市場が下降局面のときやること

市場がこんな下降局面の時


(YAHOO!ファイナンスより)

私が考えるのは、

「そろそろ買い増しできないかなぁ~~」

ということ。

前回資産棚卸した時、日本債券(主に国債)の割合が

34.42%

でした。

保有しているリスク資産の価格が下がれば、相対的に無リスク資産である日本債券の割合が上がるはずです。

目標が35%ですが、1%オーバーの36%を超えたら、リバランスのために買い増ししようと思っています。

現在毎月積み立てているのは

DCニッセイ外国株式ファンド (iDECO) 11,500円
EXE-i 新興国株式ファンド(iDECO) 11,500円

それと、 日本債券と位置付けているけれど、アセットアロケーションに入れていない終身保険の 50,098円だけです。

そこで4月13日現在でアセットアロケーションの割合を計算してみたところ、日本債券の割合は

34.77%

もう少し下がらないと、スポットでの買い増しはできなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です