好相場の恩恵を逃しているポンコツっぷり

日経平均が連日続伸し、「26年ぶりの高値」などというニュースが伝えられる中、その恩恵を殆ど受けていません。

なぜなら、

・ニッセイ外国株式インデックス

・iFree外国REIT

・たわらノーロード日経225

・上場TPX

・MXS400

合計約2000万円分を10月に売却してしまったためです。


別に今後の相場を読んで売却したわけではありません…(なぜなら私は相場が読めないから)。

まだ投資の勉強を始める前は、年間で1000万円以上の利益を出したかと思おうと、何百万もの損失を出すというような、ジェットコースター取引をしていました。

で、3年前に出した約300万円の損失を今年中に相殺しないと、税金還付の恩恵を得られないのです。

300万円の売却益に対する税金は

3,000,000×20.315%=609,450

この還付を逃すわけにはいきません。

そこで約300万円分の利益を出している銘柄を売却して、すぐに買い戻そうと思ったのです。

しかし。。。。。。

売却はすぐにできましたが、約2000万円分購入しようとした段階で、急にびびってしまいました。

明日にでも有事が発生して相場が暴落したら。。。

そんなわけで、今はその2000万円の大半が普通預金に眠っており、ほぼその恩恵を受けていません(泣)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です