「 家計管理 」一覧

良い節約・悪い節約

基本的にお金というものは使うためのものです。

ですから「節約」というのは、
将来使うためだったり、
過去に余分に使ってしまったものの穴埋めだったり、
現在他に使いたいものがあるときにするべきであって、
「貯める」ことが最終目的になってはいけません。

「よい節約」は自分や家族が現在、あるいは将来幸せになるためです。

「節約」にはまってしまうと、ついつい「貯める」ということにばかり目が行き、自分や家族にストレスが起きがちで、これは「悪い節約」だと思います。

このブログを始めた2014年9月頃から「節約」を意識し始めて、色々実践してきましたが、自分なりに

「よい節約と悪い節約があったなぁ」

と感じているのでそれを色分けしてみます。

 

よい節約
(1)格安スマホへの移行
詳細はこちら
約8,000円 → 約1,700円 月額6,300円の節約です。

(2)スポーツクラブの解約
毎月10,000円ほどの会費を払っていましたが、調べてみると近所の同等の施設が、月額300円の会費を払えば、1回540円で利用できることが判明しました。
(まったく宣伝していないので、私の周りではこのシステムを知っている人は皆無でした)
通うのは週に1度程度なので、
約10,000円 → 約2,400円 月額7,600円の節約です。

(3)ケーブルテレビの解約
詳細はこちら
英語の勉強も兼ねてアメリカのTVドラマを見るために契約していましたが、年額3,900円のAmazon Primeでも十分楽しめることがわかり解約しました。
約10,000円 → 約3,000円 月額7,000円の節約です。

(4)エアコンをつけっぱなしにすることによる節約
詳細はこちら
光熱費月額を比較すると、月額1,500円の節約です。

(5)自炊を増やすことによる節約
以前は、
「一人分だけ作るのは面倒」と、
できあいのお惣菜やコンビニ弁当を買ってくることも多かったのですが、健康も考えて自炊を増やしました。

基本的に
「自分で作っても味が同じもの」
「自分で作った方が美味しいもの(あくまでも自分の味覚に合うという意味)」

は自分で作ることにしました。以前よりもかなり充実した食生活になりとても満足しています。
その結果月額平均の食費
約80,000円 → 約45,000円 月額35,000円の節約です。

(6)一人での外食はできるだけ避ける
そこそこの味のものを一人で食べるより、美味しいものを誰かと一緒に食べる方が幸福感倍増。
子供たちと外食するときは全額私が出しますが、これは楽しいので、これで良いのです。
その結果、月額平均の外食費(旅行中の外食含む)
約65,000円 → 約30,000円 月額35,000円の節約です。

食費だけで70,000円も節約なんて、以前はどれだけ使っていたことか!!

長くなってきたので、続きは次回に回します。
0


なぜか2,400円も値下げ

先日

ストレスなく毎月5千円節約する

という記事でケーブルテレビの契約を

・ケーブルテレビ
・ブルーレイ録画機能
・電話
・インターネット(最大320MB)

↓ ↓

・電話
・インターネット(最大320MB)

に変更して、Amazon Fireにしたおかげで、

毎月10,000円以上支払っていたのが5,200円になり、毎月5,000円節約できるようになったと書きました。

さらに先日このケーブルテレビ会社の営業の方がやってきて

「このマンション全体の契約が変更になり、2,800円に値下げします」

という話なのです。

詳しいことはわかりませんが、今と条件の変更がなく値下がりするのは大歓迎です。

その営業マンが来ているときにAmazonプライムをつけていたのですが
(一日中つけてるからね)、
興味津々の様子

営「どれくらい費用かかるんですか?」

私「年間3,900円です」

営「・・・」
 「月額じゃなくて、年間ですか??」

営「めちゃめちゃ画像がきれいですよね?」
 「この機械いくらですか?」

私「4,980円~12,980円ですが、これは12,980円のものです」
 「すごいライバルが出てきたと思うでしょ?」

営「僕、自分の部屋につけたいです!」

おい、おい! 少しは自社愛を持てよ(笑)!


冬も24時間エアコンをつけっ放しにしてみた

夏の間24時間エアコンをつけっぱなしで生活しました。

↓ ↓詳細はこちら

24時間エアコンつけっぱなしの結果は…

24時間エアコンつけっぱなしの結果(猛暑日27日含)

 

これまで冬は、暖房をつけてから暖まるまでの時間が短くて済むので、主にガスファンヒータを使っていました。

朝起きたらつける
昼間暖かいときは消す
夕方になったらまたつける

というサイクルです。

温める範囲はリビングとベッドルーム(開けっ放しにして一部屋として使っている)。

しかし気になるのが

窓の結露
空気の汚れ
トイレやお風呂の寒さ

それに朝起きた時に

「お布団から出るために気合を入れなくちゃいけない」

ってことです。

そこで、

「冬もエアコン24時間つけっぱなしにしたらどうだろう?」

と、11月15日からずっとつけっぱなしにしました。

条件は

・居住面積約66平米
・家じゅうを温める為に各部屋のドア(トイレも含む)は開けっ放し
・暖房設定温度は20℃

です。

一日中どこにいても気温が同じというのは本当に快適です。

朝起きる時も気合入れる必要はないですし、トイレやお風呂に行くときも寒さを我慢する必要がありません。

今日11月17日~12月15日の電気使用量のお知らせがきましたが、

使用量 208kWh
電気代 5,446円

去年も一昨年もこの時期は旅行していて自宅にいなかったので比較できませんが、例えば今年一月の光熱費は

電気代 7,531円
ガス代 11,282円

一方今月は

電気代 5,446円
ガス代 2,115円

びっくりするほど光熱費が安くなっています。

そもそも1月はほとんどエアコンは使っていなかったですが、家じゅうの照明をLEDに替えた効果でしょうか?

いずれにしろ、24時間エアコンつけっ放しは、冬でも節電に十分効果的です!


1万円のふるさと納税で1000ポイントGET

今年も終わりに近づき、1年間の所得や控除を改めて計算してみると、あと10,000円くらいはふるさと納税できそうなので、

「何にしようかなぁ…」

とネット上をウロウロしていました。

これまではいつも、こちらのサイト
↓ ↓
https://www.furusato-tax.jp/

でふるさと納税していたのですが、

楽天にもふるさと納税サイトがあるのを発見!

http://event.rakuten.co.jp/furusato/

それもポイント10倍の自治体も結構たくさんあります。
一番人気の
宮崎県川南町の参協味蕾満喫セット
161220

(楽天ふるさと納税サイトより)

12月22日午前1時59分までに申し込めば、ポイント10倍です。

但し、商品発送は来年の6月になるとのこと。

おひとりさまの私はこんなにたくさんお肉もらっても仕方ないし、来年の6月はどこかに旅行しているかもしれないので、同じくポイント10倍の

和歌山県有田市の国産うなぎ蒲焼3種セット

を申し込んだところ、1000ポイントいただきました。


今年買ったもの-その3

たぶん15年以上は使っているであろう扇風機

夏はもちろんのこと、冬もサーキュレーター代わりに酷使していたので、3年くらい前からあちこちがポロポロと壊れてきながらも、ガムテープで留めたりして、だましだまし使ってきましたがもう限界。

ということで、新しく買うことにしました。

まずは電気店のチラシなどで最近の傾向を調査。

従来通りの低価格路線のものだと5000円以内で買えそうです。

その上の価格帯だと、DCモーターというものを使っていて、電気代が安いそうで、これだと8000円~12000円くらい。

 

ここで、今まで使っていた扇風機で不便だったところを考えてみると...

掃除が大変!

カバーを外して羽を一枚ずつ拭いていくのが意外と面倒くさいのです。

そこで羽根のない扇風機として話題になったダイソンの扇風機を調べてみました。

すると、PM2.5どころか、PM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去してくれる空気清浄機能がついた扇風機があることがわかりました。

空気清浄器は前から欲しいと思っていたのですが、何しろ「物が増える」のがイヤな私。

でも1台に2機能あれば、それに越したことはありません。

ダイソン公式オンラインストアでの価格は

64,800円(税抜)

高い!!

しかしダイソンのホームページを見ると、公式オンラインストアとともに、ダイソン公式アウトレットストアというのもあります。

そちらにアクセスしてみると型落ち商品が

49,800円(税抜)

と、15,000円も安く販売されています。

アウトレット商品と新商品の違いを調べてみると、空気清浄などの性能自体は一緒だけれど、自動で空気の状態をモニターして清浄してくれたり、スマホで空気の状態をモニターできたりするそうです。

「そんな機能いらんやろ」

と言う天の声も聞こえますが、ロボットとかIoTとかが大好きな私。

「でもねぇ…。64,800円はやっぱり高いよねぇ」

ということで、カカクドットコムで最安値を調査。

すると、

44,500円(税抜)

と、アウトレットストアの型落ち商品より安く売られているのを発見!!

ということで、やっと購入。

外の空気の状態と家の中の空気の状態を教えてくれる、こんなスマホ画面を眺めて毎日ニコニコしています。

161201