今さらながらチャレンジポイントを貯めようと思う

IPO(新規公開株)というのは、昔は証券会社の担当者がお得意様に

「いい話があるんですよ…」

と耳打ちする類のものだったように記憶しています。

それが一般的になったのはNTTが民営化され、政府保有株が最初に売り出しされた1987年。

185万株という大量放出でしたらから、それまでのように、こっそり耳打ちでというわけにはいかず、購入希望者は抽選になりました。

当選した投資家には
1,197,000円で売却され、初値は
1,600,000

その約2か月後には
3,180,000
という高値を付けました。

こんな大型IPOはめったにないのですが(最近で記憶に新しいのは昨年10月のJR九州)、小型株を含めると、毎月毎月たくさんの会社が上場しています。

因みに昨年(2016年)は94社が上場しています。

あちこちに資金を移動したりするのは面倒なので、これまではメインで使っているマネックス証券と国債購入で使っている大和証券だけでIPO申し込みをしていましたが、中々当選しません。

前回当選して購入までに至ったのは2014年のこの時
↓ ↓
IPO初当選!

マネックス証券の場合、誰も全く同条件での抽選ですが、SBI証券の場合、通常の当選枠とは別に、「IPOチャレンジポイント用の当選枠」があり、IPOに申し込んでハズレた場合に「1ポイント」を獲得できます。

そしてこの当選枠では、保有しているチャレンジポイントの多い順から当選します。

ですから、こまめにポイントを貯めておいて「ここぞ」という時にチャレンジポイントを使えばいいのです。

チャレンジポイントを使っても外れた場合には、ポイントは戻ってきます。

SBI証券はどうしても我慢できなかった 時に口座を作っていたので、後は資金移動するだけでチャレンジポイントを貯めることができたのに、なんとなく面倒でこれまでやっていませんでした。

相変わらずのポンコツですね~~!

今度から真面目に申し込んでチャレンジポイントを貯めようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です