「 2016年07月 」一覧

ドキドキワクワクFX投資のその後

どうしても我慢できなかったという記事で、ドキドキワクワク感が欲しくて10万円だけFXに投資したことを書きました。

2016年5月30日に2万南アランド
2016年6月3日に1万南アランド

の買付をしその後2か月経ったので、経過報告です。

撤退したFXの利益は500万円強だと判明

という記事で書いたように、私は短期売買は苦手。

じっくり保有するタイプなので、1日単位のチャートで確認します。

160730

購入後、英国のEU脱退騒ぎで大きく値を下げる局面がありましたが、すぐに持ち直しました。

160731

10万円入金して、合計損益が
3,380円+5,600円=8,980円

スワップ(利息のようなもの)が、
713円+1,570円=2,283円

両方合わせて11,263円の含み益

160731-2

 

こんな週単位のチャートを見ると、
「もう少し買い増したい」
という気もしますが、レバレッジ2倍程度でワクワクドキドキ感を味わうにとどめておきます。
160730-2


そんなこと私に聞かれても...

このブログにもたびたび登場する新人証券マン君

↓ ↓ 詳細はこちら
証券会社からの電話には気をつけて!
証券会社からの電話には気をつけて–その後
またまた「うまい話」ではなかった(苦笑)
119万7千円→318万円の思い出

やっぱりおいしい話じゃなかった
ついに新人証券マン君に陥落

昨日朝から電話があり、

「また何か金融商品の紹介かしら?」

と思って電話に出ると、いつもと違って世間話ばかり。

そして

「今日の日銀の追加金融緩和あると思います?」

っていう質問。

「私は相場は読めない」

って言ってるじゃん!

こういうことって客に聞く~~?

私は、金融政策決定会合があることすら知らなかったんだから!!

 

新人証券マン君いわく

「みんな模様眺めしてるんですよね」

あ! 売買少なくて暇だから電話してきたわけね。

反対にこっちから

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人の初値ってどうなると思います?」

って聞くと、その場であれこれ調べたあげく、

「三井不動産ブランドですし、配当利回りが3.7%ありますから、上がると思いますよ」

という返事。

さらに自分のポンコツぶりがイヤになる 瞬間でした。

 


自分のポンコツぶりがイヤになる

再度IPOに当選という記事に三井不動産ロジスティクスパーク投資法人のIPO(新規公開株)に当選し、購入するかどうか熟考すると書きました。

・届出目論見書
・第1回訂正目論見書
・第2回訂正目論見書

と、すべての目論見書に目を通しました。

発行価格が当初
250,000円~270,000円
となっていたのが、
上限の270,000円に決まった理由として、

===================
①申告された総需要投資口数は、一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しの対象となる口数を 十分に上回る状況にあったこと
②申告された総需要件数が多かったこと
③申告された需要の価格ごとの分布状況は、仮条件の上限価格に多く分布していたことが特徴でした。
====================

という記載がありました。

こういう記述をそのまま信じていいのかどうかはわかりませんが、

「結構人気なのね♪」

ということで、

「やっぱり購入しよう!」

と大和証券のサイトにアクセスして申し込もうとしたところ、

購入期限は
2016年7月28日 9:00 まで

一日勘違いしていて既に購入期限は過ぎていました。

こんなときつくづく

自分のポンコツぶりがイヤになる


これぞ理想の投資!

投資の一番の目的は「資産を増やしたい」というのが勿論ですが、

「応援したい」

という側面も持っていると思います。

どちらかというと「応援したい」という気持ちが強くて投資したものに、

マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド

というものがあります。

詳細は過去記事をご参照ください。
  ↓  ↓
一番うれしかった分配金
10.14%の配当金って、ホントすごいと思う

このファンドが満期を迎えたということで最終分配についての報告を受けました。

ファンド1口30,000円ですが、

償還金額合計は37,480円で

償還率は124.9%

でした。

ファンド対象会計期間は

2013年3月1日~2016年5月31日

ですから、3年3か月で25%ほどの利益が出たことになります。

これぞ理想の投資!

残念ながら現在は
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド
への募集はありませんが、機会があれば次回もぜひ投資しようと思っています。

但し応援ファンドは
東京地方裁判所から手紙が!!!
ということもありますので、あくまでも自己責任で。


格安スマホー悲報のち吉報

ポケモンGOが日本でも公開された7月22日

さっそくダウンロードしようとしましたが、GoogleのPlayストアで見つけることができません!

そこで調べてみると、私が使用している

ZENFONE5

ポケモンGOの対応機種ではないとのこと。

 

が~~~ん!!!

 

通信費を毎月6000円減らすのだ(その4)でも書いたように、雑誌「日経パソコン」で高性能低価格という高評価だから買ったのに!!

しかし気を取り直し、格安スマホに移行する前に使っていて、売り損なっていたiPhoneを引出しの奥深くから引っ張り出して久しぶりに充電し、ポケモンGOをインストールしました。

次の課題は、

・格安スマホのテザリング機能を使って、iPhoneで支障なくプレーできるか?

・月間契約通信量の3GBに収まるか?

です。

ポケットWIFIのようにバッグの中にZENFONEを入れて、右手にiPhoneを持っていざ出かけると、何の支障もなくプレーすることができます!!

翌日はさらに調子に乗って、
右手にiPhoneを持ってポケモンGO
左手にZENFONEを持ってイングレス
をプレーしましたが、ここでも何の支障もありません。

イングレスで自分が写真を撮影して登録申請した場所が、ポケストップやジムになっていて、ますますテンションが上がります。

※注 イングレスとはポケモンGOを共同開発したNiantic社が作成したオンライン位置情報ゲーム

 

各日1時間程度のプレーで使用した通信量は、

7月24日(日) 65MB
7月25日(月) 108MB
7月26日(火) 49MB

十分3GB以内でOK

この分でいけば、スマホの通信料金も先月と同様1700円程度に収まりそうです。

因みにイングレス仲間が次々とトレーナーレベル20を超える中、私のレベルはまだ9

こちらもやっぱりポンコツです(>_<)