「 売買 」一覧

終活のための資産売却~アメリカ株

投信ブロガーが選ぶ!Fund of theYearで、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT) は2009年から6年連続でトップ10入りし、2012年と2013年は1位、2014年は2位でした。

また、その当時マネックス証券が米国株に力を入れ始め、手数料が大幅値下がりしたこともあり、2014年に米国株式のマイブームが発生しました。

しかし、その後日本国内で販売されるインデックス投資信託の手数料値下げ合戦が起き、

日本円で米国ドルを購入

米国株を購入

ある程度配当金が貯まると、再度米国株を購入

という手間が面倒になり、ほぼ放置状態

ポンコツ投資で40万円以上の損失という記事で書いたように、売却損が出たために

「利益が出ている銘柄の処分チャンス!」

と、米国株を全て処分しました。

売買損益を単純比較すると

24,463.72ドル-20,143.35ドル=4,320.37ドル

ですが、その間配当金が出ていたり、手数料や税金を支払ったりしています。

米国口座には最初に

2,020,057円

入金し、売却まで一切出金していませんが出金額が

2,793,918円

だったので、利益合計は

773,861円

でした。

またこの売却により、15,060円の特定口座内税還付をいただきました。


終活のための資産売却~FX

雑食投資家だったために資産があちこちに散らばっていましたが、2014年9月からインデックス投資に徐々に変換して、ある程度まとまってきました。

しかし、 月例資産棚卸~資産の終活という記事で書いたように、 終活の一環としてもう少し資産を整理したいと思い、いくつか売却したので、備忘録として書いておきます。

2008年のリーマンショック直前に始めたFX。

結局2014年にそのほとんどを処分したのですが、まだニュージーランドドルが少し残っていました。

↓ ↓詳しくはコチラの記事
撤退したFXは500万円強の利益だと判明

株や投資信託は源泉徴収有りの特定口座で運用していれば、売買の都度に証券会社の方で税金の計算をしてくれますが、FXは年間の利益が20万円を超えると、自分で確定申告をして税金を払わなければいけません。

さらにその利益は、住民税にも大きく影響します。

そのため長い間ほったらかしになっていたのですが、面倒だからといつまでもほったらかしにすることもできず、少しずつ処分していくことに決めました。

2008年10月3日  69.54で10,000ドル分購入
2019年12月17日 72.27で10,000ドル分売却

為替差益 27,300円
スワップ益 210,097円

手数料を除くと236,857円の利益で、その大半がスワップ益という外貨預金で言う利息のようなものでした。

保有している70,000ドル中10,000ドル分しか売却しなかったのは、住民税が一度に上がるのがイヤだったからです。


脳内アラームが鳴ったので売却

NYダウ連日高値更新とか、日経平均年初来高値などという言葉を聞くと、脳内アラームが鳴り出します。

インデックス投資を始めるまでは、こんな時にどの銘柄をどの程度売るかで悩んでいたのですが、インデックス投資に移行してからは、とにかく自分で決めているアセットアロケーションからはみ出た分を売却すればよいので、悩む必要がなくなりました。

ということで、2016年にNISA口座で購入したニッセイTOPIXインデックスを全部売却。

購入単価 8,081円 

数量 372,080口

投資金額 300,699円

売却単価 11,496円

売却合計金額 427,732円

NISA口座なので利益に税金はかからず、手数料も必要ないので、

利益 127,033円

利益率 42.24%

4年弱の保有だったので、年利10%以上でした。


6年間保有株を3ヶ月がかりで売却

銘柄は

JMS

使い捨て医療器具の大手で東証1部上場です。

購入したのは、インデックス投資を始める前の2013年ですから、6年間保有したことになります。

購入単価は

688円

黒→あたりの乱高下している頃に購入しました。

購入後一時的に900円超えたのですが、その後すぐに下がったので、売り損ねてしまいました。

しかし、年間配当金が税抜きでも

12,750円

あったので、買値に対して

1.85%

の利息がもらえると考えると、そのまま保有していてもいいかなと思って、ズルズルと持ち続けていました。

今年に入ってジリジリとあがり始めたので、黒→あたりのところで、692円で指値したら、200株のみ売却されました。

そして先日残りの800株を2019年7月8日に

732円

で売却。

結局、手数料や税金を勘案すると

投資額 688,472円

受取配当合計 80,502円

売却額 731,921円

利益額 123,951円

投資額に対する6年間の利益は約18%

年率約3%

というごく平均的な成績でした。


損得抜きの投資

投資の一番の目的は「資産を増やしたい」というのが勿論ですが、「応援したい」という側面も持っていると思います。

そんな投資にぴったりなミュージックセキュリティーズ株式会社という会社があります。

この会社はもともとは、その名前の通り、アーティスト発掘のための会社でしたが、2007年からマイクロ投資(少額投資)のプラットフォームを設立しました。

応援したいと思う事業への出資者を一般から幅広く集めるというもので、1口1万円程度から出資できます。

ガイヤの夜明けなどでも紹介されましたから、ご存知の方もいらっしゃると思います。

2013年に初めてカンボジアのマイクロファイナンスに、出資しました。

マイクロファイナンスとは、とっても小さな事業に融資することで、漁業を営むためにボートの購入費用を借り入れたり、バイクタクシーをするためのバイク購入費用を借り入れたりして、経済的自立のために個人事業を営むことを手助けします。

融資するとメールで月次報告が送られてきて、どのような人たちが借り入れて事業を営んでいるかを知ることができ楽しみです。

そんな投資は損得勘定は抜きという気になり、配当や分配金などは期待していませんでしたが、結果的に

1口30,000円当たり
2013年度=1,086円
2014年度=3,042円
2015年度=33,352円
合計=37,480円
償還率=124.9%

という、びっくりするような償還率となりました。

その後中々貧困削減ファンドの募集が無かったのですが、このたびミャンマーの貧困削減ファンド募集があったので、早速応募しました。

LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1

投資ですから、もちろん100%安全というわけではありません。

以前東京裁判所から手紙がという記事で書いたように、全く0になることもありますが、このマイクロファイナンスは損得抜きで応援していきたいと思っています。