「 2019年03月 」一覧

月例資産棚卸~贈与で日本債券減少

2019年3月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比-949,311円(-1.12%)

日経平均はこの1ヶ月で2.63%上昇していますが、子供たち2人にそれぞれ約110万円ずつ贈与していますので、ほぼ市場の動きに連動しています。

目標のアセットアロケーションは以下の通りです。

日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

実際のアセットアロケーションは以下の通りです。

銀行預金から贈与したため日本債券が目標値を下回っています。もう少し乖離したらリスク資産を何か売却しようと思っています。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

   ↓  ↓

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド

【日本株式】
ニッセイTOPIXインデックス-積立中
たわらノーロードTOPIX-NISA
上場TOPIX(ETF)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス-積立中
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
たわらノーロード先進国株式-NISA
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
iFree新興国株式
SMT新興国株式
たわらノーロード新興国株式-NISA
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
ニッセイグローバルリートインデックス
iFree外国REITインデックス
SMT新興国リート
SMTグローバルリート
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)
たわらノーロード先進国リート-NISA

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


あっという間に車を売却

2013年に新車で購入した車。

比較的生活の便がいいところに住んでいるので、乗るのは

  • 重たいモノを購入するとき
  • 雨の日に買い物に行くとき
  • お墓参りのとき
  • 近県に旅行するとき

くらいでした。

しかし長期間留守にして久しぶりに乗ろうとすると、バッテリーが上がってエンジンがかからず、バッテリーを交換しなければならなかったり、そろそろタイヤの交換も必要になるしと、だんだんメンテナンスにお金がかかるようになってきます。

高齢者の危険な運転のニュースで流れる度に、還暦を迎えて以来、

「何歳で運転をやめようか・・・」

と考え、とりあえずインターネットから中古車買取の一括見積もりに入力してみました。

すると送信ボタンを押したとたんに電話が鳴り止みません。

最初のG社は、車の詳細を聞いた後もなんやかやと電話を長引かせて、なかなか見積額を教えてくれません。

その間にも次々と電話がかかってきています。

15分ほど経過したところで、やっと

「他の会社からの電話をブロックするために、わざと電話を長引かせてるんだ」

ということに気づきました。

20分ほど経過した時点で

「40万というところですが、3月末までに売却していただければプラス10万~20万になります」

という具体的な金額を引き出しました。

40万円プラス10万~20万円

って、値幅が大きすぎるだろ!!

次に取った電話は、実車を見たいとのことで、18時に来られることになりました。

次の電話は

「実車を見たいのですぐに行きます」

それから30分も経たずにみえて、外装内装はもとより、ボンネットの中もしっかり確認して査定価格は60万円

結局の所、7年目のこの車の相場は60万円程度なのでしょう。

こちらから

「65万円だったら、今日売ってもいいですよ」

と提案すると、上司に確認して65万円。

但しクレーム安心保証代の1万円はここから差し引いて、振込金額は

64万円

ということで売却がきまり、18時に予約していた会社にはキャンセルの電話をし、あっという間に車は持ち去られました。

車がなくなって寂しかったり、

「今後交通事故の加害者になることはない」

という安心感だったりで複雑な心境です。

これまで使っていた車の年間維持費は

約35万円

内訳は

駐車場代12,000円×12ヶ月=144,000円

自動車税+保険+JAF 約100,000円

車検他メンテナンス 約100,000円

老後に向けての終活が一歩進みました。

子供たちの反応は

「まあまあいい値段じゃない?」

「今は車を所有する時代じゃないよ」

とのこと。

今の若者はクールですね。

因みにその車はすぐに

105万円

で売りに出されました。


確定申告ギリギリセーフ

  • 自分が現在保有している資産
  • 今後働いて得る収入
  • 今後支出予定の生活費

を考慮した結果、相続税対策として2013年から毎年、二人の子供たちにそれぞれ

110万円+α

を贈与しています。

これまで7回贈与していますので、その合計は

110万円×2人×7回=1,540万円

この贈与を決めたときに

「きちんと証拠を残すために110万円をちょっと超える額を贈与して、子供たちに確定申告させて、贈与税を払っておいた方がいいですよ」

とアドバイスされました。

昨年の贈与額は一人当たり

1,103,334円

オーバーした3,334円に対して1割の333円

100円未満は切り捨てで、今年の贈与税はそれぞれ

300円

昨日(3/14)娘から電話が入り

「明日が確定申告締め切りだよね?」

「まだやってないよ~」

「金額と日付教えて~」

しばらくして、LINEが入り

「できた…。じゃあ飲み会行ってきまーす」

とのこと。

どうやら今年もギリギリ間に合ったようです。


Goole Mapにハートマーク

以前はノープランで行き当たりばったりの旅行もしていましたが、最近のマイブームは、観光地毎に複数のオプションを考えておいて、現地で、その中から何をするかを決めるというモノです(旅猿型と読んでいます)。

そのため、ガイドブックや他の方がアップしている旅行記を参考にして、メモしておいて、現地でGoogle Mapを頼りに探していました。

しかし娘の

「今まで行って気に入ったレストランはGoogle Mapでお気に入りに入れておいて、どこに行くか迷ったとき参考にする」

という言葉を参考にして、メモを取るのではなく、直接Google Mapに印を付けることにしました。

ハートマークが自分で付けたスポットです。ほぼレストランかカフェです。

旅先で

「何を食べよう?」

「疲れたからコーヒーでも飲んで一休みしよう」

というようなときに、活用できればいいなと思っています。


久しぶりのリバランス

目標のアセットアロケーション

日本債券 37%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 8%

に対して、実際のアセットアロケーションは

な感じで、目標アセットアロケーションから少し乖離していましたが、

日本債券-大半が銀行預金-が多め
リスク資産-大半が投資信託-が少なめ

というディフェンシブな方に片寄っていたので、そのまま放っておきました。

しかし、今年の贈与分約220万円を日本債券から支出すると、このところの市場持ち直しも手伝い、実際のアセットアロケーションはこんな感じになってしまいます。

目標の日本債券 

37%

に対して、実際は

36.36%

ほんの少しですが、日本債券の割合が目標から欠けてしまったので、利益が出ているNISA口座のリート部分と新興国株式部分の資産を売却しました。

SMT グローバルリートインデックス
購入単価(2015年2月) 13,868円
売却短期(2019年2月) 17,095円

SMT新興国株式インデックス
購入単価(2015~16年) 21,867円
売却単価(2019年2月) 26,715円

でした。