「 売買 」一覧

国債売却

個人向け国債(変動10年)は、

・半年毎に金利が見直される

・最低金利0.05%を保証

・1年経過するといつでも換金できる

というメリットがあります。

しかし、このところ金利はずっと0.05%ですし、中途換金すると直前2回分の利子相当額がマイナスされます。

 

ではなぜ個人向け国債を購入するかというと、金融機関独自に行っている購入時のキャンペーンで現金をいただけるのが魅力だからです。

私が個人向け国債を購入した時は、500万円分購入すると20,000円、1000万円購入すると50,000円の現金プレゼントをもらえました。

(現在は500万円で15,000円、1000万円で40,000円が主流のようです)

 

このブログで何度も登場した新人証券マン君(詳しくはついに新人証券マン君に陥落をご参照ください)が、新規公開株を紹介してくれて、公開と同時に売却したら20万円弱の利益をもたらしてくれたり、フランス料理のフルコースランチ付きセミナーに招待してくれたので、お付き合いという意味でも国債を購入しました。

ところが先日、この新人証券マン君(もう新人じゃないけど)が転勤することになり、新たな担当者を紹介されました。

この新担当者からも何度か電話をもらって商品を紹介されたのですが、どれも魅力的とは思えなかったので、お断りしたら

「手数料が安くなるダイレクトコースに変更されてはいかがですか?」

と、提案されました。

ありとあらゆる提案を断っているので、「担当を外れたい」という営業マンの意向はよく理解できます。

私にとっても義理で購入していた国債を解約できるので渡りに船です。

というわけで、国債を中途換金しましたが、その資金をどうするか現在検討中です。

アセットアロケーションの中で「日本債券」というのは、株式やリートなどが値下がりした時のリバランスのための購入資金ですから、換金にあまりに時間がかかってはいけません。

今のところ、楽天銀行の普通預金(マネーブリッジ設定)が金利0.1%で、一番換金しやすいのですが、ひとつの金融機関に1000万円以上は預けたくないので、残りは住信SBIネット銀行の円定期預金特別金利キャンペーンの6か月もの金利0.2%に預けようかと検討中です。

 

 


繰上償還されたNISA口座のファンドの結果は……

繰上償還なんて寝耳に水だぁ~という記事で書いたように、

NISA初年度に購入した

資源国ソブリンオープン(愛称:資源のめぐみ)

というファンドが繰上償還されました。

2014年3月13日に
単価 8,252円
50万円分購入しました。

 

ありがたいことに、NISA口座キャンペーンで最大3.78%もの申込手数料は無料でした。

毎月分配型のファンドでしたが、分配金は再投資するように設定しました。しかしNISAの枠がなく(他の投信も50万円分購入していたため)、

初年度の分配金

3,662円×8ヶ月=29,296

は毎月現金で振り込まれました。

 

2017年3月にはリバランスのため

単価 7,017円

で、25万円分解約しました。

 

そして2018年5月31日に繰上償還

単価 6,031円

で、282,322円戻ってきました。

結局
29,296円+250,000円+282,322円=561,518

50万円を約4年間運用し、利益は61,518

 

もしNISA口座ではなかったら、単純計算すると

 

申込手数料500,000円×3,78%=18,900
運用益の課税 61,518円×20.315%≒12,500

 

利益は半減していたことになります。

手数料って、なんてでかいのか!!

そして、NISA口座ありがたい!


繰上償還なんて寝耳に水だぁ~

保有している投資信託が繰上償還される旨マネックス証券からメールが来ました。

申込時は無期限だったのにぃ!

投資の勉強を始める前、NISA初年度に購入した「資源国ソブリンオープン(愛称:資源のめぐみ」というファンドです。

 

・1.43%という高い信託報酬

・毎月分配

・最大3.78%もの申込手数料

 

と、インデックスファンド信望者であれば、決して購入してはいけない投資信託です。

 

2014年3月に50万円分購入して分配金としてもらったのは

29,296

2017年3月にリバランスのために

250,000円分売却しました。

そして2018年3月20日現在の評価額は

281,694

 

ですから500,000円投資して、現評価額で合計560,990円

信託財産留保額は0.25%ということですから、現保有に対しては約700円

700円払っても早めに売却した方がいいのか?

それとも償還日の2018年5月31日まで待った方がいいのか、迷うところです。


相場が大きく下がったときにやったこと

このところ、上がったり下がったりと相場の変動が激しく、不謹慎ではありますが、こんな相場はワクワクしてしまいます。

2018年2月5日は日経平均が1000円以上下がりましたが、翌日に思ったことは、

買いだ!買いだ!買いだぁ!!

もうホント単純でポンコツで情けない。

5年前の自分だったら有り金はたいて前から欲しかった銘柄の株を購入して、翌日には

「売りか? 買いか?」

と悩んでいたに違いありません。

しかしふと我に返り、

「もうそんなジェットコースター売買は辞めようと思って、インデックス投資に移行ししたんじゃないか」

ということを思い出し、今年のNISA分を10万円分買い付けただけにとどめました。


好相場の恩恵を逃しているポンコツっぷり

日経平均が連日続伸し、「26年ぶりの高値」などというニュースが伝えられる中、その恩恵を殆ど受けていません。

 

なぜなら、

・ニッセイ外国株式インデックス

・iFree外国REIT

・たわらノーロード日経225

・上場TPX

・MXS400

合計約2000万円分を10月に売却してしまったためです。


別に今後の相場を読んで売却したわけではありません…(なぜなら私は相場が読めないから)。

まだ投資の勉強を始める前は、年間で1000万円以上の利益を出したかと思おうと、何百万もの損失を出すというような、ジェットコースター取引をしていました。

で、3年前に出した約300万円の損失を今年中に相殺しないと、税金還付の恩恵を得られないのです。

300万円の売却益に対する税金は

3,000,000×20.315%=609,450

この還付を逃すわけにはいきません。

そこで約300万円分の利益を出している銘柄を売却して、すぐに買い戻そうと思ったのです。

しかし。。。。。。

売却はすぐにできましたが、約2000万円分購入しようとした段階で、急にびびってしまいました。

明日にでも有事が発生して相場が暴落したら。。。

そんなわけで、今はその2000万円の大半が普通預金に眠っており、ほぼその恩恵を受けていません(泣)