利率約2%のソフトバンク社債は買いか?

いつもの新人証券マン君から電話があり、今回はソフトバンク社債を紹介されました。

期間は7年
利率は仮条件 税引前で1.75%~2.35%

「たぶん2%くらいで落ち着くのでは?」

という話です。

債券格付けは
日本の格付け会社JCRではA-予定。

2%という利率は、この低金利の世の中でかなり魅力的ですが……

2015年度の財務諸表で、
ソフトバンクは株主資本利率が27.84%とかなり高いです。
因みにNTTドコモは株主資本利益率7.44%です。

要するに借金でレバレッジをかけて高成長を遂げている会社ですから、金利上昇や景気悪化で業績悪化するリスクが大きい気がします。

さらに自分自身がソフトバンクから格安SIMに乗り換えて本当に良かったと思っているのですから、

↓ 詳細はこちら

今後どのように事業発展していくか未知数です。

これが期間1年だったら購入するかもしれませんが、シャープや東芝の現状を見ると、7年後に世の中がどうなっているか、さっぱり予測できません。

そんなこんなで、この商品の購入は断ろうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です