賃貸VS持ち家ー定年世代の結論

先日60歳前後の数人で集まりました。

やはりこの年齢になると、
自分や配偶者の定年後の暮らし。

下流老人
  とか
老後破産

などの言葉は週刊誌やネット上で見ない日はありません。

「親世代は年金で十分生活できた」

「今では夫婦二人の年金を合わせてもやっとぎりぎりの生活」

「一人になったらとても暮らせない」

などなど。

そこでみんなが同意したのが、

「でも、
持ち家さえあれば何とかなる
よね~」

というもの。

そこにいた全員、
すでに住宅ローンの返済は終わっていますので、
この結論が出たのだと思います。

しかしやはり、一生住む場所が保障されているというのは、
何にも替えがたい安心材料になっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です