また一歩安定志向の資産運用へ

投資することによりリスクを回避するという考え方もあり
という記事で、米国ETFからのドル建て分配金が貯まってきたので、

経費率が0.06%と圧倒的に安く、

米国の投資適格債券市場全体に幅広く投資している
Vanguard Total Bond Market ETF (BND)

を購入しようかと考えていると書きましたが、実際に購入しました。

これまでのリターンは以下の通り(Yahoo Finance USより)

2008年のリーマンショック時でもおよそ5%しか落ち込まず、その後はすぐに回復しましたので、安定志向の運用資産には最適です。

但し、日本円からの投資の場合、為替の損益を考慮する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です