iPhone&格安SIMという組み合わせ-その4

iPhone&格安SIMという組み合わせ-その1
iPhone&格安SIMという組み合わせ-その2
iPhone&格安SIMという組み合わせ-その3
の続きです。

iPhone&格安SIMの組み合わせで気をつけること

入手方法

あちこちにある大手キャリアのショップと違って、基本的には、大都市にしかないApple Storeのショップ、あるいはアップルWEBサイトから購入することになります。

私はWebサイトから申し込みましたが、申し込み後商品到着までに1週間ほどかかりました。

SIMカードのサイズ

1週間ほど経過して待ちに待ったiPhoneが届いて

「さあ、使おう!」

と、ZenphoneからSIMカードを取り外してiPhoneに取り付けようとしたら、サイズが違っていて取り付けることができません。

ZenphoneはマイクロSIM
iPhoneはナノSIM

なので、SIMカードのサイズ変更をしなければいけません。

IIJのWEBサイトで確認すると

・手数料 2,160円
・お届けまでの期間3-4日程度

かかる上に、

「新しいSIMの準備ができたら、手元のSIMが使用不可になり、新しいSIMが届くまで、使えない期間が発生する」

となっています。

実際には、申し込んで2日ほど経過した時点で急に電話回線が切断され、WIFIのないところではスマホが使えなくなりました。

翌々日にはSIMカードが届いたので、SIMカードが使用できなかったのは2日間ほど。WIFIのあるところでは、メールの送受信やLINEは問題なく使えたのですが、外出時にWIFIの電波を探したり、同行者にテザリングを頼んだりと、かなり不便でした。

着日時の指定ができないため、留守がちの人は下手すると1週間くらい使えない期間が出てくるかもしれません。

ビックカメラのBIC SIMカウンターでで申し込むと即発行してくれますが、別途即日発行手数料が1,080円かかります。

SIMカードが届いてからやること

SIMカードが届いたら、当然のことながら、今まで使っていたSIMカードを取り出して、新しいSIMカードを入れることにことになります。

これで通話はできるようになるのですが、通信がつかえるようになるには、もう一手間必要です。

改めてAPN設定をしなければいけません。

iPhoneの場合は、WIFIが使えるところで、IIJのWEBサイトにアクセスし、構成プロファイルをダウンロードして実行するだけで、すぐに通信できるようになりました。

次回は
「番外編-iPhone8用に新たに購入したもの」
です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です