「 ファーストクラスで世界一周 」一覧

ファーストクラスで世界一周-旅のトラブル

旅にトラブルはつきものです。

これまでも

・クレジットカードをなくす

・クレジットカードを不正使用される

・財布をなくす

・予約していた飛行機に乗れない

等のトラブルに遭遇しています。

 

その度になんとかなってきたので、もう

「旅でトラブルに遭うのは当然」

と開き直っています。

 

今回も大小のトラブルに遭遇しました。

・空港への迎えの車が来ない

ニューヨークを出発するとき、スーパーシャトルという乗り合いシャトルを予約しました。

ホテルの住所や自分のフライトを入力すると、自動的に迎えの時間が表示されますので、その時刻にホテルで待っているとピックアップしてくれます。

スーツケースを持ち歩く必要がないので、一人の時はしばしば利用します。

迎えの時間の5分ほど前からホテルの前に待っていましたが、いっこうに迎えが来ません。

予定時刻から15分ほど経っても、迎えが来ないので電話してみると、

「予想していたよりお客さんの荷物が多くて、あなたを乗せることができなくなりました。この時点でキャンセルしてもらってもかまいませんし、これからハイヤーを迎えに行かせてもかまいません」

ということでした。飛行機の時間まで余裕があったので、ハイヤーをお願いしましたが、

「そんなのあり!!?」

ということが海外で起きます。

 

・スリに遭い財布を盗まれる

日本で2年くらい使っているリュック。

NYでも1週間ほど使っていましたが、何のトラブルもありませんでした。

しかし、ヨーロッパ上陸翌日に、中に入れていた財布を盗まれてしまいました。

日本ではよくファスナーを閉め忘れることがあるのですが、ヨーロッパはスリが多いと聞いていたので、リュックの中の内ポケットに財布を入れ、内ポケットのファスナーも、リュック自体のファスナーもしっかり締めました。

観光で一休みしてリュックから水を出して飲んだ時に、しっかりファスナーを閉じていたのを覚えています。

しかし、次の観光地の美術館で荷物検査を受けるためにリュックを下したら、リュックのファスナーも、内ポケットのファスナーも開いて、財布がなくなっています!!

人ごみを歩いたわけでもなく、ほんの500メートルくらいの間にです。

中には日本円、クレジットカード、免許証、保険証などが入っていました。

幸いなことに、メインで使っているクレジットカードやパスポートは別のところに入れていたため、その後も旅行を続けることができました。

帰国後の再発行手続き、大変だったよう~(泣)

・民泊で入室の仕方がわからない

ヨーロッパではAirbnbで宿泊したのですが、ホテルなどと違い普通の人の家なので、Google Mapでその家の前までは行けても、その建物への入り方がわからなかいことが多かったです。

そのたびに家の前から

「家の前にいるけど、入り方がわかりません。どうしたらいいですか?」

とメールして、開けてもらうという羽目に陥りました。

 


ファーストクラスで世界一周-食べたもの

機内やラウンジで本格的な食事をする機会が多かったので、街中での食事は比較的簡単なものでばかりです。

その中で唯一の豪華な食事はNYウルフギャングのステーキ(20,691円-二人分)

 

 

フィラデルフィア名物のチーズステーキ(1,300円) 炒めた薄切り肉と溶けたチーズを長いロールパンに詰めたサンドイッチですが、大きかったので二人ではんぶんこ。

 

NYチーズケーキ専門店のチーズケーキ(2個で720円)

 

ホテルの簡単な朝食

 

ナイアガラでなぜかメキシコ料理(二人で飲んで食べて4,000円)

 

ここからは一人なので、さらに簡素な食事に…

ロンドンのフィッシュ&チップスとビール(2,918円)

 

ツアー集合時間までの暇つぶしにロンドンのマクドナルドへ。こんな入り口にある機械で注文

コーヒー、ソーセージエッグ&チーズベーグル(604円)

 

バルセロナで白ワインとイカのフリッター(1,419円)

 

バルセロナのバルでビール、肉団子、サラダ(1,434円)

 

バルセロナのバルで白ワイン2杯とタパス(おつまみ)6品(2,802円)

 

ヘルシンキのスーパーで買ったサラダ(390円)と機内でもらったプレッツェル

 

ヘルシンキ名物シナモンロールとコーヒー(532円)

 

スーパーで購入したサラダ、スモークサーモン、ビール(1,763円)、市場で購入したサクランボ(写真の3杯くらいの量で680円)、

 

パリ宿泊先隣のカフェでクロワッサンとカフェオレ(1,359円)。写真ではわかりづらいですがカフェオレの器はラーメンどんぶりくらい大きかったです。

 

サーモンとアボカドの前菜、パリ街角でオニオングラタンスープ、白ワイン(5,251円)


ファーストクラスで世界一周-かかった費用は?

航空券 1,090,668円

航空券 1,003,300円
税金     32,928円
手数料    54,440円

最大16区間利用できるのですが、世界一周初心者だったため、ファーストクラス3区間、ビジネスクラス5区間しか利用しませんでした。もったいないことをしました。

 

宿泊費 219,733円

ニューヨーク4泊(二人) 145,045円

ロンドン2泊(Airbnb) 13,502円

バルセロナ2泊(Airbnb) 12,324円

ヘルシンキ2泊(Airbnb) 24,793円

パリ2泊(Airbnb) 24,069円

娘と二人の時はホテルに泊まり、一人の時は全て民泊にしました。

パリはノートルダム寺院近く、バルセロナはサグラダファミリア近くなど、どこも主な観光地から徒歩圏内に泊まったので、民泊の割には値段が高めです。

 

観光 209,156円

NY発 ナイアガラの滝&フィラデルフィア&ワシントンD.C.3泊4日ツアー(二人分) 153,352円(宿泊費込)+チップ6,400円

サグラダ・ファミリア入場(エレベーター付)+グエル公園日本語1日ツアー 18,087円

ヴェルサイユ宮殿見学&パリの朝市マルシェ日本語半日ツアー 6,935円

ルーブル美術館日本語公認ガイド半日ツアー 7,343円

NYミュージカル 8,720円

911博物館入場料 1,920円

バッキンガム宮殿入場料 3,120円

大英博物館日本語オーディオ 1,061円

ナショナルギャラリー日本語オーディオ 758円

スオメンリンナ(ヘルシンキの世界遺産)博物館入場料 1,062円

テンペリアウキオン教会入場料 398円

 

 

交通費 20,315円

NY空港→ホテル(Uber) 7,734円

NY地下鉄 3,236円

ロンドン地下鉄 2,421円

バルセロナ空港-市内(往復) 1,385円

ヘルシンキ市内交通 2,789円

パリ空港-市内 2,750円

 

合計 1,539,872円(17泊18日)

 

前半の娘の分のツアー代なども入っていますから、一人だったら150万円弱というところでしょうか。

なお食費に関しては、ラウンジや機内できちんとしたものを食べたので、簡単に済ませることが多く、日本にいるときとほとんど食費は変わらなかったので、旅行代に入れていません。


ファーストクラスで世界一周-飛行機編(パリ→羽田)

いよいよ帰国の飛行機です。行きと同様にJAL便でした。

アメニティはポルシェのポーチに入っていました。


(JALのホームページより)

帰国後ポルシェ好きの方にあげたら、大変喜ばれました。

 

フェイスケアセットは行きの便と同じでした。

 

搭乗後すぐにいただいた白ワインとともに出てきたタコのカルパッチョ

 

これまでは旅行中ということで暴飲暴食しないよう、控えめに食べていましたが、後は帰るだけなので、和食のコースを最後までいただきました。

 

小皿五彩

エビハンバーグ/三色サラダ/梅肉ドレッシング
フォアグラゼリー寄せ/ほうれん草
蟹袱紗焼き
筍とアスパラ新緑味噌和え
鯛の若狭焼翡翠餡

 

お椀
帆立真丈 丸大根 隠元 花人参 柚子

 

オマール海老/鮑レモン挟み
スモークサーモンと帆立の山掛け ポン酢ジュレ

 

ここで赤ワインに変更して

牛フィレステーキ山椒餡かけ

 

抹茶あんみつ、千日餅 つぶ餡

 

朝食も和食をいただきました

 

白身魚の塩焼き、いくら、玉子焼き、梅干し、納豆、御飯、味噌汁、香の物

久しぶりの炊き立ての白御飯にお味噌汁は本当においしかったです!!

 

食後にフルーツも持ってきていただきました。

 

キャビンアテンダントの方から

「森伊蔵はいかがですか?」

と尋ねられたので、焼酎好きの兄のお土産に購入しました。

3,200円でした。


ファーストクラスで世界一周-飛行機編(ロンドン→バルセロナ→ヘルシンキ→パリ)

ヨーロッパ国内線はファーストクラスの設定がないので、ビジネスクラスでの移動になります。

シートもエコノミークラスと同じですが、3人掛けのところ、真ん中の席は下の写真のように物置になっており、両端の二人が共同で使用します。

 

ロンドンからバルセロナはブリティッシュ航空を使用しました。朝の便だったのでお酒は控えましたが、スペインへの飛行だからか、ワインに合いそうな生ハムやチーズが出てきました。

搭乗前にラウンジで朝食をいただいたので、パンなどはパスしました。

 

バルセロナからヘルシンキも朝の便でしたが、飛行時間も長かったので(10:15発15:05着)、シャンパンをお願いしたところ、小瓶で出てきたのでちょっとびっくりしました。

 

ランチとしてパスタかラムを選べたので、ラムをお願いしました。

フィンランド航空らしく、厚切りのスモークサーモンが前菜です。見た目はあまりよくありませんが、マッシュポテトに囲まれたラム肉も、柔らかくておいしかったです。

 

ヘルシンキからパリもフィンランド航空を使い、再度シャンパンをお願いしました。

エンターテインメントはなかったので、Amazon Primeの海外でも見られる番組をiPad Miniにダウンロードして、機内で楽しみました。

 

ミートボールパスタやマフィンなどのランチが出ました。