「 アセットアロケーション 」一覧

月例資産棚卸~毎日積立を再開

2020年4月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+3,017,225円(4.03%)

日経平均はこの1ヶ月で16ポイント、NYダウは14.15ポイント上昇している割には、日本債券の割合が高いからか、あまり増えていない……。

目標のアセットアロケーション(2020年1月1日のアセットアロケーション)

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

2020年4月17日のアセットアロケーションは以下の通り

先月は相場の乱高下に伴い、リアルタイムでの売買が可能なETF

・日本株式(上場TPX)を300口
・先進国株式(上場インデックスファンド米国株式)を400口

購入しました。

まだまだ二番底がくるだろうし、株式は長期間低迷するだろうとは思うのですが、目標のアセットアロケーションへのリバランスの目的で、低コスト投資信託

・eMAXIS slim 新興国株式
・ニッセイグローバルリートインデックス

NISAでの積立を始めました。

こちら、もう少し詳しいアセットアロケーション

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

2020年3月の実績データが入ったためか、リスクが急に上がっています。

保有しているファンドは以下の通り


【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス

【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX
・上場TOPIX(ETF)

【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式
・たわらノーロード新興国株式
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO
・eMAXIS slim 新興国株式

【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス
・SMT新興国リート

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


月例資産棚卸~1200万円以上も減少!!

2020年3月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比-12,028,913円(-13.83%)

1ヶ月で1200万円以上も減ってる!!!

日経平均はこの1ヶ月で-26.65ポイント、NYダウはー27.51ポイントの下落。

しかしこの1ヶ月で220万円を贈与しているので(贈与の詳細はこちら)

資産運用による減少は-11.3%

1200万円以上も資産減少した気持ちは……。

「下がっても、いつか上がるんじゃない?」

といった程度。

目標のアセットアロケーション(2020年1月1日のアセットアロケーション)は以下の通り。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

2020年3月17日のアセットアロケーションは以下の通り

先日の記事で書いたように、

日本株式(上場TPX)を300口
先進国株式(上場インデックスファンド米国株式)を300口

130万円分以上買い増したのですが、まだまだ目標のアセットアロケーションからは乖離しています。

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

日本債券の割合が増えているので、リターンもリスクも大幅に減少し、シャープレシオはほとんど変わっていません。

果たして来月はどうなっているか楽しみです。

保有しているファンドは以下の通り
【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス

【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)

【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


月例資産棚卸~この後大幅に減るのですが……

コロナウィルス騒ぎで市場は急落しており、資産管理をしているマネーフォーワードでは、本日(2020年2月27日現在)総資産額が前日比370万以上減っていると表示されているのですが、20日間ほどタイに行っていたためアップできていなかった月例資産棚卸を粛々と行います。

2020年2月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+105,137円(+0.12%)

日経平均はこの1ヶ月で-3.53ポイント、NYダウはー0.17ポイントの下落。

日本株式は全体の1割しかないためか、あまり影響は受けませんでした。

(この後、日経平均やNYダウの影響を大きく受けて下がっちゃうんですが……。

目標のアセットアロケーション(2020年1月1日のアセットアロケーション)は以下の通り。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

2020年2月17日のアセットアロケーションは以下の通り
(積み立てている個人年金や保険は、日本債券に含めています)

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

保有しているファンドは以下の通り

【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス


【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)


【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)


【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO


【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)


【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


月例資産棚卸~資産の終活?

2020年1月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+779,562円(+0.91%)


日経平均はこの1ヶ月で0.07%しか上がっていませんが、NYダウが史上最高値を更新し、この1か月でも3.82%上昇しました。

その割には資産額が上昇していませんが、やはり「史上最高値」などという言葉を聞くと、「売りたい!」という気持ちが強くなったのと、終活の一環として、もう少し資産を整理しようと、いくつかの銘柄を処分したためです。

また今までは保険や個人年金などのリバランスに向いていない資産はアセットアロケーションに含めていませんでしたが、ボチボチ満期になる保険も出てきて、出口戦略を考える年代になってきたので、全金融資産を対象にアセットアロケーションを考えていこうと思います。

そうなると、新たにアセットアロケーションを考える必要がありますが、現在の資産状況で別に不満も不安もないので、2020年1月1日現在の資産割合を目標のアセットアロケーションに設定して、今後リバランスしていこうと思います。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

かなり中途半端な割合です^-^;

実際のアセットアロケーションは以下の通り
(積み立てている個人年金や保険は、日本債券に含めています)

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

保有しているファンドは以下の通りで、かなり銘柄も整理できました。

【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス

【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)

【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


月例資産棚卸~少しずつリスク資産を売却

2019年12月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+608,560円(+0.71%)

日経平均がこの1ヶ月で3.14%、NYダウが1.19%上昇しており、「年初来最高値」とか「史上最高値」などという言葉が行き交うのに伴い、少しずつリスク資産を売却してリバランスしています。

目標のアセットアロケーションは以下の通りです。
日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

実際のアセットアロケーションは以下の通り。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

唯一の日本債券として5年以上保有していた「MHAM物価連動国債ファンド」を先日売却しました(後日記事にします)。

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス
たわらノーロードTOPIX-NISA
上場TOPIX(ETF)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
たわらノーロード先進国株式-NISA
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
iFree新興国株式
SMT新興国株式
たわらノーロード新興国株式-NISA
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)


【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)