「 2016年05月24日 」一覧

不動産投資がものすごく怖くなった

投資用不動産売買会社を経営している友人がいるため、一時期、東京都内のワンルームマンションへの投資を考えたことがあります。

しかし実際に自分が震災に合うと、不動産投資と言うのはずいぶんリスクの大きいものだと感じます。

街中を歩くと、「危険」建築物を示す赤色や黄色の建物判断の紙があちこちに貼られています。

それが、必ずしも築年数に比例していないようなのです。

「危険」という貼紙のあるマンションを借りている人たちは、さっさと安全な建物に引っ越しています。

自分の所有している区分に地震保険を掛けていても、共有部分の保険がどうなっているかは、それまでの修繕積立金をどのように使っているかによって、その建物ごとに異なっているようです。

半壊した建物を補修して使うか、それとも壊して更地にするかは、入居者全員で決めなければいけません。

どちらにしろかなりお金の要ることであり、その間家賃が入ってこないことを考えると、ワンルームマンションへの投資がますます怖くなりました。