住民税が戻ってきた!!

税込年収が600万円で扶養家族がおらず、節税対策をしていないと

http://tax.salalive.com/post/inhabitant-tax/

というサイトによると

所得税は約20.5万円、住民税は約31万円になるそうです。

節税対策の基本は、控除額をいかに増やすかなので、私は以下の節税対策をしています。

  • 個人型確定拠出年金iDECOに月額23,000円
    23,000円×12か月=276,000円
  • 経営者の退職金と呼ばれている小規模共済に月額70,000円
    70,000円×12か月=840,000円
  • 寄付金控除(ふるさと納税)
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除

また証券会社に口座を持っていて「源泉徴収ありの特定口座」を選択していると、証券会社が税金の計算をやってくれて楽なのですが、損失が出た場合に損失を繰り越せないので、毎年頑張って確定申告をしています。

初めてのe-taxは何もかも早かった! という記事で書いたように、3年前に出した売却損を繰り越せるのは今年までだったので、繰り越した損失分を相殺できるように、利益が出ている投資信託を売却しました。

確定申告をしていないと、これらの売却益は税金を差し引いた分が振り込まれますが、確定申告をすると、所得税も住民税も還付してくれます。

ちなみに所得税の還付額は
460,795円
でした。

また今年の住民税は納める必要がないどころか

34,677円
戻ってきました。

扶養家族がいないと
・健康保険
・厚生年金
・所得税
・住民税
と、まるで税金を払うために働いているように感じていました。

ホント、知ってるか知らないかは大きな差だと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です