「 2016年03月 」一覧

国内債券は10年物個人国債一択ではないと思う

 
DLIBJ公社債オープン(中期コース)から分配金をいただきました。
160324

1万口あたりの分配金が100円
6,608,461口所有していましたから、
66,085円
税金を差し引いて52,661円です。

もちろん再投資。
160324-2

買付単価10,626円で49,559口増えました。

この10年のチャートは以下の通り

160330
(Yahoo Financeより引用)

比較のため、赤が日経平均ですが、堂々の安定感です。

私がチャートを見るときはそのチャートがリーマンショック前から始まっているか、後から始まっているかを必ず確認します。

同じチャートでもリーマンショック後だけを切り取ると全く別物になってしまいます。
160330-1
(Yahoo Financeより引用)

アセットアロケーションで国内債券は
・元本割れしない
・1年経過すれば解約できる
などの理由で10年物個人国債もいいのですが、個人的にはこの
DLIBJ公社債オープン(中期コース)
も悪くないと思っています。

もちろん短期で見ると元本割れすることがあります。

下記は1か月のチャートですが、
3月8日は10,721円
3月11日は10,568円ですから、
わずか3日で153円下がっています。
160330-2
(Yahoo Financeより引用)

しかし、1999年12月にこのファンドが設定されて以来のチャートは以下の通りです。
160330-3
(マネックス証券サイトより引用)

「BBB格以上の国内の公社債を中心に投資」していますが、
実際には2016年2月末現在で、
AAA格 45.02%
AA格 10.38%
A格 35.78%で
BBB格はわずか5.29%です。


どうやってお金を貯めてきたか-住居編

賃貸VS持ち家はよく議論されますが、「公営住宅」という選択肢はあまり語られていないようです。

子供が生まれて民間のアパートで手狭になってきてからは、せっせと都営住宅に応募しました。

何度かの申し込みの末、新築の都営住宅に当選し23区内で3LDK、家賃5万円台という物件に入居することができました。
民間に比べると破格の家賃です。

礼金も敷金もいらず、契約更新料も不動産屋へのお礼もいらない公営住宅は、今でも最高の選択肢だと思っています。

しかし入居後8年ほど経ったところで、「公営住宅」の所得制限に引っかかるようになり、退去せざるを得なくなりました。

入居していた都営住宅は高層住宅でしたが近所付き合いも濃密で、お互いに子供を預けあったり一緒にお花見をしたりりと長屋的雰囲気がありました。

当時のご近所さんも所得制限に引っかかって次々と引っ越していきましたが、今でも付き合いがあり、会うと当時の昔話に花を咲かせます。

そして都営住宅の退去の時期と時を同じくして、大きな出来事が!!

勤めていた会社が上場することになったのです。

持株会に投資していると、会社がつぶれた時に職を失うとともに財産も失ってしまうということで、今では分散投資の視点から持株会は敬遠されますが、当時はそんな金融知識もなく、持株会が開始されたと同時に積み立てていました。

この積み立て分の株が上場することにより暴騰して、当時の株価で2000万円以上になっていたのです。

この株を全部売って頭金にし、住宅を購入することを検討しました。

バブルは終わっていましたがまだ完全に崩壊していたわけではなく、都内でそれなりの広さのマンションや中古の一戸建てを購入するとなるとやはり5000万以上。

いろいろ検討した結果、千葉の築22年という中古住宅を購入することに決めました。

なるべく借金はしたくなかったのですが、結局500万円だけ住宅ローンを組むことになりました。

当時の住宅ローン金利は4%でしたが、5年で返済しました。

2000万円以上という大金が入ったのは本当に「運が良かった」と思いますが、もし都内の新築マンションを5000万円で購入して、3000万円のローンを抱えてしまっていたら、きっと現在の金融資産はかなり少なかっただろうと思います。


どうやってお金を貯めてきたか-消費支出編

子供の時からあまり物を欲しがることがありませんでした。

親が何か買ってくれるというときも、
「別に欲しいものないからいいや」
というちっとも子供らしくない子供でした。

高校を卒業して初めて一人暮らしを始め、友達をアパートに招待した時に
わぁ旅館みたいな部屋!
と言われたのを今でもよく覚えています。

中野区で3万5千円の風呂なしアパートですから、もちろん
「旅館みたいに素敵な部屋」
という意味ではなく
「旅館みたいに何もない部屋」
という意味です。

さらに20代後半の時に江戸深川資料館というところに行き、江戸の庶民の暮らしのシンプルさにとても心惹かれました。

部屋にあるのは布団1組と着物が2枚とわずかな仕事道具のみ。

これぞ今はやりの元祖ミニマリストです!

さすがにそこまで物を少なくできませんが、他のもので代用できる炊飯器やオーブントースターなどは持っていません。

洋服も着道楽の知人が時々
「気に入ったら着てね。気に入らなかったら処分して」
と持ってきてくれるのでほとんど買いません。

先月は、もらったセーター2枚をリサイクルショップに持っていったら4,200円で売れて臨時収入になりました。

よほどのことがない限り自販機で飲み物を購入しませんし、食料品は日替わりセールの材料から献立を決めることが多いです。

自分で「節約」と思ってやっているのではなく、それが自分の「暮らし」なのです。

物にはあまりお金を使いませんが、経験にはお金を使います。

それは旅行だったり、人との付き合いだったり。

ちなみに来月受講を予定しているのは
「ドローン安全講習セミナー」
2時間×4回の受講料は25,920円です。


どうやってお金を貯めてきたか

50代後半、還暦に王手をかけている私がどうやってお金を貯めてきたか、覚書しておきたいのでシリーズ化してみます。

もちろん「高度成長」という波に乗れたのも大きいですし、
バブルの恩恵も受けましたし、
バブル崩壊も何となく乗り切ることができて「運が良かった」
ということも多々ありました。

しかし同年代と比べて多少金融資産が多くなったその理由を
記録に残しておこうと思います。

大まかにこんなことを書いて行こうと思いますが、途中で
「あれも書きたい」
とか
「あれは書くネタがない」
とかで変わってくる可能性もありますが、その時々臨機応変に書いていきます。

1.消費支出
2.投資
3.仕事
4.住居費
5.教育費
6.保険
7.介護


人生の後半、月額14万円で生きていけるか?

80歳で配偶者がいる女性は15%という記事を読みました。

自分の実感とほぼ同じです。

「女性の44%が90歳以上生きる」
という統計と考え合わせると、やはり女性は人生の終盤で「一人で生きていく」というシナリオを組み込んでいた方がよさそうです。

私たち50代後半の女子が集まると

「家庭内別居だろうとなんだろう、なるべく夫婦そろって生きていないと老後破産だよね~」

という結論に達します。

未亡人になった人たちの話を総合すると、二人揃って受ける年金の3分の2くらいになるそうです。

私の周りには年金23万円なんていう人はいないという記事を書きましたが、もし

夫は定年まで40年近く会社員を継続し、妻は専業主婦

という場合で年金が夫婦合わせて23万円の場合、人生の後半15年くらいは貯蓄がないと月額14万円くらいで生きていかなければならないのですね。