運用期間は延びたけれど。。。

未だにアクティブファンドとしては唯一保有している
DIAM アジア消費&インフラ関連株式ファンド

なぜ購入したかというと、

「アジアの消費はこれから伸びるんじゃない?」

と思ったのと、

「アジアのインフラ整備に微力ながら応援したい」

という気持ちがチョッピリ。

アジアってどの範囲なのかも確認せずに購入してしまいました。

改めて調べてみたら2017年4月12日現在で、以下のような投資配分でした。

当時はコスト意識が全くないポンコツ投資家だったので、今更ながら

購入時手数料 3.24%
信託報酬 1.836%

という高コストに驚いています。

2014年の8月~10月に200,000円投資して、
2017年7月20日現在が213,363円ですから、

鳴かず飛ばずと言った値動きです。

運用期間も10年間という期限があったなんて、最近になって知るというさらなるポンコツぶり。

なぜ知ったかというと、

・償還日:(変更前)2018年4月27日 ⇒ (変更後)2023年4月12日

という通知をもらったからですが、5年ほど運用期間が伸びたようです。

インデックス投資の原則である長期保有という観点からも、運用期間が限定されているファンドは選んではいけません。

「アジアのインフラ整備を応援したい」

という気持ちはあるけれど、アセットアロケーションの中で新興国割合が増えてきているので、これを売却するかどうか迷っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です