ビジネスクラスで世界一周-早速旅のトラブルに遭遇

入国も問題なく終わり外に出ると、宿泊先から派遣されたトゥクトゥクのドライバーが、私の名前を書いたプラカードを持って待っているはずです。

…………

待ってない……

ビザの取得や入国があまりに簡単にできて、予定より早く出てきたからかなぁ……

とりあえず、出口の隣に並んでいるSIMカード売り場で、WIFIがなくてもスマホを使えるようにSIMカードを購入します。

一番よくつながるという評判のSmartの窓口で滞在期間を聞かれ、通話3ドル分+データ通信3.5GBで6ドルというプランを勧められました。

4日しか滞在しないので3.5GBも必要ないのですが、それが一番安いプランだったので了承。スマホとパスポートを渡すと、全て設定してくれて、ネットがつながるのを確認して返してくれました。

ポケットWIFIだと1日1,500円くらいするし、バッテリーの心配もあるので、やはりSIMカード購入は格安です。

さぁ、そろそろ迎えは来てるかな?

…………

…………

来てない……

その後15分くらい待つが、

来ない……

SIMカードも入手してスマホが使えるようになったので、宿にメールしてみると、

「ドライバーに問い合わせて、また連絡します」

という返事。

しばらくしてドライバーから電話があり、

午前9時じゃなくて、午後9時って聞いてたから、空港でトゥクトゥクかタクシーひろって宿まで来て。費用は宿で負担するそうだから」

「……OK」

宿から迎えが来るということだったから、空港から宿に向かうノウハウや値段は一切調べてないんだけど……

流しのトゥクトゥクを捕まえて、宿泊先の名前を言うと

ドライバー「OK」

私「ハウマッチ?」

ドライバー「6ダラー」

相場はわからないけど、宿が負担するって言ってるんだから、まぁいいかと乗り込みます。

トゥクトゥクは空港の敷地内から出ると、道の脇に止めて、改めて宿泊先の名前を聞いてきます。

印刷してある宿泊予約書を見せると、ドライバーがおもむろにスマホで場所を探し始めました。

「宿泊先名言ったら、あんたOKって言ったじゃない! 場所知ってたんじゃないの?」

と内心思いながらも、初めての街の風景に心ウキウキ。

この程度のトラブルは、「旅の経験値1アップ」と思うようにしています。

20分ほど走ったところで、無事宿に着き、宿の人がトゥクトゥク代を払ってくれました。

部屋はこんな感じで、冷蔵庫、エアコン、プライベートシャワー付き。

キングサイズベッドでテレビはNHK衛星が入ります

バルコニーも付いています。

暑すぎて利用しなかったバルコニー

オリエンタルシェムリアップという、ちょっときれいめのゲストハウス(看板はブティックホテルになっていました)。

一泊当たり

2,969円

暑すぎてバルコニーは全く使わなかったので、バルコニー無しの部屋でよかったかな? それだと2,500円くらいだと思います。

相対的にはよいホテルだったのですが、チェックアウト時にまたまたトラブルが……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です