騙されたぁ~~!

アメリカに観光で行くには、ビザの代わりにESTAというものを申請しなければいけません。

一度申請すると有効期限が2年間あるのですが、前回申請したものが11月に期限切れしていたので、今回また申請しました。

「ESTA」という検索ワードをGoogleに入れると、ずらずらとサイトが表示され、いつものように一番上は広告が多いので、3番目くらいに表示された

ESTA(エスタ)申請サイト:ESTA Online Center

をクリックして、以前申請したときと同じように、住所・氏名・パスポート番号などを入力し、最後に手数料支払用のクレジットカード情報を入れて終了。

しばらくすると、

==================

○○様

 お世話になっております。ESTA Online Center です。

 米国合衆国より、お客様の渡航が許可されました。

ご渡航の際、認証情報の提示を求められる事はありませんが、

国土安全保障省(DHS)では、控えとしてこの情報の保管をお勧めしています。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ESTA認証情報

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ・渡航申請番号

XRRB79W9*****

┃・有効期限

2019/07/28

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この度はESTA Online Centerをご利用頂き、誠にありがとうございました。

====================================

というメールが届きました。

メールの内容に多少の違和感は感じましたが

「これで準備OK!」

すると数日してカード利用速報のメールが届き、その金額が7,236

「あれ?ESTAの申請費ってそんなに高かったっけ?」

と思って調べてみると、14ドル

「なぜ14ドルの費用が7,236円になったんだ?」

と、慌てて申請したサイトに戻ってみると、サイトの下の方に小さな字で

当サイトでは、わかりにくく面倒な「ESTA(エスタ)」の事前申請を、お客様に代わり承っております。 (※別途代行手数料を申し受けます)

と記載されており、さらにESTA申請料金についてをクリックすると、

米国国土安全保障省申請料($14) + 申請代行サービス料 = 6,700円 (税込込7,236円)

と記載されています。

しかし、入力した項目も手間も直接米国大使館のサイトでやったものとほぼ同じ。

ちなみにネットを使用しない人が旅行会社にESTAの申請代行を頼むと

JTB 6,480円
HIS 5,500円
阪急交通 5,400円

ですから、6,700円という手数料はめちゃくちゃぼられたという訳ではありません。

またアメリカ大使館のサイトで自分のESTA申請がきちんと行われているか確認すると、これも問題なし。

結局のところどうあがいても

「騙された方が悪い」

というサイトの作りになっています。

廻りに愚痴ると、同じように騙された人がなんと多いことか!!

本当のサイトはこちらからいけば間違いありません

↓ ↓

ESTA(エスタ)申請 | 在日米国大使館・領事館

日本語で申請できますので、ネットが使える人は直接申請すると14ドルですみますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です