ペントハウスのサービスを考えると、コスパは悪くない

30泊31日のアメリカ旅行16泊目~22泊目はワイキキにあるヒルトンのタイムシェアであるグランドワイキキアンのペントハウス。

ひろ~いリビング
無題

ベッドルームは2部屋あり、それぞれの部屋にジャクジ付きの
バスルームやシャワーがついています。

フルキッチンがあり、炊飯器やお茶碗、急須や湯のみも完備されており、
部屋の中に洗濯機と乾燥機があり、
洗剤類はいくらでも補充してくれます。

一泊あたり55,860円というのは今年の管理費を7で割った数字です。

4人で泊まったので、一人当たり一泊13,965円

ペントハウスの宿泊客は、ラウンジで
簡単な朝食(パン、ジュース、サラダ、フルーツ、ゆで卵)と、
サンセット時のお酒(ビール、ワイン)と
簡単なおつまみ(野菜スティック、チーズ、フルーツ、チップス、ナッツ、肉団子などの料理一品)
をいただくことができます。

また日中はいつでもコーヒーや紅茶などの飲み物をいただけますし、
PCやプリンタも使えます。

物価の高いワイキキではこれらのサービスはありがたく、
4人で泊まった場合、一泊あたり13,965円の管理費は決して高いとは
感じません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です