「 2016年12月03日 」一覧

若手芸人さんて確定申告しないんだろうか?

今年就職した娘から

「年末調整の書き方教えて~」

と、電話がかかってきました。

記載するのは、相続対策でかけている保険だけなので、記載内容も簡単なものです。

新保険なので、控除金額は40,000円

「でもこうやって書いて提出しても、40,000円返ってくるわけじゃないんだよね?」

と言うので、

「こうやって書いただけで、4,000円返ってくると考えたら、得じゃない?」

と言うと、かなり納得していました。

旧保険の最大控除額は50,000円
新保険の最大控除額は40,000円

旧保険と新保険の両方を申告すると、最大控除額は40,000円になってしまいます。

両方の保険を掛けている人は、なるべく旧保険で申請しましょう!

ところで、若手芸人さんが

「出演料は5,000円。でも源泉徴収されて、手取りは4,500円でしたわ」

なんてテレビで言っているのを聞くことがあります。

その度に

「その源泉徴収された500円、確定申告したら、返ってくるかもしれないのに」

と思います。

他にアルバイトなどをしていて収入が多いなら別ですが、最低でも38万円の基礎控除はあるので、昨年の収入が30万円で3万円源泉徴収されていたら、確定申告するとその3万円は戻ってきます。
(違っていたら誰か訂正してください)

100万円の収入があって、10万円源泉徴収されていたら、舞台衣装や小物の購入は経費に認められますから、かなりの金額が戻ってきます。

源泉徴収はされているけれど、年末調整はされていない方は、確定申告することをお勧めします。

一度確定申告すると、どんな仕組みで税金が徴収されるかがよくわかります。