「 ファーストクラスで世界一周 」一覧

ファーストクラスで世界一周-準備編2

ファーストクラスで世界一周-準備編1
の続きです。

まずはどこに行くかの選定

行きたいところ、見たいところを書き出してみました。

・ピラミッド
・タージマハール
・アンコールワット
・マチュピチュ
・イースター島
・ナスカ
・ウユニ塩湖
・ナイアガラ
・自由の女神
・ヨーロッパ
・タイ

ピンポイントの観光地もあれば、ヨーロッパというざっくりしたところもありますが、別に構いません。

基本的に、行ったことがあったり、行く予定のある地域は省きました。

ナイアガラと自由の女神だけは40年近く前に行ったのですが、二日酔いで殆ど観光ができなかったり、改修工事中で見ることができなかったりしたのでリベンジです。

アトランダムに行きたいところをあげましたが、2週間程度の日程ではとうてい回りきれません。

またゴールデンウィークを絡めるとはいえ、多少仕事もしながらですから、WIFIが保障されないところは今回は断念です。

今回行けないところは、

「将来かならず行くから!」

と心に決めて、今回はアメリカ東海岸とヨーロッパに絞りました。

アメリカとヨーロッパだけだと世界一周というにはおこがましいのですが、太平洋も大西洋も横断するので、航空券的には世界一周です。

次に細かな日程作りですが、今は便利ですね~!!

JALなどが加盟するワンワールドにも世界一周用のホームページがあり、「計画とご予約」というサイトで便名まで指定することができます!!
(ということだけど、実際は違っていた)


ファーストクラスで世界一周-準備編1

以前から

「リタイアしたら世界一周旅行をしてみたい」

と、ボンヤリ考えていました。

 

しかし同年代の訃報を聞いたり、そこまではなくとも

「高血圧で薬を飲むようになった」

とか

「腰痛で整形外科に通っている」

という話はよく聞きます。

 

となると、例えば65歳でリタイアするとしても、そのとき世界一周できるような体力や判断力が残っているでしょうか……

 

そう考えると、焦りが出てきました。

 

そこで今の環境で(仕事をしながら)世界一周ができないか調べてみると、働きながら5月の連休や年末年始の連休に有給をつなげて世界一周している人たちが少なからずいることがわかりました。

世界一周航空券の条件はいくつかあるのですが、日本航空が含まれるワンワールドの場合、

・ヨーロッパ / 中東
・アフリカ
・アジア
・オーストラリア、ニュージーランドおよび南西太平洋地域
・北米
・南米

のうち、少なくとも3大陸が含まれる

旅行期間は10日以上12ヶ月以内

などです。

 

「出発地のアジアとヨーロッパとアメリカの3大陸だけ」

「2週間くらい」

だったら5月の連休に絡めればなんとかなりそうです。

 

周りに相談してみると

「そうだよ!思い立ったときに行くべき」

「すてきなお金の使い方だよ」

「いつ行けなくなるかわからないから、今行った方がいいよ」

と、皆背中を押してくれます。

そんなわけでゴールデンウィークに世界一周するよう思い立ったのが今年の2月。

出発まで2ヶ月しかありませんでしたが、まずはコースの決定です。

ファーストクラスで世界一周-準備編2
に続きます。