節税を意識したら、住民税が30万円近く安くなった

昨年の住民税は年間で299,500円
今年の住民税は年間で5,500円
と、激減しました。

一昨年はFXから撤退し、その利益にも課税されたということもありますが、それとともに、かなり節税を意識しました。

その方法は、とにかく控除額を増やすということです。

具体的には、
・小規模共済の掛け金を満額の月額7万円にする
・個人型確定拠出年金を始める
・ふるさと納税をする

住民税には、
・所得に比例して課税される所得割額
・一定額以上の所得がある者に一律の額により課税される均等割額
があります。

節税に励んだ結果、今年の住民税は、この均等割額のみの5,500円になりました。

所得税も15万円ほど安くなっていますから、知っているか知らないかで大きな違いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です