「 雑感 」一覧

フランス料理をいただきながら投資のお勉強-その2


フランス料理をいただきながら投資のお勉強
の続きです。

レストランにつくと、10人ちょっと入れるような個室に案内され、綺麗なお姉さんが私の席を指定してくれました。

ちょっと早めに着いたため一番乗り。

その後他の参加者(合計10人)も続々と集まり、

証券会社の支店長
ファンドの運用担当者
綺麗なお姉さん

の13人が揃ったところ、個室のドアが閉められます。

 

ファンド運用担当者より

「この地に出張したいと希望する部下が多かったので、顔で選んで連れてきました」

「××(ミスコン名)のファイナリストにもなった○○です」

と、軽いセクハラを交えた綺麗なお姉さんの紹介を含む挨拶から始まり、ファンドの説明に続きます。

「最新のAI技術を使い……」

「あらゆるビッグデータを分析し……」

「独自開発の計量モデルを用い……」

さらに、こんなグラフを指して、パフォーマンスがいかに優れているか力説。

参考指標はMSCIワールド・インデックスと比較したものです。

因みに、MSCIワールド・インデックスは日本を含む23の先進国の上場企業で構成されていますが、インデックス投資家に人気の

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

たわらノーロード 先進国株式

は、日本を除く22の先進国で構成される「MSCIコクサイ・インデックス」に連動する投資成果を目指しています。

このグラフを見て、

「フム、フム 中々のパフォーマンスね」

と感心するのはまだ早い!

ちゃんと投資の勉強を積み重ねてきた私は、そのグラフの周りの小さい字で書かれていることを見逃しません。

上記は、投資対象ファンドの過去の運用実績(費用控除前)であり、本ファンドの運用実績ではありません

と、小さい字ながら丁寧に赤字で書いてあります。

続けて、

上記データにおいては、本ファンドの信託報酬【年率1.323%(税込)】などの諸費用は考慮されておらず、また、米ドルベースのデータを用いて計算しているため、円ベース、円ヘッジベースのデータとは動きが異なります

とも書かれています。

運用担当者からはこのあたり、

「インデックスファンドでも1%程度の信託報酬なのに、この最新技術を駆使したファンドの信託報酬が1.323%と、我々の努力により、こんなに低く抑えることができました」

と、さらっと説明されました。

インデックス投資家の間では、これらのインデックスファンドは信託報酬0.2%台を競っていることはかなり話題になっていますが……。

さらに申し込み手数料も3.24%

ということは、

100万円を投資したとして単純計算すると、
申し込み時に32,400円
さらに信託報酬として13,230円

一年後にこのファンドのパフォーマンスが1%(10,000円)のプラスだったとしても

1,000,000+10,000円-32,400円-13,230円=964,430円

 

1,000,000円

964,430円

になってしまいます。

それに、今後上がるか下がるか全く見通しの立たない、為替リスクまで入ってくるのですから、怖いわぁ。

知らないとは言え、昔はよく何も考えずに、投資信託を買っていたものです。

中々フランス料理にありつくところまでいきませんが、長くなってきたので続きはまた次回。


フランス料理をいただきながら投資のお勉強

このブログで何度も紹介している新人証券マン君から久しぶりに

「AIを使用した画期的投資信託ができたんです!」

という電話がありました。

「基本的に、新しい投資信託は購入しないようにしてるんです」

「ある程度の実績を見てから購入するかどうか決めたいので」

と、丁重にお断りしたのですが、

「ぜひお話だけでも聞いていただきたいんです!」

という相変わらずの熱血ぶり。

AIには興味があるので、

「それではお話だけお聞きします」

と返答すると、

「会場は○○で、時間は11時半からです」

○○ってフランス料理のレストランじゃないか!

あちゃー!

前回、有名ホテルのお弁当付セミナー に参加した時も、何も購入していないのに。
↓ 詳しい記事はこちら
有名ホテルのお弁当付セミナー

今さら断ることもできずに、おずおずと参加してきましたが、突っ込みどころ満載でした。

詳細内容はまた次回


やっと相続放棄できた

相続放棄は意外と大変だ

という記事を書いたのは2016年3月。

叔父さんが2015年の暮れに亡くなって、

「どこから借金が出てくるかわからないから」

という理由で叔父さんの配偶者と子供達が相続放棄しました。

すると、次は叔父さんの兄弟姉妹が法定相続人になります。

しかし、法定相続人の一人である私の母は既に他界しているため、代襲相続ということで、私も法定相続人の一人となってしまったのです。

相続放棄というのは縁が遠くなるにつれ、用意しなければならない書類が増えます。

祖父母や母の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本やら、自分の戸籍謄本やらとやっと書類を準備して手続きに行ったところ、

「被相続人(亡くなった叔父さん)には前妻との間に子供がいるので、その人が相続放棄するまでは、あなたは法定相続人ではありません」

と家庭裁判所で告げられました。

「そう言えば叔父さん、前に結婚して子供がいたけど、まだその子がハイハイしている頃に別れたんだ!」

「もう50年近く経ってるから忘れてたわ!」

ということで、自分は法定相続人ではないと安心していたのですが、最近になって親族から

「○○君(前妻の子供)が相続放棄の手続きしたんだって!」

という話を聞きました。

そこで再度自分の戸籍謄本を取り寄せ(以前に取り寄せたものは期限切れになっていた)、相続放棄の申告をしました。

申告書を提出して1週間ほど経過すると、家庭裁判所から

「あなたは法定相続人になって3か月以上経過していますが、なぜ今になって申告するのですか?」

という趣旨の手紙が届きました。

そこでそれまでの経過を申立書に記載し送り返したところ、今度は家庭裁判所から電話が!

申立書の内容を詳しく聞かれました。

まぁ、真実をそのまま述べればよいので難しいことはないのですが、かなりメンドー!!

そんなこんなで、本日やっと、相続放棄申述受理通知書と言うものが届きました。

申告時に82円切手と10円切手を5枚ずつ添えるように言われたので、

「何にそんなに使うんだろう?」

と思っていたら、余った切手はきっちり返してくれました。

さすが裁判所、きっちりしてるわぁ。

今回新たにわかったこと。

相続放棄っていうのも、家庭裁判所では事件になるんですね!

ちゃんとどの書類にも事件番号第○○号って掲載されてます。

それと、家庭裁判所からくる郵便は封筒のどこにも「裁判所」という文字はなく、担当官の個人名で届きます。

このあたり、ちゃんと気配りされてるんですね!


「休むも相場」ってあり?

新年になって今年の運用方針を

「NISA枠120万円を使うには、毎月10万円ずつ、目標の資産配分にしたがってインデックスファンドを積み立てていこうかなぁ…」

などと考えていました。

しかし!

考えてみれば、そろそろ

毎年行なっている贈与の約220万円

をどこからかひねり出さなければいけません。

去年までは資産運用資金とは別枠にしていた安全資産から贈与していましたが、安全資産の割合を増やしていかなければならない熟年世代にとって、

「安全資産を減らすこれまでの方法はどうか?」

と考えその結果、

「次回からはこの220万円を使ってリバランスをしよう!」

と思い立ったのです。

将来年金生活に入った場合、年金で足りない分は自分の資産を処分しながら生活していくわけです。

コツコツ積立

コツコツ解約

に頭を転換させるにはいい機会です。

また、以前個別株をやっていた時は常に

「休むも相場」

とか

「売るべし、買うべし、休むべし」

という格言を頭に置いていました。

これらの格言の詳細は日本証券業協会の以下のサイトをご参照ください。

http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb15.html

インデックス投資だって

「休むも相場」

っていう時があってもいいでしょう?

そんなわけで、確定拠出年金以外のリスク資産への積み立てはしばらくお休みします。


総資産が把握できず途方に暮れる新年

年末年始は子供が2週間帰省していたり、入れ替わり立ち代わりで来客があったりと、通常の一人暮らしとは大きく異なる生活で何かとバタバタしていましたが、やっと日常の平穏な生活が戻ってきました。

新年になりマネックス証券がシステムを全面リニューアルしたのですが、資産管理で重宝しているMoney Forwardでマネックス証券の情報を取り込むことができなくなり、
「困ったもんだ」
なのです。

何しろ、ほぼすべてのリスク資産をマネックスに委ねているのですから。

Money ForwardのQ&Aには
170108
と掲載されているので、そのうち対応してくれると思うのですが……。