【つみたて投資 ☆ 3つのステージ!】-私は第2.5ステージかなぁ……

投資の勉強を始めて以来、
インデックス投資ブロガー先輩の方々のブログは
とても参考にさせていただいていますが、
私の印象としては20代、30代、40代の方々が多く、
中々定年前後のブログにはお目にかかれません。

そのため出口戦略をどうすればよいのか
悩んでしまうのですが、
度々出口戦略にも触れてくださる
カン・チュンドさんのブログに
【つみたて投資 ☆ 3つのステージ!】
という記事を見付けました。

以下カン・チュンドさんのブログからの引用です

======================
☆ 「第1ステージ」 ⇒
シンプルに、毎月定額で
投資信託を買っていくことに専念できる時期。
運用資産残高は、
おおむね数百万円までのイメージです。

☆ 「第2ステージ」 ⇒
つみたては続けているが、
これまで積み上がった
【資産の大きさ】も意識するようになる時期です。
(おおむね1,000万円超~ になっている)

☆ 「第3ステージ」 ⇒
もはや、
積み立てる「金額」より、
積み上がった運用資産の大きさが、
圧倒的な影響力を持ちます。
(おおむね 4,000万円超~)

「第3ステージ」では、
○ 積立て金額を減らすべきか、
○ どこかで積み立てを止めるべきか、
○ 積み上がった資産についても、
定期的に投資信託を売却していき、
ポートフォリオ全体を
「保守化」し始めるべきか
という、
いわゆる【出口戦略】について、
真剣に考え始める必要があると思います。

一点、
注意点として申し上げると、
つみたて投資の【3つのステージ】は、
必ずしも、年代だけで
区分けすることは出来ません・・。

たとえば、
まだ40代の方でも、
運用資産が(すでに)とても大きく、
セミリタイアを目指しておられるなら、
それはもう、立派な「第3ステージ」です。

また、現在64歳の方でも、
これからまだまだ
「自分のキャリア」を磨く予定で、
お仕事からの収入が続きそうであり、
(したがって、毎月の積立ても継続しそう)
という状態なら、
いまだつみたての
「第2ステージ」と云えます。

=================

ということで、自分のステージを考えるに、
仕事は好きだからまだまだ続けていきたいけれど、
仕事の依頼者がなくなれば、
否応なくリタイアということになるので、
第2ステージと第3ステージの間、
第2.5ステージということになるのでしょうか?

詳細はカン・チュンドさんのブログ
えっ、つみたて投資の『第2ステージ』ってなに? その1)
えっ、つみたて投資の『第2ステージ』ってなに? その2)
をご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です