「 2017年05月 」一覧

クレジットカードの強い味方

買物をするときはなるべくクレジットカードを使うようにしています。

何と言っても、それに付随するポイントが魅力ですから!

しかし、クレジットカードを使用すると、

「その月にいったいいくら使っているのか?」

分かりにくくなります。

そこで私は給料が出たら、そこから

・自動的に引き落とされる金額(保険料やマンション管理費)
・年払いなどの月額分(税金や車検費用)
・旅行用の積み立て
・投資用資金

を除いた金額をすぐに現金として引出します。

このお金が、その月に自由に使っていい金額です。

そしてクレジットカードで支払ったら、帰宅後すぐに

「クレジットカード用封筒」

にその金額を移します。

しかし、クレジットカードで使用した金額をすぐに封筒に入れるといっても、中々ぴったりの小銭が財布に入っているとは限りません。

その際に役立つのがこの百均で購入した小銭ケースです。

一定金額の小銭と1,000円札10枚は必ず別にしておくことにより、ぴったりの金額をすぐに
「クレジットカード用封筒」
に移すことができるようになりました。

その他、ガス代や電気代も使用量のお知らせが来たら、すぐにその金額をこの封筒に移します。

この方法だと、いくらクレジットカードを使用しても

「今月給料日までにあといくら使えるか」

が一目瞭然です。


月例資産棚卸~上がったり下がったりで一喜一憂はしない

2017年5月17日現在の資産棚卸です。

前月比+2,644,035円
+3.23%

日経平均は

4月17日終値 18,355.26
5月17日終値 19,814.88
+7.95%

ですから、リスク資産が約50%とすると、ほぼ市場の動きに連動しています。


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

市場が上がったためリスク資産の割合が増えていますが、本日(5/18)はアメリカ政権が先行き不透明ということで、NYダウも日経平均も大幅に下がっていますから、まだリバランスするタイミングではないかな?

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。


こちらでは、日本債券+生活防衛の割合が50%以上という目標です。

↓  ↓

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF