「 雑感 」一覧

マネックス証券からSBI証券に資金移動した4つの理由

約2000万円分の投資信託を解約したことは先日のブログで書きましたが、それを機会にメインの証券会社をマネックス証券からSBI証券に変更しました。

その理由は以下の4点です。

・ポイント
・毎日積立
・銀行との連携
・預り金の利息

ポイント

どちらの証券会社も、投資信託を保有しているだけでポイントがつき、そのポイントはnanacoポイントなどに交換できます。

年間のポイント付与率は
マネックス証券 0.08%
ですが、
SBI証券は 0.2%
(1000万円以上保有している場合)
になります。

さらにマネックス証券では

•「たわらノーロード」シリーズ
•<購入・換金手数料なし>シリーズ
•eMAXISシリーズ
•iFreeシリーズ

など、インデックス投資家御用達の投資信託にはポイントがつきませんが、SBI証券では0.05%分のポイントが付与されます。

私の場合これらの投資信託を2000万円分保有する予定ですから、
年間10,000円分のポイントがもらえることになります。

毎日積立

前回の記事で書いたように、一度に2000万円分の投資信託を売却後の一括購入にびびってしまいました。

一括購入してもそのまま保有していても同じことですし、「機会損失」になると頭の中ではわかっていても、資産運用の勉強をしてインデックス投資を始めて以来、投資に対して臆病になっています。

そこで時間的にも分散して投資しようと考えたのですが、なるべく時間を分散させるために、毎日積み立て投資したいのです。

マネックス証券は毎月の積み立て投資しかできませんが、SBI証券だと毎営業日で積み立て投資できます。

銀行との連携

証券会社の中には銀行と密接に連携しているところがあります。

大和証券-ダイワネクスト銀行
樂天証券-樂天銀行
SBI証券-住信SBIネット銀行

などです。

しかしマネックス証券にはこのように連携している銀行がありません。

預り金を自動的に銀行に資金移動してくれたり
一定の資金があれば振込手数料がいらなかったり
24時間のATM出金手数料が不要になったり

という特典がありません。

預り金の利息

マネックス証券の場合、待機資金はダイワMRFとして扱われます。

残念ながら現在ダイワMRFの利息は0%です。

対してSBI証券は前述の銀行との連携により、自動的にSBIハイブリッド預金となります。

こちらは現在利息が0.1%です。

2000万円であれば、年間20,000円の利息となります。

 


売買益でもふるさと納税

株や投資信託の売買益に対する税金の払い方は、

特定口座+源泉徴収アリ

にすると、証券会社が勝手に計算して納税してくれるので楽ですが、確定申告すると、

・複数の証券会社と取引がある場合、損益通算できる
・その年に損失が出た場合、3年間利益と相殺できる
・利益が出た場合、ふるさと納税できる

という特典があります。

また、自分が払っている税金の仕組みを知りたいという理由もあり、私は毎年、確定申告するようにしています。

給与収入に対する寄付金額の計算は

https://www.furusato-tax.jp/

などですぐにわかりますが、投資信託や株の売買によって利益が出た場合に計算するサイトを見つけたので紹介します。

http://kaikei7.com/blog-entry-2.html

但し、確定申告すると所得と見なされますので、自分が扶養家族だったり、国民健康保険に入っている場合は、特定口座+源泉徴収ありにして確定申告しない方がよいと思います。


信託期間が延長されることもあるのね。

現在唯一所有しているアクティブファンド

「DIAM アジア消費&インフラ関連株式ファンド」

 

このファンドは資産運用の勉強を始める前に単純に

「アジアのインフラ整備に投資したい」

という動機で、まだ「信託報酬」とか「申込手数料」とか「償還日」なんてことも全く考慮せずに選んだ投資信託です。

 

ですから、来年が償還日ということも知らなかったのですが、(本当にポンコツです)

・償還日:(変更前)2018年4月27日 ⇒ (変更後)2023年4月12日

と、信託期間が5年間延長されるそうです。

以前は信託期間が打ち切りになることもあったのですが、延長されることもあるんですね。

ちなみにこのファンド。

2014年の9月に20万円分購入したのですが、分配金再投資でやっと2017年10月20日現在で

225,769

アジアのインフラ整備は応援したいのですが、売却しようかどうか迷っています。


今さらながらチャレンジポイントを貯めようと思う

IPO(新規公開株)というのは、昔は証券会社の担当者がお得意様に

「いい話があるんですよ…」

と耳打ちする類のものだったように記憶しています。

それが一般的になったのはNTTが民営化され、政府保有株が最初に売り出しされた1987年。

185万株という大量放出でしたらから、それまでのように、こっそり耳打ちでというわけにはいかず、購入希望者は抽選になりました。

当選した投資家には
1,197,000円で売却され、初値は
1,600,000

その約2か月後には
3,180,000
という高値を付けました。

こんな大型IPOはめったにないのですが(最近で記憶に新しいのは昨年10月のJR九州)、小型株を含めると、毎月毎月たくさんの会社が上場しています。

因みに昨年(2016年)は94社が上場しています。

あちこちに資金を移動したりするのは面倒なので、これまではメインで使っているマネックス証券と国債購入で使っている大和証券だけでIPO申し込みをしていましたが、中々当選しません。

前回当選して購入までに至ったのは2014年のこの時
↓ ↓
IPO初当選!

マネックス証券の場合、誰も全く同条件での抽選ですが、SBI証券の場合、通常の当選枠とは別に、「IPOチャレンジポイント用の当選枠」があり、IPOに申し込んでハズレた場合に「1ポイント」を獲得できます。

そしてこの当選枠では、保有しているチャレンジポイントの多い順から当選します。

ですから、こまめにポイントを貯めておいて「ここぞ」という時にチャレンジポイントを使えばいいのです。

チャレンジポイントを使っても外れた場合には、ポイントは戻ってきます。

SBI証券はどうしても我慢できなかった 時に口座を作っていたので、後は資金移動するだけでチャレンジポイントを貯めることができたのに、なんとなく面倒でこれまでやっていませんでした。

相変わらずのポンコツですね~~!

今度から真面目に申し込んでチャレンジポイントを貯めようと思います。


利率約2%のソフトバンク社債は買いか?

いつもの新人証券マン君から電話があり、今回はソフトバンク社債を紹介されました。

期間は7年
利率は仮条件 税引前で1.75%~2.35%

「たぶん2%くらいで落ち着くのでは?」

という話です。

債券格付けは
日本の格付け会社JCRではA-予定。

2%という利率は、この低金利の世の中でかなり魅力的ですが……

2015年度の財務諸表で、
ソフトバンクは株主資本利率が27.84%とかなり高いです。
因みにNTTドコモは株主資本利益率7.44%です。

要するに借金でレバレッジをかけて高成長を遂げている会社ですから、金利上昇や景気悪化で業績悪化するリスクが大きい気がします。

さらに自分自身がソフトバンクから格安SIMに乗り換えて本当に良かったと思っているのですから、

↓ 詳細はこちら

今後どのように事業発展していくか未知数です。

これが期間1年だったら購入するかもしれませんが、シャープや東芝の現状を見ると、7年後に世の中がどうなっているか、さっぱり予測できません。

そんなこんなで、この商品の購入は断ろうと思います。