現金主義をやめてみた

以前クレジットカードの強い味方という記事で、

クレジットカードで支払ったら、帰宅後すぐに 「クレジットカード用封筒」 にその金額を移す

と書きました。

そのために百均で購入した小銭ケースに一定金額の小銭を常備し、1,000円札10枚は必ず別にしいました。

なぜならクレジットカードを使用すると、


「その月にいったいいくら使っているのか?」

分かりづらかったからです。

しかし収入が一定してきて、1か月の生活費も費目別にほぼ安定してきたので、この方式をやめてみました。

給料日の後にATMで1か月の生活費をおろす

クレジットカード使用の度にその金額を封筒に移す

封筒のお金がある程度たまったら、ATMに預けに行く

という工程が必要だったのですが、今では数か月に一度ATMに行くだけになり、かなり楽になりました。

「ずいぶん面倒なことをしていたなぁ」

と思う反面、これを続けていたからこそ、クレジットカードの適切な使い方が身についたと思います。

今後、年金生活になったりして大きく家計管理が変わったら、また現金主義を復活させると思います。

ちゃんとお金が減ったり増えたりしないと、

「いくら使っていいか」

が把握できないポンコツなもので……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です