「 アセットアロケーション 」一覧

月例資産棚卸~順調に資産が減っている?

このところ公私ともに忙しく、とりあえず自分用の覚書として2017年3月17日現在の資産棚卸です。

(資産管理ツールのマネーフォワードを使って算出しています)

前月比-2,238,922
-2.61%

実際にはこの期間に2,210,000円の贈与を行っていますから、相場による変動は28,922円(-0.03%)ですから誤差の範囲内だと思います。


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

今年の贈与はリバランスを兼ねて、以下のファンドを一部解約しました。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
SMT 新興国株式インデックス・オープン
iFree 外国REITインデックス
資源国ソブリンオープン
HSBC ブラジル債券オープン(毎月決算型)

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

↓  ↓


保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF


月例資産棚卸

2017年2月17日現在の資産棚卸です。


(資産管理ツールのマネーフォワードを使って算出しています)

前月比+976,640円
+1.14%

しかし今月の資産には、夏の1か月旅行の4人分の航空運賃
581,400円
も含んでいます。
↓ ↓(詳細はこちらの記事)
今年のロングステイは格安になりそう

 

4人で旅行する予定ですが、

「航空券一緒に取っといて~」

と頼まれることが多く、私のクレジットカードで4人分支払って、後日現金で清算します。

その現金を、クレジットカード引落用の銀行口座に入金しているのです。

Money Forwardでは、資産内訳の負債の欄に

クレジットカード利用残高

という名目で負債総額がのっていますが、

「資産総額」には、きっとこの負債総額は差し引かれてないでしょうね?

これを換算すると、

前月比+385,240円
+0.46%

 


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

目標のアセットアロケーションからは少し離れてきましたが、来月220万円の贈与をする予定ですので、その際にリバランスを兼ねて売却するつもりです。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

↓  ↓

リターンが減ってリスクが増えています(>_<)

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF


アセットアロケーションに含める資産と含めない資産

基本的に毎月17日に「資産棚卸」と称して、総資産とアセットアロケーションを把握するようにしています。

その際に、

・日本債券 35%
・先進国 30%
・日本株式 15%
・リート 10%
・新興国+その他 10%

と資産配分目標を決めている資産と、そうではない資産があります。

何を含めて何を含めていないかですが、私の基準は、リバランスできるかどうかです。

 

生活防衛資金-1年分の生活費を元に考えているのでリバランス対象とならない

積立型保険-資産配分が崩れたという理由では売買しないのでリバランス対象とならない

小規模共済積立-仕事を辞めるまで解約しないのでリバランス対象とならない

 

ということで、これらは資産配分目標を決めている資産には入れていません。

一方、10年物個人国債は、購入後一年経過すると、過去2回分の利息を支払えば解約可能なので、資産配分目標内の資産に含めています。

資産配分目標を決めているのは、
「いざ、リバランス!!」
となった時に、自由に売買して、目標に近づけるためですから。

では、総資産内でのアセットアロケーションはどのように決めているかと言うと、ほとんど何も決めていません。
唯一心がけているのは

国内債券+生活防衛資金が総資産の50%程度

ということだけです。


月例資産棚卸-無事総資産額を把握

年明け早々
総資産が把握できず途方に暮れる新年
という記事で、リニューアルしたマネックス証券にマネーフォーワードが未対応と書きましたが、現時点では「先物オプション」を持っていない限り提携再開ということで、無事に総資産を把握することができました。

2017年1月17日現在の資産棚卸です。


(資産管理ツールのマネーフォワードを使って算出しています)

前月比
-91,588円
-0.11%

まぁ誤差の範囲でしょうか......。


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

です。

先月、日本株式と先進国株式を売却するというリバランスをし、さらには少し残っている個別株の指値をしておいたら、それが引っ掛かって売却されたため(これに関する記事は後日書く予定)、日本株式の割合が少し下がりました。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

161218

↓  ↓

リターンは変わりませんが、日本債券の割合が増えたせいか、リスクが少し減っています。

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF


月例資産棚卸-500万円以上増えて考えること

2016年12月17日現在の資産棚卸です。

161218sosisan
(資産管理ツールのマネーフォワードを使って算出しています)

前月比
+3,870,050円
+4.73%

387万円増えていますが、原因は言うまでもなくトランプ相場です。
161218graph
(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

です。

先日日本株式と先進国株式を売却するというリバランスしましたが、かなりざっくりとしたものだったので、少々リバランスしすぎた感もあります。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。
161218total
161118-4

↓  ↓

161218

リターンもリスクも少しずつ増えています。

先月は140万円以上増えているので、

2か月で527万円

増えていますが、それよりも注目したいのは、このリスクとリターンを算出してくれるmyINDEX 資産配分ツール

で教えてくれるリーマンショック級の暴落が来たとき、この資産配分ではどの程度資産が減るかです。

上記アセットアロケーションでは、

-21.9%

単純計算だと、

85,606,167円×21.9%=18,747,750円

1,900万円近く資産が減ることになります。

相場の調子がいいときこそ、自分がそのようなリスクに耐えられるか、改めて考えるべきだと思います。

と、偉そうなことを言いながらも

「それくらい、なんとかなるんじゃない?」

と、あくまでもノーテンキな私です。

リバランスして売却したのは、

・JPX日経インデックス400(ETF)

・SMT GREITインデックス

・SMT グローバル株式インデックス

・eMAXIS 先進国リート

 

購入したのは

・MAXIS JPX日経インデックス400(ETF)

・たわらノーロード 日経225

・iFree 外国リート

 

日本債券は、まだ何を買うか迷っているので、証券会社のMRFに入ったままです。

 

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
SMT JPX日経インデックス400
ニッセイTOPIXインデックス(NISAと特定口座)
NEXT FUNDS JPX日経400(ETF)
上場インデックスファンドTOPIX
SMT TOPIXインデックス
たわらノーロード 日経225

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS 新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree 外国REITインデックス
eMAXIS 新興国リート
SMT 新興国リート(NISAと特定口座)
SMT グローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF