ファーストクラスで世界一周-旅のトラブル

旅にトラブルはつきものです。

これまでも

・クレジットカードをなくす

・クレジットカードを不正使用される

・財布をなくす

・予約していた飛行機に乗れない

等のトラブルに遭遇しています。

その度になんとかなってきたので、もう

「旅でトラブルに遭うのは当然」

と開き直っています。

今回も大小のトラブルに遭遇しました。

・空港への迎えの車が来ない

ニューヨークを出発するとき、スーパーシャトルという乗り合いシャトルを予約しました。

ホテルの住所や自分のフライトを入力すると、自動的に迎えの時間が表示されますので、その時刻にホテルで待っているとピックアップしてくれます。

スーツケースを持ち歩く必要がないので、一人の時はしばしば利用します。

迎えの時間の5分ほど前からホテルの前に待っていましたが、いっこうに迎えが来ません。

予定時刻から15分ほど経っても、迎えが来ないので電話してみると、

「予想していたよりお客さんの荷物が多くて、あなたを乗せることができなくなりました。この時点でキャンセルしてもらってもかまいませんし、これからハイヤーを迎えに行かせてもかまいません」

ということでした。飛行機の時間まで余裕があったので、ハイヤーをお願いしましたが、

「そんなのあり!!?」

ということが海外で起きます。

・スリに遭い財布を盗まれる

日本で2年くらい使っているリュック。

NYでも1週間ほど使っていましたが、何のトラブルもありませんでした。

しかし、ヨーロッパ上陸翌日に、中に入れていた財布を盗まれてしまいました。

日本ではよくファスナーを閉め忘れることがあるのですが、ヨーロッパはスリが多いと聞いていたので、リュックの中の内ポケットに財布を入れ、内ポケットのファスナーも、リュック自体のファスナーもしっかり締めました。

観光で一休みしてリュックから水を出して飲んだ時に、しっかりファスナーを閉じていたのを覚えています。

しかし、次の観光地の美術館で荷物検査を受けるためにリュックを下したら、リュックのファスナーも、内ポケットのファスナーも開いて、財布がなくなっています!!

人ごみを歩いたわけでもなく、ほんの500メートルくらいの間にです。

中には日本円、クレジットカード、免許証、保険証などが入っていました。

幸いなことに、メインで使っているクレジットカードやパスポートは別のところに入れていたため、その後も旅行を続けることができました。

帰国後の再発行手続き、大変だったよう~(泣)

・民泊で入室の仕方がわからない

ヨーロッパではAirbnbで宿泊したのですが、ホテルなどと違い普通の人の家なので、Google Mapでその家の前までは行けても、その建物への入り方がわからなかいことが多かったです。

そのたびに家の前から

「家の前にいるけど、入り方がわかりません。どうしたらいいですか?」

とメールして、開けてもらうという羽目に陥りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です