IPOの利益は19万2千円でしたが...

ついに新人証券マン君に陥落という記事で書いたように、久しぶりにIPO投資に挑戦しました。

IPOとは新規公開株のことで、IPO投資とは、会社が新規上場するときに投資家に配られる株を買う権利を、通常は抽選で入手し、上場日の初めにつく価格(初値)で売却することです。

ネット証券の場合は純粋に抽選なのですが(だと思う)、大手証券会社の対面販売では、各支店あるいは証券マンに手持ちの分があるようで(あくまでも想像ですが)、カモ優良顧客に優先的に融通してくれるようです。

6か月で11.31%上がると、脳内でアラームが鳴りだした。という記事で書いたように、たまたま先日投資信託を解約したので国債を購入しようと思っていたので、そのお金を預けたところ、購入したいと思っていた会社の新規公開株を100株購入することができました。

購入単価は1,950円

新規公開株の場合手数料は要らないので、必要なお金は

1,950円×100株=195,000円

でした。

本日が上場日でしたので、朝9時になる前に「成行」で売り注文を出し、うわの空で仕事をしながら、パソコンでチラチラと気配値の行方を確かめていました。

前場では買い優勢で値がつかず、結局初値がついたのは13時過ぎ

3,870円の値が付いたので、

192,000円の利益です。

しかし今さらながらですが、対面証券会社の手数料は高い !!

ネットで売却しても売却手数料が3,364円もしました。
(因みに対面で売却すると5,400円かかるそうです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] IPOの利益は19万2千円でしたが... に 4か月ぶりに8千万円台に回復~月例資産棚卸(2016年7月) | 50代おひとりさまの資産運用ー昭和型投資脱却 より […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です