「 2019年01月 」一覧

本気でマイルを貯めてみる

昨年ファーストクラスで世界一周したときは、あまり

「マイルを貯める」

という意識がなく、JALカードを持っているにもかかわらず、航空券は楽天カードで購入するくらい、マイレージに対して鈍感でした。

しかし今年のように世界一周を3回に分けて、その間の帰国便をマイルを利用するとなると、

「本気でマイルを貯めよう!」

という気になってきました。

まずは

ショッピングマイル・プレミアム

に入会しました。

通常はJALカード利用で200円=1マイルですが、年会費3,240円を支払うと、こ100円=1マイル貯まります。

また、特約店で利用すると200円=2マイルのところ、100円=2マイル貯まります。

先日購入した世界一周航空券は

733,420円

でしたから、これだけで

14,668マイル

付与されました。

JALマイルを利用すると、国内線はどこでも15,000マイル以内で往復できます。

さらに世界一周のフライトで貯まるのが

60,000マイル

ほどになると思われます。

JALマイルで国際線を利用すると、

日本-ニューヨーク往復50,000マイル

日本-パリ往復52,000マイル

ですから、ビジネスクラスの世界一周航空券を購入するだけで、好きなところへの国内線1往復と国際線1往復しても、まだおつりが来るほどマイルが貯まることになります。

さらに、JALカードツアープレミアムにも入会してみました。

航空券を購入する場合、私はたいてい事前に予約して割引運賃になる

先得割引運賃

を利用します。

この場合、通常のフライトマイルの75%しか付与されませんが、ツアープレミアムに入会すると、年会費2,160円で100%付与されます。

なんか、完全に航空会社の思惑に取り込まれてるなぁ…

果たして合計年会費の5,250円分の恩恵が得られるでしょうか?


ハワイのタイムシェアを活用

これまでも何度か書きました、ハワイのヒルトンホテルのタイムシェアを持っています。

しかし、ハワイのヒルトンホテルに泊まることは少なく、利用権利をポイントに変換して世界各地のホテルに泊まっています。

私たちが持っているタイムシェアはヒルトンワイキキアンというホテルのペントハウスで1週間の宿泊権利が24000ポイントです。これまで

メキシコのカンクンに3週間で10500ポイント

ラスベガスに1週間で8000ポイント

ニュージーランドのクイーンズタウンに2週間で21918ポイント

メキシコのロスカボスに3週間で3840ポイント

など、ワイキキに1週間泊まる権利で、世界各地かなり長く泊まることができます。

どれも広々とした2LDKで、かなり使い勝手がいいです。

世界一周第3弾のアメリカ編に、このタイムシェアポイントを活用してニューオリンズのホテルを組み込みました。

1LDKですが、BOOKING.COMで調べると口コミが9.1/10、ロケーションも9.5/10とかなり良く、必要ポイントは1週間の滞在で3200ポイントでした。


年末年始のおこづかい

2014年にマネックスの米国株口座に約

202万円

入金し、7銘柄に投資しました。

米国株は1か月に1度配当金が支払われる銘柄と、3か月に1度支払われる銘柄があります。

年末年始にかけて

146.08ドル

の配当金をいただきました。

BND-米国の債券に幅広く投資

RWR-米国の不動産に幅広く投資

RWX-米国を除く世界中の不動産(日本含む)に幅広く投資

VT-世界中の株式に幅広く投資

LQD-米国の高格付け債権に幅広く投資

PFF-米国の優先株式に幅広く投資

VIG-10年以上増配している米国株式に幅広く投資

キーワードは

幅広く

個別株からほぼ手を引いて、配当金や株主優待がなくなったので、米国株からの配当金をもらえるのは楽しみ♪です。


現金主義をやめてみた

以前クレジットカードの強い味方という記事で、

クレジットカードで支払ったら、帰宅後すぐに 「クレジットカード用封筒」 にその金額を移す

と書きました。

そのために百均で購入した小銭ケースに一定金額の小銭を常備し、1,000円札10枚は必ず別にしいました。

なぜならクレジットカードを使用すると、


「その月にいったいいくら使っているのか?」

分かりづらかったからです。

しかし収入が一定してきて、1か月の生活費も費目別にほぼ安定してきたので、この方式をやめてみました。

給料日の後にATMで1か月の生活費をおろす

クレジットカード使用の度にその金額を封筒に移す

封筒のお金がある程度たまったら、ATMに預けに行く

という工程が必要だったのですが、今では数か月に一度ATMに行くだけになり、かなり楽になりました。

「ずいぶん面倒なことをしていたなぁ」

と思う反面、これを続けていたからこそ、クレジットカードの適切な使い方が身についたと思います。

今後、年金生活になったりして大きく家計管理が変わったら、また現金主義を復活させると思います。

ちゃんとお金が減ったり増えたりしないと、

「いくら使っていいか」

が把握できないポンコツなもので……


塩漬け株の利用法

塩漬け株とは、購入後に値下がりして売るに売られず、長年保有している株のことですが、塩漬け電力株を後生大事に持っているわけという記事で、東京電力の株を保有していると書きました。

また
塩漬け株を手放すタイミング-東電株売却
という記事で、損失の出ている東電株を一部売却し、

28,386円

税金が還付された旨書きました。

マネックス証券口座を確認してみたら、年末にさらに

23,791円

税金が還付されていました。

11月に還付されたのは、それ以前に売却した

売却益

に対して徴収されていた税金の還付。

そして年末に還付されていたのは、保有している株や投資信託の1年間の

配当金

に対して徴収されていた税金の還付。

東京電力500株を650円で売却し、

合計52,177円

の税金還付を受けました。

まぁ、それだけ売却損が出ていたってことですけどね。

ちなみに本日(2019年1月9日)の東京電力の終値は

725円

本日売却してたら、650円で売却した時に比べて

37,500円

多く利益が出ていたことになりますが、そうすると昨年受けた

52,177円

の税金還付は受けられないことになりますから、まぁ良しとしましょう。