、生きたお金の使い方をしてくれると思っています。

また40歳になると最低でも
19,111,813円
が入手できるとなると、夢も持てるかなぁと思うのです。

考えが甘いかしら?