あっという間に車を売却

2013年に新車で購入した車。

比較的生活の便がいいところに住んでいるので、乗るのは

  • 重たいモノを購入するとき
  • 雨の日に買い物に行くとき
  • お墓参りのとき
  • 近県に旅行するとき

くらいでした。

しかし長期間留守にして久しぶりに乗ろうとすると、バッテリーが上がってエンジンがかからず、バッテリーを交換しなければならなかったり、そろそろタイヤの交換も必要になるしと、だんだんメンテナンスにお金がかかるようになってきます。

高齢者の危険な運転のニュースで流れる度に、還暦を迎えて以来、

「何歳で運転をやめようか・・・」

と考え、とりあえずインターネットから中古車買取の一括見積もりに入力してみました。

すると送信ボタンを押したとたんに電話が鳴り止みません。

最初のG社は、車の詳細を聞いた後もなんやかやと電話を長引かせて、なかなか見積額を教えてくれません。

その間にも次々と電話がかかってきています。

15分ほど経過したところで、やっと

「他の会社からの電話をブロックするために、わざと電話を長引かせてるんだ」

ということに気づきました。

20分ほど経過した時点で

「40万というところですが、3月末までに売却していただければプラス10万~20万になります」

という具体的な金額を引き出しました。

40万円プラス10万~20万円

って、値幅が大きすぎるだろ!!

次に取った電話は、実車を見たいとのことで、18時に来られることになりました。

次の電話は

「実車を見たいのですぐに行きます」

それから30分も経たずにみえて、外装内装はもとより、ボンネットの中もしっかり確認して査定価格は60万円

結局の所、7年目のこの車の相場は60万円程度なのでしょう。

こちらから

「65万円だったら、今日売ってもいいですよ」

と提案すると、上司に確認して65万円。

但しクレーム安心保証代の1万円はここから差し引いて、振込金額は

64万円

ということで売却がきまり、18時に予約していた会社にはキャンセルの電話をし、あっという間に車は持ち去られました。

車がなくなって寂しかったり、

「今後交通事故の加害者になることはない」

という安心感だったりで複雑な心境です。

これまで使っていた車の年間維持費は

約35万円

内訳は

駐車場代12,000円×12ヶ月=144,000円

自動車税+保険+JAF 約100,000円

車検他メンテナンス 約100,000円

老後に向けての終活が一歩進みました。

子供たちの反応は

「まあまあいい値段じゃない?」

「今は車を所有する時代じゃないよ」

とのこと。

今の若者はクールですね。

因みにその車はすぐに

105万円

で売りに出されました。

クリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です