格安スマホー悲報のち吉報

ポケモンGOが日本でも公開された7月22日

さっそくダウンロードしようとしましたが、GoogleのPlayストアで見つけることができません!

そこで調べてみると、私が使用している

ZENFONE5

ポケモンGOの対応機種ではないとのこと。

が~~~ん!!!

通信費を毎月6000円減らすのだ(その4)でも書いたように、雑誌「日経パソコン」で高性能低価格という高評価だから買ったのに!!

しかし気を取り直し、格安スマホに移行する前に使っていて、売り損なっていたiPhoneを引出しの奥深くから引っ張り出して久しぶりに充電し、ポケモンGOをインストールしました。

次の課題は、

・格安スマホのテザリング機能を使って、iPhoneで支障なくプレーできるか?

・月間契約通信量の3GBに収まるか?

です。

ポケットWIFIのようにバッグの中にZENFONEを入れて、右手にiPhoneを持っていざ出かけると、何の支障もなくプレーすることができます!!

翌日はさらに調子に乗って、
右手にiPhoneを持ってポケモンGO
左手にZENFONEを持ってイングレス
をプレーしましたが、ここでも何の支障もありません。

イングレスで自分が写真を撮影して登録申請した場所が、ポケストップやジムになっていて、ますますテンションが上がります。

※注 イングレスとはポケモンGOを共同開発したNiantic社が作成したオンライン位置情報ゲーム

各日1時間程度のプレーで使用した通信量は、

7月24日(日) 65MB
7月25日(月) 108MB
7月26日(火) 49MB

十分3GB以内でOK

この分でいけば、スマホの通信料金も先月と同様1700円程度に収まりそうです。

因みにイングレス仲間が次々とトレーナーレベル20を超える中、私のレベルはまだ9

こちらもやっぱりポンコツです(>_<)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です