「 昭和型投資脱出 」一覧

旅のセキュリティ対策

前回の世界一周では何のセキュリティ対策もせずに、ヨーロッパ上陸翌日に財布をすられてしまうというポンコツぶりでした。

そこで今回はいくつかセキュリティ対策を立てたので紹介します。


※スマホ対策

まずは絶対壊したり無くしたりしたくないスマホ。

iPhoneにはストラップを付けられないので、ストラップを付けられてさらにワイヤレス充電もできるケースを購入しました。



背面強化ガラス採用で、

不意な落下も端末への衝撃は最小限

だそうです。

楽天で

1980円(税込)

でした。

ワンタッチでカラナビと伸び縮みする部分を外すことができます。

以前100均でカラナビを購入したらすぐに壊れてしまったので、今回はホームセンターで購入しました。

755円(税込)

でした。

こんな感じでウェストポーチにつなぎます。


※リュック対策

財布をすられたときは、鮮やかにリュックのファスナーを開けられていたので、リュックのファスナーを止めるU字ロックを購入しました。

鍵はすぐに無くしてしまいそうだったので、番号を合わせてあけるタイプのものです。

なるべく軽いものがいいのでアルミ製です。気休め程度という感じもしますが、

「盗まれないように気をつけてるんだからね!」

というアピールにはなるかな?と思います。

563円(税込)

でした。


※クレジットカード対策

クレジットカード用のスキミング防止カードケースを購入しました。

こちらも盗難防止という点では気休め程度ですが、ウェストポーチに強力な磁石がついているので、磁気データ破損防止も兼ねています。

できる限りクレジットカード決済したいので、旅の途中でクレジットカードが使えなくなると困るのです。

楽天で2枚セット

350円(税込)

でした。

高額札やパスポートやクレジットカードは上の写真のリュックやウェストポーチの身体側のファスナーに入れて、盗まれてもよい程度のチープな財布にコインや小額紙幣を入れるつもりです。


月例資産棚卸~減ってなかった!

2019年1月17日現在の資産棚卸です。

前月比-1,113,877円(-1.31%)

日経平均がこの1ヶ月で5.14%下落している割には減っていません。

また今回は通常の生活費以外に、

世界一周旅行費用 932,548円

ハワイタイムシェア管理費 191,674円

カード引き落としされていますので、資産運用では、ほぼプラスマイナス0でした。

このところ少し相場が回復してきて、急落した時に買ったETFや毎日積立などが功を奏しているようです。

目標のアセットアロケーションは以下の通りです。

日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

実際のアセットアロケーションは以下の通りです。

(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)


生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。


上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

   ↓  ↓

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス-積立中
たわらノーロードTOPIX-NISA
上場TOPIX(ETF)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス-積立中
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
たわらノーロード先進国株式-NISA
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
iFree新興国株式
SMT新興国株式
たわらノーロード新興国株式-NISA
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス-積立中
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)
たわらノーロード先進国リート-NISA

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


現地ツアーを予約

来月出発する世界一周第一弾アジア編ですが、

カンボジアに3泊

タイに8泊する予定です。

カンボジアで宿泊予定のゲストハウスからは、以下のような現地ツアーの料金表が送られてきました。

アンコールワット3大遺跡のツアーがトゥクトゥク貸し切りで15ドル~20ドルですから、かなりリーズナブルだと思うのですが、

「ツアーの説明は日本語で聞きたい」

ので、VELTRAから以下の3つの日本語ツアーを申し込みました。

【混載】アンコールワット3大遺跡1日観光ツアー プレループでの夕日鑑賞 アプサラダンスディナーショープラン選択可!<昼食/日本語ガイド/朝日鑑賞オプション有>

ベンメリア+トンレサップ湖クルーズ付き1日観光ツアー<昼食付/専用車プラン&お洒落なクメールレストランでのアプサラダンスディナーショー付きプランあり>

メークロン線路市場+ダムヌンサドゥアック水上マーケット観光ツアー <午前/指定ホテル送迎/日本語ガイド/ローカルタイラーメン付き>

3つのツアーの合計金額は

17,253円

でした。


本気でマイルを貯めてみる

昨年ファーストクラスで世界一周したときは、あまり

「マイルを貯める」

という意識がなく、JALカードを持っているにもかかわらず、航空券は楽天カードで購入するくらい、マイレージに対して鈍感でした。

しかし今年のように世界一周を3回に分けて、その間の帰国便をマイルを利用するとなると、

「本気でマイルを貯めよう!」

という気になってきました。

まずは

ショッピングマイル・プレミアム

に入会しました。

通常はJALカード利用で200円=1マイルですが、年会費3,240円を支払うと、こ100円=1マイル貯まります。

また、特約店で利用すると200円=2マイルのところ、100円=2マイル貯まります。

先日購入した世界一周航空券は

733,420円

でしたから、これだけで

14,668マイル

付与されました。

JALマイルを利用すると、国内線はどこでも15,000マイル以内で往復できます。

さらに世界一周のフライトで貯まるのが

60,000マイル

ほどになると思われます。

JALマイルで国際線を利用すると、

日本-ニューヨーク往復50,000マイル

日本-パリ往復52,000マイル

ですから、ビジネスクラスの世界一周航空券を購入するだけで、好きなところへの国内線1往復と国際線1往復しても、まだおつりが来るほどマイルが貯まることになります。

さらに、JALカードツアープレミアムにも入会してみました。

航空券を購入する場合、私はたいてい事前に予約して割引運賃になる

先得割引運賃

を利用します。

この場合、通常のフライトマイルの75%しか付与されませんが、ツアープレミアムに入会すると、年会費2,160円で100%付与されます。

なんか、完全に航空会社の思惑に取り込まれてるなぁ…

果たして合計年会費の5,250円分の恩恵が得られるでしょうか?


ハワイのタイムシェアを活用

これまでも何度か書きました、ハワイのヒルトンホテルのタイムシェアを持っています。

しかし、ハワイのヒルトンホテルに泊まることは少なく、利用権利をポイントに変換して世界各地のホテルに泊まっています。

私たちが持っているタイムシェアはヒルトンワイキキアンというホテルのペントハウスで1週間の宿泊権利が24000ポイントです。これまで

メキシコのカンクンに3週間で10500ポイント

ラスベガスに1週間で8000ポイント

ニュージーランドのクイーンズタウンに2週間で21918ポイント

メキシコのロスカボスに3週間で3840ポイント

など、ワイキキに1週間泊まる権利で、世界各地かなり長く泊まることができます。

どれも広々とした2LDKで、かなり使い勝手がいいです。

世界一周第3弾のアメリカ編に、このタイムシェアポイントを活用してニューオリンズのホテルを組み込みました。

1LDKですが、BOOKING.COMで調べると口コミが9.1/10、ロケーションも9.5/10とかなり良く、必要ポイントは1週間の滞在で3200ポイントでした。