「 雑感 」一覧

やっと相続放棄できた

相続放棄は意外と大変だ

という記事を書いたのは2016年3月。

叔父さんが2015年の暮れに亡くなって、

「どこから借金が出てくるかわからないから」

という理由で叔父さんの配偶者と子供達が相続放棄しました。

すると、次は叔父さんの兄弟姉妹が法定相続人になります。

しかし、法定相続人の一人である私の母は既に他界しているため、代襲相続ということで、私も法定相続人の一人となってしまったのです。

相続放棄というのは縁が遠くなるにつれ、用意しなければならない書類が増えます。

祖父母や母の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本やら、自分の戸籍謄本やらとやっと書類を準備して手続きに行ったところ、

「被相続人(亡くなった叔父さん)には前妻との間に子供がいるので、その人が相続放棄するまでは、あなたは法定相続人ではありません」

と家庭裁判所で告げられました。

「そう言えば叔父さん、前に結婚して子供がいたけど、まだその子がハイハイしている頃に別れたんだ!」

「もう50年近く経ってるから忘れてたわ!」

ということで、自分は法定相続人ではないと安心していたのですが、最近になって親族から

「○○君(前妻の子供)が相続放棄の手続きしたんだって!」

という話を聞きました。

そこで再度自分の戸籍謄本を取り寄せ(以前に取り寄せたものは期限切れになっていた)、相続放棄の申告をしました。

申告書を提出して1週間ほど経過すると、家庭裁判所から

「あなたは法定相続人になって3か月以上経過していますが、なぜ今になって申告するのですか?」

という趣旨の手紙が届きました。

そこでそれまでの経過を申立書に記載し送り返したところ、今度は家庭裁判所から電話が!

申立書の内容を詳しく聞かれました。

まぁ、真実をそのまま述べればよいので難しいことはないのですが、かなりメンドー!!

そんなこんなで、本日やっと、相続放棄申述受理通知書と言うものが届きました。

申告時に82円切手と10円切手を5枚ずつ添えるように言われたので、

「何にそんなに使うんだろう?」

と思っていたら、余った切手はきっちり返してくれました。

さすが裁判所、きっちりしてるわぁ。

今回新たにわかったこと。

相続放棄っていうのも、家庭裁判所では事件になるんですね!

ちゃんとどの書類にも事件番号第○○号って掲載されてます。

それと、家庭裁判所からくる郵便は封筒のどこにも「裁判所」という文字はなく、担当官の個人名で届きます。

このあたり、ちゃんと気配りされてるんですね!


「休むも相場」ってあり?

新年になって今年の運用方針を

「NISA枠120万円を使うには、毎月10万円ずつ、目標の資産配分にしたがってインデックスファンドを積み立てていこうかなぁ…」

などと考えていました。

しかし!

考えてみれば、そろそろ

毎年行なっている贈与の約220万円

をどこからかひねり出さなければいけません。

去年までは資産運用資金とは別枠にしていた安全資産から贈与していましたが、安全資産の割合を増やしていかなければならない熟年世代にとって、

「安全資産を減らすこれまでの方法はどうか?」

と考えその結果、

「次回からはこの220万円を使ってリバランスをしよう!」

と思い立ったのです。

将来年金生活に入った場合、年金で足りない分は自分の資産を処分しながら生活していくわけです。

コツコツ積立

コツコツ解約

に頭を転換させるにはいい機会です。

また、以前個別株をやっていた時は常に

「休むも相場」

とか

「売るべし、買うべし、休むべし」

という格言を頭に置いていました。

これらの格言の詳細は日本証券業協会の以下のサイトをご参照ください。

http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb15.html

インデックス投資だって

「休むも相場」

っていう時があってもいいでしょう?

そんなわけで、確定拠出年金以外のリスク資産への積み立てはしばらくお休みします。


総資産が把握できず途方に暮れる新年

年末年始は子供が2週間帰省していたり、入れ替わり立ち代わりで来客があったりと、通常の一人暮らしとは大きく異なる生活で何かとバタバタしていましたが、やっと日常の平穏な生活が戻ってきました。

新年になりマネックス証券がシステムを全面リニューアルしたのですが、資産管理で重宝しているMoney Forwardでマネックス証券の情報を取り込むことができなくなり、
「困ったもんだ」
なのです。

何しろ、ほぼすべてのリスク資産をマネックスに委ねているのですから。

Money ForwardのQ&Aには
170108
と掲載されているので、そのうち対応してくれると思うのですが……。


「お金持ち」の定義

7~8人で居酒屋で飲んでいるときに、

「お金持ちの定義って何だと思う?」

という話題になりました。

「自宅不動産以外の資産マイナス負債が1億円以上」

という意見にまとまりかけたところ、

「使っても減らないのがお金持ちじゃない?」

という意見が出ました。

そうなると保有資産というよりは、消費傾向のほうが大きく関係してきます。

この定義に当てはめると、物欲の低い人はお金持ちになるのはそう難しいことではないかもしれません。

ちなみに私のお金持ちの定義は

「毎晩の晩酌に発泡酒じゃなくビールを飲む人」
「ダブルのトイレットペーパーを使う人」

と発言して、皆の失笑をかってしまいました。


若手芸人さんて確定申告しないんだろうか?

今年就職した娘から

「年末調整の書き方教えて~」

と、電話がかかってきました。

記載するのは、相続対策でかけている保険だけなので、記載内容も簡単なものです。

新保険なので、控除金額は40,000円

「でもこうやって書いて提出しても、40,000円返ってくるわけじゃないんだよね?」

と言うので、

「こうやって書いただけで、4,000円返ってくると考えたら、得じゃない?」

と言うと、かなり納得していました。

旧保険の最大控除額は50,000円
新保険の最大控除額は40,000円

旧保険と新保険の両方を申告すると、最大控除額は40,000円になってしまいます。

両方の保険を掛けている人は、なるべく旧保険で申請しましょう!

ところで、若手芸人さんが

「出演料は5,000円。でも源泉徴収されて、手取りは4,500円でしたわ」

なんてテレビで言っているのを聞くことがあります。

その度に

「その源泉徴収された500円、確定申告したら、返ってくるかもしれないのに」

と思います。

他にアルバイトなどをしていて収入が多いなら別ですが、最低でも38万円の基礎控除はあるので、昨年の収入が30万円で3万円源泉徴収されていたら、確定申告するとその3万円は戻ってきます。
(違っていたら誰か訂正してください)

100万円の収入があって、10万円源泉徴収されていたら、舞台衣装や小物の購入は経費に認められますから、かなりの金額が戻ってきます。

源泉徴収はされているけれど、年末調整はされていない方は、確定申告することをお勧めします。

一度確定申告すると、どんな仕組みで税金が徴収されるかがよくわかります。