「 売買 」一覧

損得抜きの投資

投資の一番の目的は「資産を増やしたい」というのが勿論ですが、「応援したい」という側面も持っていると思います。

そんな投資にぴったりなミュージックセキュリティーズ株式会社という会社があります。

この会社はもともとは、その名前の通り、アーティスト発掘のための会社でしたが、2007年からマイクロ投資(少額投資)のプラットフォームを設立しました。

応援したいと思う事業への出資者を一般から幅広く集めるというもので、1口1万円程度から出資できます。

ガイヤの夜明けなどでも紹介されましたから、ご存知の方もいらっしゃると思います。

2013年に初めてカンボジアのマイクロファイナンスに、出資しました。

マイクロファイナンスとは、とっても小さな事業に融資することで、漁業を営むためにボートの購入費用を借り入れたり、バイクタクシーをするためのバイク購入費用を借り入れたりして、経済的自立のために個人事業を営むことを手助けします。

融資するとメールで月次報告が送られてきて、どのような人たちが借り入れて事業を営んでいるかを知ることができ楽しみです。

そんな投資は損得勘定は抜きという気になり、配当や分配金などは期待していませんでしたが、結果的に

1口30,000円当たり
2013年度=1,086円
2014年度=3,042円
2015年度=33,352円
合計=37,480円
償還率=124.9%

という、びっくりするような償還率となりました。

その後中々貧困削減ファンドの募集が無かったのですが、このたびミャンマーの貧困削減ファンド募集があったので、早速応募しました。

LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1

投資ですから、もちろん100%安全というわけではありません。

以前東京裁判所から手紙がという記事で書いたように、全く0になることもありますが、このマイクロファイナンスは損得抜きで応援していきたいと思っています。


久しぶりのリバランス

目標のアセットアロケーション

日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

に対して、実際のアセットアロケーションは

な感じで、目標アセットアロケーションから少し乖離していましたが、

日本債券-大半が銀行預金-が多め
リスク資産-大半が投資信託-が少なめ

というディフェンシブな方に片寄っていたので、そのまま放っておきました。

しかし、今年の贈与分約220万円を日本債券から支出すると、このところの市場持ち直しも手伝い、実際のアセットアロケーションはこんな感じになってしまいます。

目標の日本債券 

37%

に対して、実際は

36.36%

ほんの少しですが、日本債券の割合が目標から欠けてしまったので、利益が出ているNISA口座のリート部分と新興国株式部分の資産を売却しました。

SMT グローバルリートインデックス
購入単価(2015年2月) 13,868円
売却短期(2019年2月) 17,095円

SMT新興国株式インデックス
購入単価(2015~16年) 21,867円
売却単価(2019年2月) 26,715円

でした。 


大きく下がった時に買ったETF

昨年末市場が乱高下しているときに購入した

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)

より配当金をいただきました。

S&P500

とは米国大企業500銘柄を対象とした株式指数で、米国株式全体に連動するインデックスファンドです。

ニュースではよく

NYダウ

が取り上げられますが、こちらを構成しているのは米国を代表する30銘柄です。

現在私の保有商品は、ほぼ分配金を出さない投資信託が主なので、配当金が振り込まれていると

「おお!」

と思います。

この商品の値動きはこんな感じ

2018年12月25日に

2,825円

で購入し、2019年2月26日現在

3,330円

こんなにうまくはまること(底で買える)なんて、めったにないのですが……。

やはり相場が大きく下がったときは、自分が設定したアセットアロケーションを大きく崩さない範囲で、買っておくべきですね!


塩漬け株の利用法

塩漬け株とは、購入後に値下がりして売るに売られず、長年保有している株のことですが、塩漬け電力株を後生大事に持っているわけという記事で、東京電力の株を保有していると書きました。

また
塩漬け株を手放すタイミング-東電株売却
という記事で、損失の出ている東電株を一部売却し、

28,386円

税金が還付された旨書きました。

マネックス証券口座を確認してみたら、年末にさらに

23,791円

税金が還付されていました。

11月に還付されたのは、それ以前に売却した

売却益

に対して徴収されていた税金の還付。

そして年末に還付されていたのは、保有している株や投資信託の1年間の

配当金

に対して徴収されていた税金の還付。

東京電力500株を650円で売却し、

合計52,177円

の税金還付を受けました。

まぁ、それだけ売却損が出ていたってことですけどね。

ちなみに本日(2019年1月9日)の東京電力の終値は

725円

本日売却してたら、650円で売却した時に比べて

37,500円

多く利益が出ていたことになりますが、そうすると昨年受けた

52,177円

の税金還付は受けられないことになりますから、まぁ良しとしましょう。


乱高下の時はやっぱりETFかな?

NYダウが12/19~24の4営業日で1,883.44も下がったかと思うと、12/26~27の2日間で1,346.62も上がるという乱高下。

日経平均も12/25には1,010.45下がり、12/26~27で921.88戻すという荒い展開。

毎日

ニッセイTOPIXインデックスファンド
ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイグローバルリートインデックス

を積み立てているとはいえ、こんな値動きの時は心が揺らぎます。

ということで、東京証券取引所一部に上場している全銘柄の合計時価総額に連動している

上場インデックスファンドTOPIX

アメリカ合衆国の証券取引所に上場されている代表的な500銘柄の株価指数に連動する

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)

を12月25日に買いました。

投資信託の場合、

「買おう!」

と決めても、実際に約定するまでに結構な時差があります。

特に投資対象が海外の投資信託銘柄は、注文日の翌営業日の基準価額での約定となるため、株価が乱高下している場合タイミングをとるのが難しいです。

しかし投資信託を上場させているETFの場合、

「買いたい」

と思ったその時の価格で約定されます。

そんなわけで、アセットアロケーションの中で割合が下がっている「国内株式」と「先進国株式」を、大きく下がった12月25日にETFという方法で購入しました。

以前だったら

大きく下がった時に思いっきりつぎ込んで、翌日上がれば全部売却。翌日上がらずにダラダラと下がり続けたら、上がるまでひたすら待つ。

という投資方法でしたが、

アセットアロケーション

というキーワードを知った今は、現在のアセットアロケーションを目標のアセットアロケーションに是正する範囲で売買します。