6か月で11.31%上がると、脳内でアラームが鳴りだした。

2か月ほど前に
国内債券は10年物個人国債一択ではないと思う
という記事で、DLIBJ公社債オープン(中期コース)について書きましたが、この投資信託はこの6か月で
11.31%
も上がっているのに気づきました。
160523
(投信総合検索ライブラリーより)

3年間のチャートを見ても、この半年の上がり具合が顕著です。
160523-2
(マネックス証券サイトより)

こんな時私の脳内で
「ピーピーピー」
と、アラームが鳴ります。

債券なのに、この上がり方が自分にとって心地よくないのです。

そこで本日この投資信託を全額解約しました。

この分の日本債券は何にしようかなぁ。。。。。。

やっぱり10年物個人国債の一択になるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です