「 2017年10月 」一覧

新興国株式を売却&乗換

先日、「新興国株式の割合が増えてきたので少し売ろうと思う」と書きましたが、9月半ばから10月初めにかけて、約338万円分のeMAXIS新興国株式を売却しました。

9月20日に10万円分
9月25日に25万円分
9月29日に約303万円分
売却したのですが、下図のように見事に、この一ヶ月で谷となっている時期に売却しています。

だから私は相場が読めないポンコツなんだよ~(泣)

まぁ一番の谷の時に、iFree新興国株式を240万円分購入したのでいいんですけどね。

eMAXISは信託報酬が0.648%
解約時の信託財産留保額も0.3%かかってしまいます。

ですから、338万円分を解約するのに約1万円の解約費用がかかっています。
iFreeは信託報酬が0.3672%で
信託財産留保も必要ありません。

結構こまめにリバランスしちゃうので、信託財産留保が必要ないのはありがたいですね~

また信託報酬だけを比較すると、

240万円分を保有時
eMAXISは毎年15,552円
iFreeは8,812円となります。

 


月例資産棚卸~なんであんまり増えてないんだろう?

2017年10月17日現在の資産棚卸です。

前月比+1,395,719円
+1.62%

日経平均は

9月15日終値 19,909.50

10月17日終値 21,336.12

+7.17%

日経平均が7%以上も上がっていて世界的な株高なのに、なんで1.62%しか増えてないんだろう……?

 

目標のアセットアロケーションは

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

ですが、先日新興国を売却したので、日本債券の割合が増えています。


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

しかし、毎年220万円ずつ贈与しているので、その準備金として今のうちから用意していますので、日本債券から220万円差し引くと、かなり目標のアセットアロケーションに近づきます。


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

これも贈与予定分の220万円を差し引くとほぼ予定通りで、来年また220万円の贈与を行っても、日本債券+生活防衛の割合が50%以上という目標も達成しています。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り


↓  ↓

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF