「 家計管理 」一覧

当分はローソンでお金を払う必要はなさそうだ

みすみす7000円を無駄にするところだったわ
という記事で
リクルートポイントはPontaポイントと交換できる
と書きましたが、

システム不具合により、長い間交換できていませんでした。

やっとこの度
=============
2015年11月24日に予定していた新たなポイントサービスの開始につきまして、サービス・システムに不具合が生じたため、一部のサービス開始時期を延期しておりましたが、2016年2月2日より当該サービスを開始いたしました。
=============
(リクルートカードのホームページより)

とうことで、交換できるようになりました。

久しぶりにアクセスして現在のリクルートポイントを
Pontaポイントに移行してみると

160203

単に、タダでリクルートカードを作って、
nanacoカードにチャージして、
税金を払っただけなのですが……

ありがた~~く
ローソンや
ケンタッキーや
大戸屋で
使わせてもらいます。


プレミアム商品券を予定通り使い切る

150718premium.jpg
去年の7月に購入したプレミアム付き商品券。

結構な競争率になった自治体もあったようですが、
うちの自治体はかなり余って、
買いたいだけ買えるという状況でした。

結局私は18冊、18万円分購入しました。

大型店舗(デパートやスーパー)では使えないものや
食料品にしか使えないもの
購入期限も2015年10月31日までのものもあれば、
2016年1月31日のものもあったり。

とにかく色々複雑でしたが、
約半年かけて本日すべて使い切りました。

家計簿から割り出して
1月31日までに使い切ることができる
必要分を購入したので、まぁ予定通りです。

今月の食費も安く抑えることができたのは、
この商品券のおかげでもあります
(12,000円分買っても10,000円しか払う必要ない)

購入した人の中には、
使用できる店を勘違いしていて、
「使い切れな~い、どうしよう??」
と言っていたり、
「うっかりしまいこんでて、使うの忘れてた!!」
と言っていたり。

きちんと前もって
・どの期間
・どの店で
・いくら使うか
ということを把握していないと、
かえって損してしまうことになります。


食費が高い理由がやっとわかった!!

他人様の家計簿を見ると、
自分の食費がバカ高いのが気になっていました。

「皆なんでそんなに食費を安く抑えられるのだろう?」
と疑問だったのですが、
「外食とアルコールは別にする」
という一文を読んで
「なるほど~!!」
と思いました。

さらに
子供たちとの外食(全額私が出す)
友人との飲み会、
知人からの招待で持っていく手土産なども
食費ではなく交際費とか小遣いにしたところ、
食費が激減

昨年1月で比べてみると、

129,730円
  ↓
 23,634円
(内外食費 7,000円)

10万円以上も少なくなっています。

その分交際費や小遣いは増えていますが、
長年の疑問だった
エンゲル係数の異常値に関する疑問が
やっと解決しました。

50代おひとりさま
そんなにたくさんは食べられないものです。


苦手分野の節約も試してみた結果…

以前
節約の得意分野と苦手分野
という記事で、苦手な節約分野は

と書きましたが、
今回初めて、車検をディーラー任せにせず、
自分で色々と検討してみました。

まずは半年ほどかけて、車検のチラシを集めました。

それらを見比べて分かったことは、
・自賠責保険
・重量税
はどこも一緒

印紙代はなぜか1,100円のところと1,700円のところがあります。

それにプラスして
・基本作業料
が各社異なります。

また会社により様々な割引を用意しています。
・新車初回割引
・前日持込割引
・事前予約割引
・レディース割引
・代車不要割引
・優良ドライバー割引

さらには追加サービスとして、
・洗車
・車内清掃
・引取納車サービス
・車検後のオイル交換無料
・次回車検までのガソリン割引
などなど。

基本作業料を比較してみると
8650円~30000円
くらい。

ただし、基本作業料が高いところは
様々な割引を用意してあります。

代車不要割引を利用するなら、
公共交通機関が使えるか、歩いて行けるところとなります。

それやこれやで検討した結果、

自賠責保険  27,840円
エコカー重量税 7,500円
印紙代     1,100円
基本作業料  16,860円
新車初回車検 -1,000円
前日持込み  -1,000円
1か月前予約 -1,000円
代車不要   -2,000円
合    計 48,300円(税込)

という徒歩15分くらいのところにある会社にしました。
・ポリマー洗車(ポリマーって何?)
・車内清掃
付です。

予約して車を持っていくと

「エンジンオイルの交換はどうしますか?」
「ブレーキオイルは?」
「ラジエータ液は?」
「下回りの洗車は?」

と矢継ぎ早の質問。

どれもこれも「?????」

勧められるままに、メンテナンスパックというのをお願いしました。
・エンジンオイル+エレメント
・ラジエータ液
・ブレーキオイル抜き替え
・下回り洗車(さび止め塗装)
・エンジンリフレッシャー
13,000円(税込)

さらにお勧めされるままに
コーティング 7,000円(税込)もお願いし、
結局支払ったのは
48,300円+13,000円+7,000円で
68,300円

はたして節約になったのか???

ディーラー車検よりは安かった気はするのですが……


資産8500万円でも、80歳で経済破たん!! からの反省

資産がどんなに多くても、支出が収入より多ければ、
資産は減っていきます。

資産8500万円でも、80歳で経済破たん!!
という記事で書いたように、
現在8500万円の資産があっても、
今仕事をやめて
生活費を月額30万円使えば、
80歳で経済破綻します。

一生経済破綻しないようにするには、どうすればいいか?

条件を以下のように変えてみました

・57歳で完全リタイア

・57歳でセミリタイア
→57歳~65歳 年収120万円

・現在の資産を全て無リスク資産に移行する(運用益0.5%)

・現在の資産を1%で運用する

・退職のご褒美に世界一周旅行をする(予算500万円)

・旅行はとりあえずお預け

・退職後の生活費は月額30万円

・セミリタイア後の生活費は月額25万円

以下の条件は変更なしです。
・現在の資産は8500万円
・毎年の基本生活費の変動率は0.8%
・公的年金の受給は65歳からで、受給額はシステムで自動計算

この条件でも95歳で経済破綻です。

結局完全リタイア(65歳)移行の生活費を21万円にすることで、
100歳まで経済破綻することはないようです。

月額21万円

この金額には、日々の食費や光熱費だけではなく、
家電の買い替えや自宅のリフォーム費用なども含まれます。

そう考えると、今からもう少し節約マインドを持って、
暮らしていかないといけません。