4か月ぶりに8千万円台に回復~月例資産棚卸(2016年7月)

2016年7月17日現在の資産棚卸です。

まずは総額
160718
(資産管理ツールのマネーフォワードを使って算出しています)

前回8千万円台は2016年3月でしたから、4か月振りです。
月例の資産棚卸(2016年3月)–かろうじて8千万円台に復活

この間に約220万円の贈与を行っていますが、贈与分はこの時点では吸収できています。

前月比
+2,719,069円
+3.52%です。

6月17日の日経平均終値が15,599.66円
7月15日の日経平均終値が16,497.85円
+5.76%ですが、リスク資産が全資産の約半分ですから、市場の回復をそのまま反映した形です。

160718-2
(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

ですから、やっとほぼ目標通りになりました。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。
160718-3
このところの市場の上げで日本債券の割合が50%を切りましたが、まぁ許容範囲内です。

160618risk
↓  ↓
160716

リスクが少し上がってリターンが少し下がりました(ダメじゃん)!

先月から今月にかけての売買は、

IPO参戦
IPOの利益は19万2千円でしたが...

【1308】上場インデックスファンドTOPIX臨時購入
(12万2500円で気持ちを静めた)

EXE-i 新興国株式ファンド購入(確定拠出年金)
DCニッセイ外国株式インデックス購入(確定拠出年金)
ニッセイ外国株式インデックス購入(特定口座)
ニッセイTOPIXインデックス購入(特定口座)
JPX日経インデックス400購入(特定口座)

あれ?!
なんで日本株式を
・上場インデックスファンドTOPIX
・ニッセイTOPIXインデックス
・JPX日経インデックス400
と3種類も購入しているんだろう?

相変わらずその時の気分で、あまり深く考えていないのでしょうが、どれも低コストインデックスファンドということで良しとします。

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
SMT JPX日経インデックス400
ニッセイTOPIXインデックス(NISAと特定口座)
NEXT FUNDS JPX日経400(ETF)
上場インデックスファンドTOPIX
SMT TOPIXインデックス

【先進国】
SMTグローバル株式
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS 新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
eMAXIS 先進国リート
eMAXIS 新興国リート
SMT 新興国リート(NISAと特定口座)
SMT グローバルリート(NISAと特定口座)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF

クリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です