「 2017年01月 」一覧

アセットアロケーションに含める資産と含めない資産

基本的に毎月17日に「資産棚卸」と称して、総資産とアセットアロケーションを把握するようにしています。

その際に、

・日本債券 35%
・先進国 30%
・日本株式 15%
・リート 10%
・新興国+その他 10%

と資産配分目標を決めている資産と、そうではない資産があります。

何を含めて何を含めていないかですが、私の基準は、リバランスできるかどうかです。

 

生活防衛資金-1年分の生活費を元に考えているのでリバランス対象とならない

積立型保険-資産配分が崩れたという理由では売買しないのでリバランス対象とならない

小規模共済積立-仕事を辞めるまで解約しないのでリバランス対象とならない

 

ということで、これらは資産配分目標を決めている資産には入れていません。

一方、10年物個人国債は、購入後一年経過すると、過去2回分の利息を支払えば解約可能なので、資産配分目標内の資産に含めています。

資産配分目標を決めているのは、
「いざ、リバランス!!」
となった時に、自由に売買して、目標に近づけるためですから。

では、総資産内でのアセットアロケーションはどのように決めているかと言うと、ほとんど何も決めていません。
唯一心がけているのは

国内債券+生活防衛資金が総資産の50%程度

ということだけです。


月例資産棚卸-無事総資産額を把握

年明け早々
総資産が把握できず途方に暮れる新年
という記事で、リニューアルしたマネックス証券にマネーフォーワードが未対応と書きましたが、現時点では「先物オプション」を持っていない限り提携再開ということで、無事に総資産を把握することができました。

2017年1月17日現在の資産棚卸です。


(資産管理ツールのマネーフォワードを使って算出しています)

前月比
-91,588円
-0.11%

まぁ誤差の範囲でしょうか......。


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

です。

先月、日本株式と先進国株式を売却するというリバランスをし、さらには少し残っている個別株の指値をしておいたら、それが引っ掛かって売却されたため(これに関する記事は後日書く予定)、日本株式の割合が少し下がりました。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。

161218

↓  ↓

リターンは変わりませんが、日本債券の割合が増えたせいか、リスクが少し減っています。

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF


ドキドキワクワクFX投資のその後2

どうしても我慢できなかった
という記事で、ドキドキワクワク感が欲しくて10万円だけFXに投資したことを書きました。

前回は2か月経過した2015年7月31日に
ドキドキワクワクFX投資のその後
という記事でその後どうなったか書きましたが、半年以上経過したので、さらにその後の経過です。

10万円入金して、合計損益が
14,190円+27,220円=41,410円

スワップ(利息のようなもの)が、
2,842円+5,828円=8,670円

両方合わせて50,080円の含み益

こんなチャートを見ると、10万円分だけでなく、

「もっとつぎ込んでいれば…」

という欲も出てきますが、そんなことしてたら、購入直後の英国EC離脱ショック時に相当ヒヤヒヤすることになったはず。

インデックス投資を目指している身としては、この資産は私の趣味と割り切って、アセットアロケーションに含めず、時々為替をチェックしては、外貨預金の代わりにまったりと保有し続ける予定です


子供たちも格安スマホに移行した

私は2015年2月に格安スマホに移行しました。

その後、私の毎月のスマホ代金の安さに興味津々だった子供たち。

LINEしたりポケモンGOしたり、調べものしたり、Google Mapを使用したりと、自分たちと同じように使っているのに、何しろ毎月の支払いが1700円ほどだからです。

まずは息子が、2年縛りが終わる月に

「格安スマホに変えるにはどうしたらいい?」

と相談してきました。

私が移行した時の話をすると、

(移行の顛末は以下の記事をご参照ください)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その1)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その2)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その3)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その4)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その5)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その6)
通信費を毎月6,000円減らすのだ(その7)

「iPhoneじゃなきゃイヤだ」

と、これだけは譲れないそうです。

そこで、

・SIMフリーのiPhoneをAppleから購入

・ソフトバンクにMNPの予約申し込みを行い、「MNP予約番号」を取得。

IIJのサイトで、SIMカード利用のを申し込み

・SIMカードが送られて来て、開通手続き

・ソフトバンクで使用していたiPhoneを街中の「iPhoe買います」というお店で売却

という手順で、格安スマホ(スマホは格安じゃないけど、月額使用料が格安)に移行しました。

次に娘。

娘もやはりiPhone信者

当時アメリカに住んでいた娘は、日本のアップルで購入するより1万円以上安くiPhoneを買えることがわかり、帰国直前にSIMフリーiPhoneを購入。

自分で開通手続きするのが不安だということで、そのiPhoneを持って帰国翌日にビックカメラに行き、SIMカードを購入し、開通手続きまでやってもらったそうです。

二人に使い心地を聞いたところ、

「全く問題なく快適に使えてる」

とのことです。


投資することによりリスクを回避するという考え方もあり

先日
「休むも相場」ってあり?
という記事で

「リスク資産への積み立てはしばらくお休み」

と書きましたが、昨日の

なんでこんなに分配金が高いの?

という記事で、予想外の分配金が出た話を書きました。

投資信託の場合は選択すると、分配金は自動的に再投資してくれますが、ETFは自分でしなければなりません。

これを面倒と考えるか、楽しみと考えるかは意見の分かれるところです。

私はどちらかと言うと、この分配金をどう運用するか考えるのは楽しみです。

個別株をしていた時は、銘柄の選別や売買の時期など、考えることがたくさんあったのですが、インデックス投資に移行してからは、ほとんど何も考えることがないのはちょっと物足りない。

現在貯まっている分配金は

717.73ドル

・このままドルで預り金として保有する
・ドルで何かに投資する
・円に換えて貯金する
・円に換えて日本円で何かに投資する

などの選択肢があります。

たまたま、マネックス証券では今月末まで

米国株と米ドルの買付時手数料が実質無料

というキャンペーンをしています。

経費率が0.06%と圧倒的に安く、米国の投資適格債券市場全体に幅広く投資している

Vanguard Total Bond Market ETF (BND)

を購入しようかと考えています。

この1年の値動きはこんな感じ


(Yahoo Finance USAより)

AAA 69%
AA  5%
A  12%

このETFが保有しているのは、レーティングA以上の債券が85%以上です。

今後為替相場がどう動くかわからないので、円←→ドルを交換してまで投資する気はありません。

預り金や銀行預金にするのは、物価上昇リスクに対抗できません。

保有しているドルを、そのまま、コストの安い債券に投資するのが、

「一番リスクが少ないのでは?」

と考えています。