小型株は値が飛ぶよ~

ほんの数銘柄ですが、まだ個別株が残っています。

そのうちの一つ、倉庫・運輸サービス業のサンリツを先日売却しました。

購入したのは4年前の2013年6月

購入動機は

・流通の発達でこの業界ははこれからも伸びる
・業界平均値と比較しても割安である

ということでした。

2013年6月5日に525円で1000株
2013年6月7日に515円で1000株

合計2000株購入しました。

そして半年後の
2014年1月23日に575円の指値で売りに出しましたが、売却できたのは2000株中100株のみ。

小型株の場合、売買数が少ないため値が飛んだり、中々一度に売買ができにくいということが生じます。

配当利回りが3%程度と安定した配当金をいただけていたこともあり、その後は、まったりと持ち続けていました。

そして2017年5月11日に発表された2018年3月期の会社予想で業績回復が見込まれることになったため、株価が上昇し始めました。

ここまでずっとこの銘柄に注目し続けていたわけではなく、

575円になったら、また売却を考えよう」

と思い、指定した銘柄が指定した価格になるとメールを受け取ることができるサービス、アラート設定をしていました。

このメールを受け取って慌てて確認したところ、決算発表の結果が良かったことに気付いたのです(相変わらずのポンコツです)。

気づいた時にはすでに580円を超えていたので、とりあえず575円で900株を逆指値(575円まで下がったら575円で売却される)。

この後少しずつ逆指値の値をあげていこうと思っていたのですが、あっさり下がって575円で売却されてしまいました。

「さて、残りの1000株はいくらで売却しようかなぁ・・・」

と考え、売り気配や買い気配に出ている株数などを確認して

「590円までは一気には上がらないだろう」と指値していたところ、またまたあっさり超えて、売却されてしまいました。

購入から売却までの値動きは以下の通り

取引数量の少ない小型株の場合は、指値ももう少し考えなければいけません。

ところで株の世界では、大型株小型株という言葉をよく使います。自分的には

資本金が大きい会社の株=大型株

で、トヨタとかdocomoなんかが代表的大型株と思っていました。が、その定義は何だろう?と調べてみたところ、

大辞林では

一般に資本金の大きい会社の株

と自分で思っていた通りの定義。

ところがデジタル大辞泉によると、

上場から6ヶ月以上経過した東証市場第一部銘柄中、時価総額流動性が高い上位100銘柄

だそうです。

このサンリツは上位何位くらいかと調べてみたところ、YAHOO!ファイナンス2017年6月21日現在、

東証1部2019銘柄中2010位だそうで、そりゃ値も飛ぶわ!

結局、

初期投資 104万円

売却益 約13万5000円

合計受取配当金 約10万円

でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です